読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

熊本の方へ お見舞い申し上げます

昨夜の大きな地震から、熊本ではまだ強い余震が続いているようで、心配です。

実は、倉敷に住んでいたころ、たいへんたいへんお世話になっていた、

Mさんという方が、ご主人の定年を機に、故郷の熊本へ戻ってられていまして。

それも、今回、震度6強の一番大きな余震があった宇城市にお住まいなので、

もう昨夜から心配で心配で。

けれども、こういうときは、電話を掛けてはいけないものだし、

どういう状況かわからないときに、メールを送っても迷惑だろうか・・・・

と今朝までガマンしていました。

幸いにも、わたしはいままで大きな災害に遭った経験がないので、

被災された方の気持ちがわからないんです。

それどころじゃないのよ!と思うものかもしれないし、

こういうときこそ、連絡で元気が出たり、頼み事ができたりするかもしれない。

 

で、朝になって、ニュースを見てから、ショートメールを送りました。

そしたら、すぐに電話がかかってきて、無事が確認できました。

携帯の着信にMさんの名前が表示されただけで、もう涙があふれてきて、

取った電話に声がなかなか出なくて。

それはMさんの方もそうで、お互い言葉にならず、びーびー泣いてしまいました。

ご夫婦が住んでおられるお家はまだ築10年ほどなので、

倒壊の心配はなかったのですが、中はめちゃくちゃになってしまったそうです。

ご主人の上にタンスが倒れてきて、胸を打ってケガをされているけれど、

なんとか大丈夫な様子でした。

 

けれど、

「怖かった~~~~!!!」という言葉がすべてで。

ほんとに、どんなに怖かったろうかと思います。

そうして自分の家も大変なのに、今朝は町内のお年寄りのお家を回って、

避難の手伝いをしてらしたようで、相変わらずだなあと、

そこはちょっと笑ってしまいました。

ほんとにほんとに、いい人なんです。

 

13歳年上のMさんとは、5年間、同じ職場で働きました。

わたしの息子がまだ2歳になる前から小学校へ上がるまで。

ひとりで子どもを育てていたわたしを不憫に思って、

それはもう身内以上によくしていただきました。

こんなにお世話になった方はいません。

 

息子が小学校入学のとき、Mさんちのお嬢さんの、

もう使わなくなった学習机をもらうことになり、

わたしの白い軽四に載せて、家に持って帰ったのを思い出します。

息子は、組み立て式のシンプルなその机をとても気に入って、

高校卒業まで大事に使っていました。

いま思えば、お下がりの学習机の小学1年生なんて、

それこそ不憫に感じますが、新しいものも欲しがりませんでした。

Mさんご夫婦には、息子もとてもかわいがってもらって、

2歳から大学進学で倉敷を離れるまで、ずうっとお年玉まで頂戴していたほど。

合唱団の発表会にも来てくださったし、

大学に合格したときにはわたしを抱きしめて、

泣きながら一緒に喜んでくださいました。

熊本と大阪に遠く離れてしまって、なかなか会うこともできないけれど、

その恩は、一生忘れられないものです。

 

いい人すぎて貧乏くじを引いてはるようなところのあるご夫婦が、

故郷でこんな災害に遭ってしまわれるなんて、無情なことです

けれど、災害はいつ、どこで、だれに降りかかってくるかわからないもので。

備えをしておかないとと、また改めて思いますね。

どうぞ、早く余震が収まって、水道やガスが復旧され、

ふつうの生活を送れる日々が、早く戻ってきますように。