読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

出会いのタイミング

ほんとうに大事な人とは、出会うべくして出会っている。

しかも、絶妙のタイミングで。

と感じています。

 

中高生のときに出会っていたら、タイプがあまりにも違いすぎて、

お互い敬遠してただろうなあっていう人とも、

中年になって、しかもSNSを通じて親しくなったもんだから、

却って垣根を感じずに、スムースにとてもいい友だちになれた、とか。

若い頃ならば、この人の好さを見抜けなかったろうという人と、

40も過ぎて出会ったので、自然に一緒に暮らせた、とか。

趣味を通じて、子ども会を通じて、仕事を通じて、友だちの友だちと、など、

いろんな出会いの中で、

「このタイミングじゃなかったら成り立たなかったよね」

ということは案外多い。

 

また、出会ったのはずっと前だけど、何かのキッカケで、

すうーっと距離が縮まるということもありますよね。

そのキッカケが、また絶妙なタイミングで訪れるんやなあ。

 縁の深い人というのは、自然と引き合うのかもしれないですね。

 

昔、徐々に疎遠になっていく人をどうすればいいだろうと考えた時、

「ホントにわたしの人生に必要な人ならば、

 きっとまたお互いの人生がクロスする時もくるに違いない」

という、後ろ向きな選択をしたことがありましたが、

これも、ただの意気地なしというだけじゃなく、

そこそこ真理をついてたのかもなあと思います。

ま、

なにがなんでも! 絶対後悔したくない!

というほどの熱意が湧いてこないレベルの思いだった、

っちゅーことでもありますけどね。

あ、ちなみにこの人とは、またいいタイミングで、穏やかな再会ができました。

めでたし、めでたし。

 

友人知人を自分にとって「役に立つ人」かどうか、

で取捨選択する人がたまにおられますが、そういう視点で出会いを捉えていては、

出会うべくして出会う人とは、出会えないんじゃないかと思ってしまいます。

カンが鈍るんちゃうかなあ、って。

トクになる人と知り合うより、好きになる魅力のある人と出会う方が、

絶対におもしろいし、結局は、自分を豊かにしていくと思うんですよねぇ。

ええ、ベタな言い方ですけれど。

 

カーナビばかりを頼って運転していては、道も覚えないし、

方角のカンも鈍ってくるように、人に対するカンっていうのも、

損得や、見栄を優先していてはぼやけてくるんじゃないかしら。

心の中は、シンプルにしておいた方がいいんですよ、きっと。

 

そういう意味で、自然に離れていく人間関係ならば、

またいずれ交わる時がくるかも、と感謝をこめて見送るのもひとつかな、

とも思います。

たぶん、大事な人とは、いつかどこかで出会えるようになってるんでしょう。

見逃してしまわないように、アンテナだけはバッチリめぐらせていたいです。

いくつになっても。