読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

セレモニーランを見てきました

今朝は同志社大学京田辺キャンパスまで、

ツアー・オブ・ジャパンのセレモニーランを見に行ってきました。

あんまり人がいないねーと言いながら正門前で待っていましたら、

その内、だんだんと人も集まり始めて。

近隣の小学4,5年生あたりが2クラス分くらい、

犬の散歩途中の人、近所のお年寄り、ランニングで来た人、自転車で来た人、

とフシギな老若男女の小集団ができました。

 

「もうすぐ通ります」のお知らせ車が通過して、

いまか、いまかと待つときの気持ちね。

いやあ、高まります。

 

坂道の下の方から、まず先導の車と二輪車が。

そして車体の天井にたくさんの自転車を載せたサポートカーが。

車の窓から沿道のファンに向け、

笑顔で手を振りながら通り過ぎていきます。

 

ここで思いの外、感動している自分にちょっと動揺してしまいました。

なんだか、胸がいっぱいになってて。

何で?そんなに?って思うほど。

 

その後を選手たちがひしめきながら登ってきます。

これが結構な坂道なのに、平坦な道をすいすいと漕いでいるかのように、

涼しい顔で、上体を揺らすこともなく、実に楽々と過ぎていくんですよねー

さすが!

もうね、あっちゅう間です。

もっと縦長に走ってくれたらよかったのになあ。団子だもの。

 

けれど、先導車から最後尾の選手までを見送った時、

ああ、エエもん見たな~って気持ちになりました。

プロの華やかさの中に、そこはかとなくレース前の凄味も感じられて、

「さあ、これから!」という、なんとも言えない気配。

これ、ライブで見てないと絶対感じられへんよな、って。

スポーツでも音楽でも芝居でもそうなんですけど、

その場に居ることでしか味わえないモノってあるんですよね。

ただの臨場感だけじゃない、五感総動員でしか得られない何かが。

 

こんなに感激すると思わなかったなー

ほんの数分のことなのに。

ディズニーランドのパレードの時みたいなワクワクと、

知らない世界を垣間見るようなドキドキと。

 

毎年、ツール・ド・フランスをテレビで観るだけで、

自転車レースのファンというんでもないんですけどね。

それでも、こんな気持ちになるんやなあ。

 

一緒に見学していた小学生たちは「え、もう終わり?」みたいな感じで、

それよりかは、大学構内の空中にドローンが浮遊しているのを見つけて、

「ドローンや!ドローンが飛んでる!」と、

そっちの方が盛り上がっていましたけれどね。

まあ、そんなもんでしょね。