読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

占いのカルテ

人の顔って、哺乳類系のキツネ顔、タヌキ顔、ネコ顔、イヌ顔、サル顔、

それ以外では、魚顔、爬虫類顔とか、いろいろ分類されますよね。
昆虫顔っていうのもあります。

以前、足繁く通っていたクリーニング屋さんに、

まさにこの昆虫系のパートさんがおられたんです。
ひと目見たときに、

あ、昆虫顔の人だ!

と、ハッとしました。
カマキリのような、バッタのような感じ。
どこから昆虫って思ってしまうんだろう、、、、

と考えますに、逆三角形の輪郭と、眼が、

どうもそれっぽい雰囲気をかもしだしているんじゃないか、と。 


それと、この方の場合、眉。
眉頭から、短く、直線的に、ぴょんと鋭角に跳ね上げて、

くっきり描かれてたんですね。 
もう、どっから見ても眉というよりは、触角にしか見えませんでした。
その眉毛の描き方は、ちょっとおやめになった方が、、、 
もうちょっと柔和な感じにお描きにならないとー、

と、言うて差し上げたかった。 
けれど言えるはずもなく、わたしの心の中では、

「バッタの人」として登録されてしまいました。

 

ああ、ほんとに失礼な話。
すみませんすみません、と思うわけですが、

占庭においでになるお客さまのカルテにも、

稀に、お顔の特徴をメモすることがあります。

たくさんのお客さまの中から、ああ、あの方ね、

と思い出すときのよすがにするためなので、

よほど個性的でないと書いてはいません。

有名人の〇〇さん似、と書くことが多いかな。小保方さん似、とか。

珍しいところだと、ウミガメっぽい人とか、お豆腐みたいな感じの方とか。

我ながら、よく特徴をつかんだメモで、すぐにお顔が浮かんできます。

そこから、相談内容や、その時お話したことを芋づる式に思い出していけるので、

とても大事なカルテメモなのです。

 

けれども、お顔の特徴を書き残していることはホントに少なくて、

お仕事内容や、印象に残った言葉などを書いていることがほとんどです。

いままで占いでお会いした方は、二、三千人くらいですかねー

克明に覚えている方もあれば、記憶がもうおぼろ、という方もあります。

占いは一期一会みたいに思われがちですが、

二度、三度とお会いする方も、とても多いんですよ。

数年経って、またお話する機会が、、、という場合もよくあります。

そういうときに、このカルテが威力を発揮。実に頼りになるのです。