読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

婚姻制度と不倫

この前、石川啄木の『ローマ字日記』を読んで、

あまりのダメ人間っぷりに呆れ果てました。

なかなか、人間、ここまでダメに生きられないよなあ、というレベル。

つくづくこんな人と結婚してしまった奥さんが気の毒でならないのですが、

あまりにひどすぎて、却って嫌いになれません。

 

その日記の中で、啄木は結婚という制度を激しく呪詛していまして。

彼は彼なりに、家族に対するうしろめたさがあったということなんでしょう。

そしたら、なんとかせぇよ!とツッコミたくもなるわけですが、

親に対してでもなく、妻に対してでもなく、もちろん子どもに対してでもなく、

結婚という「制度」に対して怒りをぶつけているというところが、

いかにも八つ当たり的です。

 

で、引き続き『不倫は家庭の常備薬』田辺聖子を読んでいるんですが、

こっちはいろんな夫婦、不倫の様子がリアルに描かれています。

30年くらい前の小説ですが、古びていません。

深刻な状況を描いてる部分もあるんですが、滑稽さもあり、

人間の弱いところや、ゆるいところ、甘いところが、

寛容をもって描かれています。

なので、ドキドキもするし、理不尽さにカチンとくることもあるけど、

なんか鷹揚になれるんですよねぇ。

これはもうひとえに、田辺聖子さんのお人柄に由るものでしょう。

 

で、結婚と不倫について、つらつら考えていたんです。

結婚っていうのは、制度ですね。

籍をひとつにすることによって、社会保障を受けたり、

家庭を築くということで、社会的信頼を得たりするもの。

そういう大きなメリットがあります。

けれど、結婚には義務や責任ものしかかってきます。

おまけに、他の異性に心を移してはいけないという、倫理も押しつけられます。

これが、ただの倫理ではなく、社会的責任になるのが既婚者。

これをデメリットと思う人は、結婚という制度に向いてないということかも。

 

そして、不倫。

いろんな形がありまして、一概に、どれも絶対ダメッ!

とは言えないところもあります。

結婚後に、もっと好きな人ができてしまう。

こっちの人と結婚した方がよかったなあ、と思ってしまう。

なんてのは、あることですよ。人間だもの。

そこから倫ならぬ関係に陥っていくかどうかは、

人それぞれ、状況によりけり、ということですね。

ハズミや偶然もありましょう。

 

占いで不倫のお話を聴くことは、そりゃあたくさんあります。

みなさん「これはよくないことだ」とわかっておられます。

別れられるもんなら、とっくに別れてはるでしょう。

それでも、そうして悩んでおられるということは、

それができないからなんですよね。

「別れられないなら、絶対バレないようにしてください」

と、たいがいはそういうお話になるわけですが、たまに、

「何がなんでも別れてください!」と言わざるを得ない方もおられます。

よっぽどの場合です。

それでも、別れられへんのやろなあ、とは思いつつ。

 

火遊びでヤケド、くらいの不倫は、もうこの際、自業自得と呼びましょう。

問題はですね、お互い恋の淵に落ち、溺れてしまった場合。

本気の恋愛です。

この場合、一線を越えてるか越えてないかは、大差ありません。

この恋を喪わないで生きていく方法はふたつ。

家庭優先を守りながら維持していくか、婚姻を解消して結婚するか、ですね。

 

まず、婚姻を継続していく場合。

 伴侶を尊重し、最優先することを怠らない。

 ふたりの想いは厳重に秘め、誰にも漏らさない。

 ネットに匿名で吐き出す、なんてのもダメ。

 恋の苦みも甘さも、ふたりの間だけで完結させるということです。

誰にも知られなければ、それはふたり以外の世界ではないのと同じ扱いですから。

 

これは、難しいです。

同じ意志を同じ強さで、お互いが持たないことには成立しません。

けれど、他に方法はないでしょう。

 

次に、離婚⇒再婚パターン。

これは相当な社会的バッシングを受けます。並大抵ではない罵倒です。

罵倒されるだけでなく、信頼を失うことにもなり、ダメージは計り知れません。

だいたい、伴侶よりも好きな人ができたから婚姻を解消したい、ということに、

世間は「自分勝手なワガママのドアホ」という判定しか下しません。

それが、どんなに唯一無二の恋愛であろうが、

とことん伴侶と合わなかろうが、です。

たぶん、そんなことを認めてしまったら、結婚という制度が瓦解する、

というような虞が潜在的にあるんじゃないでしょうか。

「そんなこと到底認められない!

 あんただけ、勝手なことしてエエと思うてんのか?」的なもの。

 

その、受けるダメージを軽減させたいのならば、一旦不倫関係を解消することです。

一度、きれいに切る。

それから、現在の婚姻を持てる誠意を尽くして円満に解消する。

そして、恋愛を再開し、結婚に至る。

 

こちらもかなり難しいです。

一旦、別れる、というのが、そもそも難しいし、

誠意を持って円満に婚姻を解消する、というのも、かなり困難でしょう。

けれど、失うものを軽減させたいと思うのならば、この手しかないです。

計画殺人よりかは、ずっとマシ。

 

世界から後ろ指さされようが、嘲笑われようが、罵られようが、

わたしたちはこの愛をまっすぐに全うする!

と頭に血が上っている人は、勝手にしなはれ。

 

『不倫は家庭の常備薬』は一読をお勧めします。

不倫のワクワク、夫婦の倦怠のどちらもが、暮らしの上にあることを知らされます。

そしてどちらもが、うたかただと思えてきます。

人は飽きるんですよね。同じテンション、同じ想いではいられません。

人を愛すること、ともに暮らすこと、結婚という制度。

いやあ、いろいろ考えさせられるなあ。