京都 四条高倉の占庭から

仕事

10月は私的「初めて」がいろいろ

またしても大型台風がやってきます。 前回の台風で、既にひどい被害を受けてらっしゃるところが多いので、 続いて今回となると、より心配です。 明日はキャンセルされたお客さまもおられますが、予定通りに、 という方もいらっしゃるので、占庭は通常通り1…

「何がやりたいの?」と訊かれても

今年もがんばって越冬してくれたアメリカンブルーが咲き、 オリーブのつぼみは丸々とふくらみ、アボカドがぐんぐん葉を増やし、 ミニトマトは色づく手前。 我が家の狭いベランダにも夏が訪れようとしています。 山の木々の緑も深くなってきましたね。 占庭は…

素直であること

春の嵐が去り、桜はもう散ってしまったかと思っていましたが、 木屋町の桜はまだじゅうぶんに残っていました。 電車から見える八幡の背割堤もピンク色にこんもり霞んでいます。 まだお花見、いけますね。 青空が戻った今朝、出勤前に知恩院さんにお参りに。 …

新社会人のみなさんへ

最近、つくづく思うのが、ハブラシの優秀さです。 面積においても、そのブラシの強靭さにおいても、 タワシの方が威力を発揮するに違いない! としか思えないにもかかわらず、あの毛ほどのブラシ、 しかも使い古しのハブラシが、よりゴミ・汚れを排除し、よ…

最高の上司

先月、怒涛の忙しさであった占庭ですが、11月はとても静か。 とてもとても静かです。 このザップン! ザップン! の波、どうにかならないものでしょうか。 みなさん、紅葉狩りに行ってはるんかな。 昨日のブログの中で、髪結いの亭主にはやはりモンダイな…

りんご・バナナ・みかん そして羊羹 時々おはじき

先日、スーパーで買い物をしていましたら、カゴの中に、 りんご・バナナ・みかんが入っていて、思わずクスっと笑ってしまいました。 この顔ぶれ、算数問題の定番やん、って。 子どもが小さいころ、算数の説明をするのによく使いました。 りんごが2個、みか…

しばらくぶりでございます

ご無沙汰している間に、すっかり寒くなってしまいました。 昨日今日は、ひと月ほど季節を先取りしたような気温で、秋はどこへ行ったのやら。 実は、ここひと月半くらい体調がすぐれなかったのですが、 今月頭から、一段と芳しくなく、ブログの更新も滞ってい…

「新人」受け入れ側と飛び込み側

以前、ヨーガの先生がおっしゃってたんですが、 仕事や、勉強、作業などを教える時、 「最初はわからなくて当たり前だよね」とやさしく教えるのはダメなんだそうです。 最初はやさしく教えていて、慣れてきた頃から、厳しくしていくと、 「やさしい人だと思…

「適職」について

今日も占いのお話をしましょう。 どんな仕事に向いているか?という問いには、命式のここを観ればよい、 というのがあって、お答えするのは実はとても簡単なのです。 こういう職種、こういう働き方がいいですよ、と明快にお話しできます。 けれど、この仕事…

大学生になりたかったです

わたしが子どもを育てているとき、心に決めていた目標は、 「大学を卒業させよう」でした。 特定の大学とか、いわゆるイイ大学へ行ってほしいというのではなく、 とにかく「大学生活」を味わってほしいな、と思っていたんですね。 といいますのも、わたしは…

就活における占いってアリなのか?

魔法にかかったロバさんなどの出張占いでは、 就活中の学生さんと話す機会が多いんですが、みんなすごく迷ってはります。 方向性が定まっている人なんて、ほとんどいません。 当たり前ですよね。 若いっていうのは可能性が広がり過ぎてて、収拾がつかない状…

マイナス探しをしていませんか?

何かの決断をしようとするとき、そこにしがらみがあると悩みますよねぇ。 迷って、悩んで、困って。 特に、人間関係を切るときとか、仕事を辞めるときなど。 切るため、別れるため、辞めるため、など、そっちの決断をしたいとき、 だれもがするのは、マイナ…