読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

人が占ってもらってるのを聞くのが好き

今日は季節がひと月、巻き戻されたような一日でした。

風も強くってね。

鳴門のうずしおを見てきたんですけど、

強風で海が荒れていて、本来、渦ができるであろう場所、

潮が入り組んでいるあたりも、波がバッシャン!バッシャン!で、

きれいに渦が巻いていませんでした。

大型バスで、中国人観光客も大勢来られてたんですけど、

あの残念なうずしおでは、甲斐がなかったでしょうねぇ。

 

さて、占庭のお客さまのお話を。

占庭はリピーターのお客さまが多いのが、ちょっと自慢。

そのリピーターさんは、新しいお客さまを紹介してくださることも多く、

なんともありがたいことです。

お友だちや職場の方をご紹介くださるだけでなく、

占庭まで引率してくださり、占いにも立ち会う、

ということがよくあります。

「人が占ってもらってるのを聞くのは、すごく楽しい。

 自分のことを聞いてるよりも、納得できておもしろいんです。」

とおっしゃいます。

 

だいたい、自分自身を正しく認識するのは難しい。

なかなか客観的には見られません。

ご自分のダメなところばかりに注目して気にしている方もあれば、

ここを褒めてほしい、あれも褒めてほしいと、

「もっと認めて」願望の強い方もおられます。

良いところをお話しても認められない性分の方。

気をつけてもらいたいところをお話しても、あっさりスルーする方。

ほんとに色々です。

ご紹介者の方は、身近に接し、客観視できているわけなので、

ご当人よりも、もっとわかっておられる部分もあるんですね。

なので、わたしがお話しすることに、

「わかる、わかる」と思われるし、

「そうそう!」と笑っておられる場合もあります。

親しく、好意をもっていればこそ、の反応です。

そして、ただおもしろがってらっしゃるだけじゃなくて、

ご自身に置き換えて考えてみたり、

占いの後で、ご友人を励ましたりもされています。

 

二、三人でいらして、わいわい占う、

というのも楽しいんですよねー

それでガスが抜けたり、何らかの突破口が見えてきたり、

単純に気分転換ができてスッキリしたり。

数名ならではの、ちょっとしたイベント感というのも、悪くないですね。

対面占いは、一対一でなくてもいいんですよ。

付き添いの方も大歓迎です。