読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

読書のヨロコビ

読書

四条大橋から見下ろすと、川床がすべて整って、

ああ、夏へ向かっているなあと思います。

今日は上天気で、日除けのない床は暑いくらいでしょう。

 

本を読んでいて、ぐいぐい引き込まれるときはまず2パターンあって、

登場人物の行く末が気になるときと、ストーリーの行く末が気になるとき。

これ、同じようにも思えますが、違うんです。

 

登場人物、主に主人公の行く末が気になるときっていうのは、

その人物に感情移入して同化しているか、

もしくは単純にとても好きになっているとき。

この人、どうなっていくんやろ・・・・という興味は、

できればしあわせになってもらいたい、と願っていることがほとんです。

まあ、時には、こんなイヤなやつ、それ相応の報いを受けよ!

と呪う気持ちになる場合もありますが、そういう読書は心地よくありません。

人物造形がすばらしく、なんという魅力のある人だろうか。

ああ、素敵。

大好き。

こんな人、実際にはいてないやろけどな。

みたいな人が出てくるお話は心地いいですもんね。

 

で、もうひとつのストーリーが気になる場合。

いったい、この物語はどうなっていって、どういう決着を迎えるのか。

ハラハラする。想像がつかない。この話、ほんとにまとまるの?

という興味で目が離せなくなります。

この場合、登場人物のビジュアルも浮かんでこないくらい薄味でも、

物語の強さで一気読みしてしまうことが多いです。

あー、おもしろかった~~~~

と、これはこれでしあわせな読書ができるわけですが、

愛着のある作品として心に残るっていうことは少ないかも。

 

わたしはどっちかというと、魅力的な人が出てくるお話が好き。

どんな人かが自然に浮かんできて、読んでいる間、

ずうっと共にあると感じられるのは、楽しくしあわせです。

頭の右上あたりに別の世界が開いているような気分になります。

 

そして、もうひとつ別に、知らない世界を広げてくれる作品も引き込まれます。

ええええ、そうやったんかーーーー、

それは知らなかった!ほんと?ほんと?

みたいな興味を満たしてもらえるもの。

でもこれは、フィクションでは少ないかもしれません。

 

ごくごく稀に、これらがふたつ、みっつとドッキングした作品に出会います。

それはもうこの上ない至福の読書。

あとどれくらい、そういう作品にめぐり逢えるかな。

 

「それなら、この作品を!」

と推してくださるものがありましたら、ぜひ教えてください。