読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

動物園が好きなわけでもないんですけど

パンダが好きだってことは先日書いたんですが、観覧車も好きなんです。

夫も観覧車好きなので、ふたりで日本各地の観覧車めぐりをしています。

パンダがいて、ナイスな観覧車があるのが、神戸の王子動物園です。

ここの観覧車は小さくて、全然有名でもなんでもないんですが、

乗ってみると、なんともいえない、ほっこり感があるんですよ。

「チープそうで、これは侮れない観覧車や」

というのが、観覧車フリークふたりの共通の見解なのですが、

誰が乗ってもそう感じるかどうかは、不明です。

 

王子動物園でパンダを見るまでは、パンダはいつもガラスの中で飼育されていて、

特別に保護されています、って感じだったので、

青空の下で、無防備にそこに居るのを見たときには、仰天しました。

 こんな扱いでいいんですかっ??パンダを!

って感じでねぇ。

パンダ好きなワタクシですが、王子動物園のイチオシは、

実はパンダでも観覧車でもなく、コアラでもないんです。

 

カンガルー。

ここのカンガルーは実にだらけてましてね。ひじょうに行儀が悪い。

仰向けで大股広げて、または横向きに寝っ転がって、

腕枕でテレビでも見ているみたいにくつろいでいます。

見に来る人間をバカにしながら、反対に観察してるんちゃうか、

って思えるほどで。

その見下した態度。最高です。

 

ここへ行くと、パンダもコアラもそこそこに、

いそいそとカンガルーの元へと行ってしまいます。

で、ああ~~~、まためっちゃだらけてるわ~~~~

と、確認し、満足します。

 

王子動物園でカンガルーの魅力に目覚めてから、

長野県の須坂市動物園まで、カンガルーのハッチに会いに行ったこともありました。

テレビで見るほどの元気はもうなかったのですが、

その後しばらくして老衰で亡くなってしまったので、

生前に会っておけてよかったです。

 

が、しかし、須坂市動物園で衝撃的だったのは、ハッチでもクララでもなく、

川上犬という、一見、なんてことない犬が檻の中に繋がれていたことでした。

檻の中で首輪をして繋がれてるって、かなりシュール。

しかも、もの悲しい、哀愁漂う表情をしていましてねぇ。

これが、かなりの衝撃でした。

 

そして、また違う種類の衝撃も。

そこには、フツーにあちこちで見かけるインコもおりましてね。
「とっても、おしゃべりが上手!」 
みたいに看板に書いてあったんです。 
喋る言葉も、いろいろと書き出してあるので、

そうか、じゃあここはひとつ喋ってもらうか、と、 
「おはよー!」
「こんにちは!」
などとわたしが力いっぱい話しかけると、

さっきまでしっかり起きていたくせに、急に目をつむって寝たフリをされました。
「・・・・・え?」
気のせいかも。
と、また目を開けたインコに同じように話しかけると、

ぴたっと動きを止めて、目を閉じて寝たフリ。
ナメられました。完全に。
これも忘れられない衝撃度でありました。

 

他にも、ベンガルトラやら、マントヒヒやら、

ちょっとちょっと、これどうなん?な感じの様子の動物がいろいろいまして、

これはこれで、ツッコミどころ満載の動物園でありました。

「てづくり」感をウリにしている動物園で、入園料も200円と格安。

お近くへ行かれることがありましたら、オススメです。