読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

涙腺弱いです

今日、半年間、毎日楽しみに見ていた朝ドラの最終回でした。

おもしろくって、あったかい、いいドラマでしたねぇ。

先週あたりから、毎朝、このドラマで泣かされていました。

ワタクシ、子どものころは、絶対泣かない子キャラだったのに、

なぜだか出産を機に涙腺が決壊し、

そこからは涙もろいお母ちゃんキャラになってしまいまして。

いまや、もらい泣きの女王であります。

結婚式、お葬式、入学式、卒業式、と、

およそ「式」と名のつくものに出席すると、必ずや泣いてしまいます。

いやあ、お恥ずかしー

 

この出産後、涙もろくなったという話はわたしに限ったことではなく、

結構、よく聞きます。

女性ホルモンの影響だとか、産後ウツだとか、

ストレス解消のためだとか、いろんな説があるようですが、

どれも正解でありつつ、誰にでもはあてはまらないやろ、

とも思います。

 

子どもを産むっていうのは、まさに「命」を生み出すってことで、

自分の命を切り分けるような、特別な一大事です。

その命を守りたい、健やかに育ってほしいと願う気持ちが強ければ強いほど、

命の有限さにも気づいてしまうと思うんですね。

かわいい、うれしい、つらい、心配、しあわせ、不安、と、

すごく心が揺れ動くわけです。

その波も、振幅の巾も、うんと大きくなるんじゃないかと思います。

で、過剰な感情移入もしやすくなるんじゃないかなあ、と。

だもんで、すぐに涙がうるうるうる~っと出てきてしまうんじゃないかしら。

もらい泣きって、悲しいときだけじゃないですもんね。

おめでとう!とか、うれしいね!っていうときも、あります。

よ、よ、よ、、、、よかったなああああああ~~~

と泣いてしまうこと、よくあります。

 

昔は、涙腺の弱い人を見て、

 なんであんなに簡単に泣いたりできるんやろ?

なんて思っていたんですけれどね。

人間、変われば変わるもんですわ。