読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

先生はやめて

占庭のこと

「先生」と呼んでいいのは、どういう人か?

ってことを昨日、タロット教室の生徒さんと話していました。

というのも、その生徒さんはバーを経営されていて、

政治家のお客さまも来られる、ということで、

「議員さんは、やっぱり『先生』って呼ぶもんですか?」

とわたしが質問したんですね。そしたら、

「そんなこと言いませんよー『さん』です。

 先生って呼ぶなんて考えたこともなかった。

 先生って、教師以外やったらお医者さんくらいですよね」

って。

 

ですよね~~~

と激しく同意するワタクシ。

ほんと「先生」の安売りはどうかと思うんですよ。

 

保育所~大学の先生、お稽古事の先生は、まぎれもない「先生」。

お医者さんも「先生」。

教師、医師、と師がついてますね。

「先生」と呼ぶにふさわしいお仕事です。異議なし。

 

昔、働いていた職場で「先生」と呼ばれてらしたのは、

代議士、弁護士、税理士、建築士、設計士など、士のつく方々。

あ、経営コンサルタントの方もおられました。

こちらはもう便宜上そう呼ぶしかない場合もあり、

ケースバイケースというところかなあ。

違和感のある方とそうでない方があるんですよねぇ。

まあ、そう呼びたい人は呼べばよいと思います。

阿ってそう呼んでいる人は、他人から見たらバレバレでカッコ悪いけど。

 

で、問題は占い師ですよ。

師がついてるんです。なぜか。

なので「先生」とお呼びになる方もおられます。

 

やめてください。

 

たしかにタロット教室もやってますし、その場では、

タロットのセンセイと思われるのは、ごくふつうです。

お稽古事の先生やしね。

けれど「先生」と呼ばれると、ものすごく居心地悪いんです。

心中で、

 あああああ、、、、、

とテンションだだ下がりです。

 一緒に楽しく学びましょう♪

というノリでやってる教室なので「先生」はしんどい。

でもまあ、そう呼ぶのがカンタンで(名前を覚えなくてもいいしね)

ラクというのもわかります。

そう呼ぶのが好き、という方もおられるので、

もう何度もしつこく止めはしませんけれども。

 

占庭では、学生さんから、ご年配のお客さままで、

みなさんに、みゆきさんと呼んでいただいています。

 

そんな、友だちじゃあるまいし呼びにくいわ、、、、

と思われるかもしれませんが、これも慣れです、慣れ。

どうぞ早く慣れていただいて、みゆきさんでお願いします。