読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

いまからとてもたのしみです

わたしが通っているヨーガ教室の先生は、いわゆる「見える」方でして。

最初にお会いしたとき、

「あらあら、たくさん連れてきたわね~」

とクスクス笑いながら言われ、

え、え、ええーーーー!となりました。

わたしは占い師とはいうものの、霊能者ではありません。

カンはいい方ですが、霊感がないことには自信があります。

ですので、そう言われたところで、ピンとはこないんですけれど、

ああ、やっぱりそうなん?とガックリくる感じ。

やっぱり、というのは、ずうっと前にも「見える人」に、

「あなたは好かれるから気をつけてね」と言われたことがあり、

い、いったい何をどう気をつければ・・・?

というモンダイをたな晒しにしたままだったので。

 

でまあ、よくわからないなりに、ちょっとここはまずいんちゃうか?

という気配の場所とか、あんまり関わらない方がよさそう、という人とか、

とにかく「なんかちょっとイヤだ」と感じるナニモノかには、

なるべく近寄るまいと心がけています。

 

とは言うても、元々がよくわかっていないので、

よろしくないところを感知せず、ズカズカ歩いている可能性限りなく大、

でございます。

ちゃんと回避している実感は何もないのでねぇ。

 

で、夏になるとそのヨーガの先生がおっしゃるんです。

「お化け屋敷は行ったらあかんよ」って。

本物が混じっているんだって!

 

キャーーーーーーーー!!!!!

 

本物にとって、すごく居心地のいい空間なんだそうですよ。

で、居着くんだって。

そして、自分が居心地のよさそうな(憑きやすそうな)人が来ると、

一緒についていっちゃうんだそうで。

怖いわー

 

わたしは昔からすっごい怖がりなもんで、お化け屋敷なんかタダでもイヤッ、

というタイプ。

なんなら遠回りしてでも前を通りたくないくらい。

ですのでね、ああいうのがお好きな方は、気をつけてくださいね。

あ、そういうのがお好きな人は、そういうのも含めてお好きなんやろか。

なんだかよくわからない文章ですが、そのへんは自己責任で、

っちゅうことなんでしょう。

お化け屋敷だけじゃなく、そういう系の映画やテレビもよくないそうです。

引き寄せるんだそうですよ。ああ、怖わ。

もちろん、わたしは絶対見ません。もれなく眠れなくなるので。

 

そんなわたしが「こわい」をテーマにしたイベントに参加することに。

 

www.seikosha-books.com

 

このブログでも何度かご紹介した、あのめっちゃおもしろいエッセイを

お書きになる穂村弘さんのトークイベントが、

なんと!京都の誠光社という本屋さんであるのです。

そりゃあ、行くよね!行くとも!

めっちゃおもしろいに決まってるやん!

と、知ったその場で申し込み完了。

その後すぐに満席受付終了に。

どうもギリギリすべりこみセーフだったようです。

ああ、運命を感じるわー

 

この誠光社という本屋さんがまた素敵なお店で。

魅力的なイベントもたくさん企画されています。

そこで穂村さんのお話を聴けるなんてーーー

 

ただ、夏の夜に「こわい」がテーマということで、

わたくし、若干びびっていますが、だ、、、大丈夫ですよね?