読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

さくら

よしなしごと

今朝、四条木屋町の小さな交差点の赤信号で立ち止まって見ると、

木屋町の桜が、もうかなり咲いていました。

五分咲きくらいですかねぇ。

街中の、ほんとに土の少ないところなのに、よく咲いています。

木屋町は北南に走っている、縦の通りなわけですが、

東西に走っている四条通から見まして、

やっぱり北側の桜よりかは南側の桜の方が、たくさん咲いているんです。

種類の違いも、少しはあるのかもしれませんが、

やっぱり南側から咲いていくのかしら。

 

わたしは桜の過剰な咲き方が、あまり好きではなくて、

それよりかは、梅の花のころりんとした愛らしさや、よい香りや、

団体っぽくない樹の感じとかのほうが好みです。

 

けれど、桜の散り際は別。

花びらがひとひらひとひら、風に舞うさまは、

この世のものとは思えない美しさです。

うわあっと咲いている満開の桜は、

ただの白っぽいピンク色の樹、としか見えませんが、

枝を離れたとたん、一枚の花びらに命を感じます。

 

すっかり散ってしまった後は、なんとも無残な姿になります。

おまけに毛虫がつきやすい樹でもあるので、

花の季節以外は、結構嫌われモノ。

 

だから、数日間だけ咲き誇る桜を見に、

みんな狂ったように馳せ参じるのかしら。

 

この季節、京都はいつも以上に人でごった返してまして、

ちょっとぐったりしてしまうのですよ。