読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

VS 刃物のような人

いますよね。刃物みたいな人。

その言動で人の心を傷つけます。

斧のようにぶった切る人、サーベルのようにすらりと斬りつける人、

かんなのように削いでいく人、錐のように突き刺す人。

いろいろですね。

 

刃物側の人も、意識して傷つけている人はたぶん多数ではなくて、

その人にとっては、何気ないことが刃物を振り回してるに等しい、

という場合がほとんどじゃないかと思います。

ま、あれです。未必の故意ってやつもあるかもしれませんけれどね。

 

で、その刃物のような人が身近にいると、身を守らなければならない。

 垣を張り巡らして距離をとる。

 自らに鉄板を巻き付けて鎧う。

 こちらも対等、もしくはそれ以上の刃物で応戦する。

くらいかなあ。

どれも危うさがありますよね。

あと、説得、話し合いという手もあるにはあるけど、

効果のほどは、さて。

 

占いでも、刃物みたいな星の人って、あるんですよ。

武器なのでとても強いけれど、苦労性でもあって、

人格を上げていくのに、たくさんのハードルを越えなければなりません。

もちろん、そういう星の人にも弱点はあるし、

苦手とする相性もあるんです。

それは、火と水なんですね。

 

火は、冷たく尖った鋼でも、熔解することができます。

水は、いくら切りつけたところで、ダメージを受けません。

 

では刃物にとって、火や水は敵なのかというと、そうでもないんです。

火は、唯一自分をあたため、ゆるめてくれる存在ですし、

水は、どう振る舞っても避けず、傷つかず、静かにクールダウンしてくれます。

自分の力が通用せずに、イライラしたり、怯えたりすることもある反面、

救いの神でもあるんですよねぇ。

 

ということで、刃物みたいな人と関わらざるを得ないときには、

火か水になるのが、一番有効です。

自分にはムリ、と思ったら、この際、背に腹は代えられません。

火っぽい人か、水っぽい人に、矢面に立ってもらいましょう。

さあ、適任者はいずこ?