読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

楽観力

最寄バス停付近のエコ除草ですが、今朝はヤギが4頭に増えており、

且つ、ヒツジも4頭追加投入されていました。

ヤギはひどく痩せていて、この任務のために絶食させられていたのでは?

と心配になるほどに、必死で草を食んでいます。

ヒツジはえらくドロドロに汚れていて、元の毛色は白でないのかも、と疑われます。

モコモコの毛が、気の毒なくらい暑そうで、臭そうです。

ちなみに除草の進捗状況は芳しくありません。

これはかなり気長に見守るミッションになるかと。

よしよし。バスを待つ間、まったく退屈しません。

 

今日は楽観力について。

そんな言葉は、たぶんないとは思うのですが、楽観的になる、というのも、

才能の要ることではないかと思ったもので。

 

実は頭痛持ちのワタクシ。

今朝、頭痛に苛まれながら、なぜか自分の才能について考えていました。

「自分にはこの”才能”がある!」と思えるものがあるだろうか、と。

なんでそんなことをただでさえ頭が痛い時に考えるんでしょうね。

我ながら謎です。

 

で、この「楽観力」を思いついたんです。

わたしにはこれがあるじゃないか!と。

 

ものごとは万事「なるようになる」わけですが、

その「なるようになるさ」の先を明るく思うのか、暗く思うのかで、

同じ「なるようになる」の気の持ちようが違いますよね。

 

わたしは、これでもまず「最悪」を考えるタイプで。

最悪の最悪を考えていると、

「いくらなんでもそこまでの最悪はないやろ~」

と、思える最悪まで行きつきます。

もちろん、その最悪は避けたいに決まっているのですが、

最悪、その「最悪」に遭遇したとしても(ってヘンな日本語だけど)、

まあ、命を取られるほどのことではないしな。

と、うろたえる気持ちが鎮まり、向き合う肚が据わる時がやってきます。

窮鼠猫を噛むを体現するように、どん詰まりまで追い詰められて逃げ場を失い、

くるっと振り返る瞬間が訪れるということですね。

そこまでは苦しいんですが、なにせ粘りのない性格のワタクシ、

いつまでも同じことに悩み続けていられないので、

「まっ、なるようになるわ」と、なぜか根拠はないけれど、

そのへんでもう暗い想像をしなくなるんです。

「悪いこと考えてたら、そうなってしまうしな。やめとこ、やめとこ」

と自分を納得させるのなんか、大得意。

これは楽観力と呼んでよい”才能”ではないか、と思った次第です。

 

心配性な方というのは、まだ起こってもいないことを

先回りして、ああなって、こうなって、こうしたら、ああ、もう最悪やん!

どうしよう・・・・と堂々巡りを繰り返してしまわれます。

そうして、あらかじめ心配して、悩んでおかないと、

コトが起こったときにうろたえて対処できない、と思っておいでです。

けれども、そうして想定しておいたことがその通り起こるというのは、

滅多にありません。というか、ほとんどないのが現実です。

現実はもっとシビアで劇的だったりします。

要するに、ほぼ全部に近いものが、心配し損、悩み損です。

そして、心配性な人ほど、案外、コトが起こったときに、

結構、臨機応変に立ち回り、最悪は回避されているんですよね。

要するに、出たとこ勝負がちゃんとできてらっしゃるんです。

それならば!

あらかじめ思い悩まずに、早めに「出たとこ勝負でもなんとかなるだろう」と

見切りをつけられたらよいかと思うのです。

人の一生は、みんな、失敗と軌道修正の無限ループです。

いちいち悩んで心配して落ち込んでたら、あっと言う間にお別れがやってきそう。

それじゃあもったいないです。

そこそこのところで切り上げるためには、楽観力が威力を発揮しそうな気がします。

 

もちろん、ただ見通しが甘いだけの、考えなしの楽観視は問題がありますが、

行先を闇として思い描くよりかは、光明が差してくるイメージを

持つ方がいいと思いませんか?

 

 トンネルの先の方に見える白い点のような光。

 洞窟の天井の岩の隙間から漏れる、キラキラした陽の筋。

 重く垂れこめた雲間から伸びる天使の梯子

 

どれも素敵です。

そんな風に、ここはひとつ、楽観力も肯定してみてはいかがでしょう。