読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

占いのようで占いじゃない けど楽しい

もうずいぶん前に、ショッピングモールの「女子力UP」と銘打ったイベントで、化粧品メーカーさんによるメイク講習などと並び、「オーラライト・運命カラー診断」というものがありました。 オーラソーマ風のカラフルなボトルが並んでいましてね。 えっと、…

ラクな人

恋愛や結婚についての占いをしてる時に、 「どういう人が理想ですか?」とよく訊ねるのですが、一番多い答えは、 「ラクな人」なんです。 意外じゃないですか? 結婚はともかく、恋愛なんてのは、ドキドキわくわくするものだろうに、 ラクな人って。 そう思…

こんなワタクシではありますが

うんと年下の人だけれど、とても尊敬できる人がおられます。 わたしはその方が大好きなもんで、普通に会話しているだけでも、 自分が犬のように尻尾をぶんぶん振っている気分になります。 その時間が楽し過ぎて、うれし過ぎて、ハアハアしてる感じ。 いやあ…

占いって何だ?

自治体主導の婚活事業や、従業員に対する企業のメンタル相談など、 お手伝いできたらいいのになあ、とよく考えます。 きっとお役に立てると思う。 わたしは自信家ではないけれど、これについてはそう思えるんです。 でも、そういうの、絶対ない話でね。 占い…

手相を独学でマスターするには

先日、手相に興味があり、たくさん本も読んでらっしゃるという お客さまがお見えになりました。 手相に関する疑問について訊ねたい、プロの占い師はこの線をどう観るのか? という興味でおいでになったようです。 手相占いは流派によって、観方・考え方が色…

占い師の守秘義務

今日は、新規のお客さまはお二人やったんですが、 お一人はお友だちの紹介、お一人は通りすがりで気になっていたんです、って方。 だいたい、占いっていうのは、よほど好きな人や慣れている人でない限り、 ぱっと気軽に行けるものではないんですよね。 ヘン…

「浮気」の星

先日、不倫について書いたんですが、占いでも、 ズバリ「浮気」の星っていうのがあるんです。 これ「浮気」がキーワードになってる星なので、 浮気「される」場合もあれば「する」場合もあって、 そのどっちか、っていうはわからないというのが、興味深いと…

メモをとるべきか?とらざるべきか?

タロット教室に通ってくださってる生徒さんは、やはり占い好きな方が多くて、 いろんな占い師さんのところへ行かれた話を聞かせてくださいます。 わたしも、元々が筋金入りの占いフリークやったもんで、そういう話は大好物。 お話を聞いていると、いろんな占…

てのひらから感じること

生まれたばかりの赤ちゃんにも手相はあります。 でも、占う気持ちで観ることはないですね。 それでも、小さいお子さんの手相を観るのは大好き! その清らなエネルギーがてのひらから上がってくるのを感じるのが、 すごく気持ちいいんですよねー だけど、小さ…

「適職」について

今日も占いのお話をしましょう。 どんな仕事に向いているか?という問いには、命式のここを観ればよい、 というのがあって、お答えするのは実はとても簡単なのです。 こういう職種、こういう働き方がいいですよ、と明快にお話しできます。 けれど、この仕事…

運気が停まる時期

たまには占いのことも書かないと。 天冲殺(てんちゅうさつ)という言葉は、 聞いたことあるよ、という方も多いと思います。 12年の内の2年間、12ヶ月の内の2ヶ月間、12日の内の2日間、 運気が停まると言われている期間のことをそう呼びます。 (1…

初オラクルカード体験

今日、とあるところで初めてオラクルカードを引かせてもらいました。 オラクルカードっていうものは知っていたんですが、 今まであんまり興味を惹かれず、わたしはタロットがいいや、 って思っていたんですね。 で、まず驚いたのが大きさ。 タロットカードも…

別れ

しばらく占い師らしいことを書いてないので、今日こそは、 と思っていたのですが、昨日から、よしもとばななさんの本を読んでいて、 その小説がじんわりこころに響いたもんで、決意が流れ気味なのです。 が、占いのことも書いていきましょう。 読んでいたの…

どう思われてるのか気になりますか?

占庭はビルの2階の奥にあるんですが、一番表側のネイル屋さんが閉店され、 淋しくなりました。 若いお嬢さんたちが働いておられたので、華やかだったし、みなさんかわいくてね。 来店される方も、おしゃれな女性ばっかりでしたし。 急に活気がなくなってし…

就活における占いってアリなのか?

魔法にかかったロバさんなどの出張占いでは、 就活中の学生さんと話す機会が多いんですが、みんなすごく迷ってはります。 方向性が定まっている人なんて、ほとんどいません。 当たり前ですよね。 若いっていうのは可能性が広がり過ぎてて、収拾がつかない状…

宝くじが当たったら

久し振りに梅田へ出掛けてきました。 早めに家を出たので、友だちとの待ち合わせ時間までかなり余裕がありまして。 (だいたい何でもギリギリが苦手。) 待ち合わせ場所までの道々、どこのお店に寄り道しようかなあ、と 電車の中で考えるのが、これまた楽し…

頭脳線からわかるもの

頭脳線というのは、人差し指の付け根の2㎝くらい下から、 斜め下へ向けて、手のひらを横切っている線のことです。 長いと賢くて、短いと頭が悪い、なんてことはありません。 囲碁や将棋の名人に、驚くほど短い人が見られます。 思考力のあるなしと、線の長…

感情線からわかること

カンジョウセンと聞いたら、ふつうの人は電車を思い浮かべるんでしょうねー ここでは環状線ではなく、感情線のお話を。 感情線というのは、小指の2センチくらい下から、 人差し指の付け根あたりへと流れている線のことです。 この線からこのようなものが読…

タロットカードの答え

どっちにしようかなあ、と迷ったときなどは、 タロットカードで占うと、もっとも簡潔な答えを出せます。 二者択一、三者択一などはタロットカードの得意分野です。 たとえば、二者択一で占った結果が、 「どっちもいい」とか「どっちもよくない」という場合…

来週、占庭ヨロズ相談所やりますヨ

四条大橋から見える鴨川では、川床の設置作業が行われています。 毎年、これを見ると、ああ、もうすぐゴールデンウイークだ、 と思うわけです。 また、京都はすごい人出になるんだなあ、、、、と。 すっかり告知が遅くなってしまいましたが、一週間後、 4月…

運気が悪い時

あー、いまは運気の悪い時ですね。 流れが滞っていて、全然背中を押してくれてないです。 そう、お話しすると、 えーーー、そうなんですか~、、、 と、ガッカリされる方と、 ああ、やっぱり! と、どことなく安堵される方がおられます。 ガッカリされる方は…

政治家と占い師

昔から、洋の東西を問わず、政治家が占い師のアドバイスを聞いていた、 ということは、知られています。 でもって、それに対して、人々は否定的なんですよね。 胡散臭い占い師の言いなりになって、世を迷わせたという認識なんでしょう。 予言的なもので為政…

モテる星

「モテる星がついていますね」と言うと、喜ばれたり、 「全然っ!」と否定されたりします。 占いでいう「モテる」は不特定多数の人からアプローチされる、 ということです。 不特定多数なので、相手がいい人の場合もあれば、そうでない場合もあるわけです。 …

お客さまへのお願い

占庭へおいでになるお客さまにも、占いに慣れてらして、 ごく自然体で入ってこられる方が、たまーにおられますけれど、 ほとんどの場合は、緊張なさっていたり、構えておられたり、 要するに「これから非日常の空間へ足を踏み入れる」 という様子で入って来…

お陽さまのような人

いつも心に太陽を、というよりも、 「常に太陽のような存在でいましょう!」 という宿命を背負った星の人がおられます。 太陽は、自分自身を燃やして、あまねく光を届け、熱を放出し続ける存在です。 誰かに頼まれてやっているわけではなく、また見返りも求…

右手と左手

今日はうちの近所の中学校の入学式だったようで。 ちょうど桜が咲いているのはいいんですけど、えらい雨風でねぇ。 これじゃあ、桜は散っていてもいいから雨じゃない方がマシ、 というくらいの荒天で、お気の毒でありました。 で、京都へ着いてみれば、高瀬…

手からわかるもの

子どもの手は小さいし、大人の手は大きい。 そんなん、当たり前のことですね。 けれど、体の割に大きな手もあれば、小振りに感じる手もあります。 手のひらが割合的に、大きな人は慎重派。 小さな人は思い切った行動をしがちです。 そこに手相のある線をミッ…

持って生まれたエネルギー

生年月日で命式(一生の運気を表したもの)が決まるのですが、 その並んだ8つの星のエネルギーが、強い人と弱い人があるのです。 星にはひとつひとつポイントがあり、エネルギーを点数換算して、 そのトータルが高い、低いで、エネルギー量をつかみます。 …

自分のことも占いますとも

占い師の人は、自分を占ったりするんですか? とよく訊かれます。 もちろん! とわたしは思うわけですが、よく尋ねられるので、 自分のことは占わないっていう占い師もおられるんでしょうかねー たしかに、タロット占いは自分のことを占うと、なんとなくズレ…

異性を見る目のない人

自分でも、つき合っている相手がダメだとはわかっているの・・・・ そう思いながら、なかなか別れられないのが、人情ってもんでもあります。 本気で「もうあかん。この人はほんまにあかん人」とわかっていても、なお。 ダメな男に引っかかっている人は、男は…

タロット占いはたのし

占庭のタロット教室は、宿題も出しませんし、テストもしません。 初心者向けのレッスンで、プロを養成するスクールではないんですしね。 まずは楽しくお稽古していただけたらいいんです。 けれど、時間のあるときには、ちょっとカードを引いてみて、 それを…

男子もすなる

昨夜の「みゆきさんに聞いてみよう」@魔法にかかったロバさんに、 たくさんのお運び、ありがとうございました。 18時オープンから0時クローズまで、 賑やかに楽しく営業させていただきました。 まほロバでの「おでかけ鑑定」のときは、お客様の男女比がほ…

習い事の適性

お子さんの習い事の相談を受けることもあります。 「この子、何が向いてるんでしょうか?」って。 スポーツで伸びそう 手先のことがいいみたい 音楽関係もしくはダンスかな ひとりで静かにできるもの 古くからあるクラッシックなお稽古事に縁がありますよ ど…

樹木のような人

樹木が年輪を刻みつつ、長い年月をかけて育っていくように、 大人になるのに、ふつうの人の1.5倍~2倍かかる星の人がいます。 朝顔のように、種を蒔けばすぐに芽が出て双葉になり、 日ごとにつるを伸ばすような、成長の速い植物とはまったく違う育ち方。…

悩みのない人にだって占いは効きます

1年運というのは、毎年の運気のことで、 誰でも毎年、ふたつの星がセットになってめぐってきます。 この二種類の星というのが、一方は10年周期で、もう一方は12年周期なので、 組み合わせがズレていくため、セットが毎回同じ顔ぶれということはありませ…

手相教室はしていません

手相を観るというと、てのひらを走る線だけを観るように思われますが、 てのひらの部分的な厚みや、指の形や、長さも併せて観ます。 もちろん、線の太さ、形状、長さ、流れる方向はとても大事。 たまに細い、薄い線の方が、それを気になさっていたりしますが…

VS 刃物のような人

いますよね。刃物みたいな人。 その言動で人の心を傷つけます。 斧のようにぶった切る人、サーベルのようにすらりと斬りつける人、 かんなのように削いでいく人、錐のように突き刺す人。 いろいろですね。 刃物側の人も、意識して傷つけている人はたぶん多数…

結婚するなら凸凹してるほうがいい

気が合って、価値観もほぼ同一、性格も似ていて、 全然、ケンカにならない。 わたしたちって、ピッタリ! そういう相手と結婚したら、しあわせに暮らせそう。 と思うものですが、そうとは限らないのが「結婚」ってもので。 趣味の仲間などでしたら、そういう…

西洋絵画とタロットカード

算命学では、生まれてから死ぬまでの運気の流れが、 若年期、中年期、老年期と大きく3つに分かれています。 他にも10年ごとに切り替わる運気やら、 年ごと、月ごとの運気が表れます。 それとは別に20年間のぽっかりした運気などもあるんですが、 これは…

そこにはいつも同じひとがいる、ということ

6年前、堅気の事務職を辞め、占庭をオープンするまで1年余りの間、 イベント占いの占い師をしていました。 どなたかの紹介でない人を占うのは初めてで、ドキドキでした。 デパートやショッピングモールなどでやっているような、 期間限定のイベント占いも…

結婚相手の選び方

運がいい、悪いと同じように、よく使われる、 相性がいい、悪い。 占いに限らず、ごくふつうに会話に出てきますよね。 人と人だけじゃなく、車との相性など、モノに対しても。 相性がいい、ってどう認識されてるんでしょうね。 しっくりくる いいことがあり…

基本、止めません

迷って、悩んで決められず、 ええい!ここはもう占いだ!と来られる方でも、 実はもうご自分の中の気持ちはほぼ決定済み、 ということが大半です。 ただその決定事項に自信が持てない、不安すぎる・・・・ ということで、おいでになるんですね。 太鼓判を捺…

視える人

たまにおられますよね。 視える、という方。 ふつうの人には見えないものが視えてしまう。 いわゆる霊視と言われるものですね。 わたしはそういう超能力的なもの、まったくありません。 霊的なものを感じるということも、ほとんどないですね。 ただカンはい…

なぜか高い的中率

続きまして、今日は「ト」(ぼく)について。 「ト」は偶然性で占うものです。 占い師が念を込める、とか、 天上からナニモノかを降ろしてくる、とか、 そういうコックリさん的なイメージを抱かれがちですが、 なにしろ「偶然性」がキモなので、とてもシンプ…

占いには三種類あるんです

占い方というのは、大きく三種類に分けられます。 命(めい)・相(そう)・卜(ぼく) 命(めい)というのは、生年月日で占う占術。 算命学、四柱推命、西洋占星術、どうぶつ占いもそうですね。 それはそれは、たくさんあります。 相(そう)は、観て占う占…

運命は決まってない、  と思っています

昨日、同じ生年月日の人の運勢は同じになる、と書きました。 運勢というのは、運気の流れのことで、 それは生まれたときの星の並びで決まっているんです。 けれども、運命も決まっているのか?っていうと、 それは別、って思うんですよねー 運命っていうのは…

占いは使える

占いというのは「当たるも八卦、当たらぬも八卦」なわけで、 100%当たったら、もうそれは占いちゃいますよね。 ということは、お客さまもわかってはるんです。 でも「当たる」と思われるから、来てくださるのもたしかなことで。 よく「同じ生年月日なら同じ…