読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

毎度バカバカしい知的?エロ話

明日3日の日曜日、勝手ながら臨時休業させていただきます。

7月は今のところ、臨時休業は明日だけの予定ですが、

7日木曜日は、少し早じまいさせていただきます。

ごめんなさい。

 

昨夜は「堕天使presents『回文R-18の会』真夏のホラー編」に行ってきました。

場所は、大阪・南森町にある古本屋「メガネヤ」さんです。

こちら、フツーのマンションの一室で、通りに看板も出ていません。

通りすがりに入ってくる人はゼロ、というお店。

こ、これで成り立っているの?と余計な心配をしてしまいそうになります。

 

そんな隠れ家のようなお店のLDK(としか言いようがない)で

開催されるこのイベント、内容は正真正銘のR-18指定ですが、

ほんまにエロいのか?と訊かれたら、

いやいや全然!と答えるほかありません。

確かにお下劣じゃあるけれど、下品に堕ちないんですよ。

そこは、やっぱり出演者と観客の上品さにかかっているのではないか、と。

オホホホホ。

 

昨夜はホラー編ということで、日本三大怪談を絡めたエロ回文が披露されました。

今年、還暦を迎えられるという主催者が、心血を注いだエロ回文に、

物語を付け、それを朗読と寸劇で観せるというイベントです。

その、いかにももっともらしい説明と、こじつけも甚だしいオチが、

脱力&失笑と共に、じんわり沁みるんですねぇ。

そして、これがクセになる!

バカバカしいのに、知的なんやなあと感心しそうになるんですが、

いやいや、やっぱり相当におバカやろ!っていう催し。

 

大好きな満員劇場御礼座の方々、美津乃あわさん、かのうとおっさんのお二人。

これでおもしろくないわけがないです。

このLDKイベントの楽しみはもうひとつあって、

劇団関係者がたくさん来られてるので、客席に、

あ、あの劇団の人や!とわかる方が見つかる、ということ。

いつもは舞台の上におられる方が、すぐそこに座って笑ってはる、

というのが、なんだかウレシクもあるのです。

 

昨日、一番笑ったのは、

「覗き見をするいやらしい大地主のおっさん(かのうとおっさんの有北くん)

を黒魔術で呪い殺してほしい」

と二人の女性(あわさんとかのうさん)に依頼された緑ファンタさんが、

非常に自信なさそうに、困惑しながら、

「えー、できるかなあ・・・・ユーキャンで覚えた黒魔術で」

と言ったところでした。

覗き見くらいで呪い殺してほしいというのもどうかと思えば、

その方法が黒魔術というのもあんまりだし、

頼む相手がいかにもごくフツーの女性。

しかもユーキャンでマスターした黒魔術ってねぇ。

そこで、呆気なくいやらしい大地主呪い殺されてしまうのは、

ひとえにオチのエロ回文につなげるため。

しかもオチのエロ回文が、こじつけもこじつけ、

「無理やりやなあ~~~」と腰を砕けさせながら、笑うしかないわけですが、

それを味わいたいがために、何度も足を運んでしまうワタクシ。

受付で名前を言うたら、

「あ、いつもありがとうございます」言われてしもたしね。

ええ、すっかりクセになっています。