読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

ラジオCM

日頃、ラジオをお聴きでない方も多いかと思います。

かく言うワタクシも、車に乗っているときくらいしか聴かないんですけれどね。

最近、ラジオで聴いたCMがあまりにもツボだったので、ご紹介。

 

キンチョーのCMはテレビも、新聞広告もおもしろい。

数年前まで夏場に新聞に連載されていた金鳥小説、毎年楽しみでした。

最近、見かけないのはとても残念。

そう、キンチョーの広告は、おもしろくてなんぼ、なんです。

ものすごくバカバカしいことに、ものすごく注力しているところが好き。

というか、そういうものや、そういう人が、どうもわたしは相当好きらしい。

 

で、そのラジオCMばっかりを集めたのがこちら。

www.kincho.co.jp

 

この中の「金鳥少年シリーズ」がいいんですよねぇ。

よくまあ、こんな声の男子、女子を見繕ってきたもんだと感心します。

情景が浮かんでくるんです。

じっとり汗をかいて立ち尽くす少年・大沢くんの姿が、まざまざと。

棒読みのフリをしながら、めっちゃ演技派やねんな~

最後のナレーションは、大好きな劇団・満員劇場御礼座のライス大さん。

実は、先日のエロ回文のイベントの時、3つほど隣の席に座ってはりました。

なんという親近感。

 

「抗弁する男」も笑えます。

こちらも、よくまあこんないかにもロクに仕事してなさそうな、

それでいて世間をナメてるような声と喋りの人を見つけたもんです。

そんな理屈を言われてもなあ、、、、と、一緒に困ってあげたくなります。

 

「あやふやな虫よけ」は、京都の人気劇団・ヨーロッパ企画の役者さんが

出演していて、いつもの脱力系のいい味を出しています。

こちらは、タクシードライバー祇園太郎の本多くんの顔が浮かんできます。

 

いやあ、どれも名作だなあと感心してしまうわたしは、

きっと金鳥と相性がいいのだと思います。

 

あっ、我が家の電気蚊取りも殺虫剤もキンチョーやん!

役に立ってなさそうなCMなのに、こうして実は買わせる力があるのかも。

 

いや、ま、たまたまやろ。