読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

男子もすなる

昨夜の「みゆきさんに聞いてみよう」@魔法にかかったロバさんに、

たくさんのお運び、ありがとうございました。

18時オープンから0時クローズまで、

賑やかに楽しく営業させていただきました。

 

まほロバでの「おでかけ鑑定」のときは、お客様の男女比がほぼ同率なんですが、

昨夜は男性の方が多かったように思います。

学生さんから69歳の先生まで、幅広い年齢層の男性のみなさまでしたが、

楽しんでいただけたんじゃないかなあと思っています。

占いは女子のモノ、みたいなイメージもおありかと思いますが、

そんなことはないんですよねぇ。

むしろ男性の方が、マジメに聴いてくださる気がするくらいで。

男の人は、最初こそ警戒心露わな方が多いですが、怖くないとわかると、

すーーーっと心を開いてくださるんです。

 

ええ、怖くないんですよ。わたし。

 

昨夜の男子大学生さんも、

「占いってこんなに納得できるもんなんや」

と意外そうに話されてました。

素直に聴いてくださってねぇ。うれしいです。

 

話しながら泣いてしまわれる方も多いんですが、

おもしろがって大笑いの方もおられて、

占いの受け止め方もほんとうにさまざまです。

それでも、どちらの方も、占いのお話でちょっとスッキリされたり、

ほっとされたりで、表情が明るくなっていただけたら、

占い師としましては、それがいちばんうれしいこと。

 

「占ってもらう」と構えると、

それほどのことじゃないし・・・・と思ってしまうものですが、

まあちょっと話してみたら、気持ちを整理できるかな、

くらいの感じで、どうぞお気楽においでください。

占いでモノゴトが解決するというよりは、

道筋が見えてきたり、運気に納得することでそこはかとない安心感を得たり、

予想外の効用があることに気づいていただけると思います。