読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

本日は結婚式でした

たのしみ

今日は占庭を臨時休業させていただいて、姪っ子の結婚式へ。

親族だけの、こじんまりしたお式だったんですが、

アットホームな雰囲気で、挨拶を忘れちゃったり、

名前を間違えちゃっても、そんなの全然オッケーよ~

って感じがよかったです。

神社に式場が併設されているような会場で、

なんだか昭和チックな古び具合なんですけど、

それが、いいムードになっていましてね。

今日はひと組だけの挙式で、急かされることもなく、

ゆっくり、のんびり、たっぷり、と。

 

お式と、両家の簡易なお食事会的披露宴だと思っていたので、

 今日は大丈夫! もらい泣きしないぞ!

と安心していたのに、終盤にやっぱり生い立ちのスライドや、

両親への手紙なんてのがあって、そうなるとそらしょうがないでしょ。

でも、大泣きはしなかった。えらいぞ、わたし。

 

新郎新婦の育った家庭が、どちらもざっくばらんで、

仲よく、あたたかい、ってことがわかって、

参列者がみんな、心から祝福してくれてはると感じられて、

叔母としては、もうそれだけでじゅうぶんな安心感を得られました。

ほんと、よかった~

 

親戚づき合いというと、めんどくさいとか、ややこしいとか考えがちですけど、

慶事で集って、顔を合わせる、会話する、っていうのは、

いいもんだなあと思いますね。

初めてお会いする方と挨拶しながら、

ご縁っていうのは不思議なものだなあと、つくづく感じました。

そして、それはあったかくて、いいものだなあって。

 

かわいい姪っ子へ

 結婚式を挙げてくれてありがとう。

 そして、招待してくれて、ありがとう。

 とっても、いいお式でした。

 参列した人みんな、しあわせな気持ちになれましたよ。

 どうぞふたり仲よく、末永くおしあわせに。

 これからも、みんなが見守っていますからね。

 

そうそう、会場のBGMで、先日このブログに書いた、

スピッツの「運命の人」が流れて、思わずくすりと笑ってしまいました。