読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

負けず嫌いさんは超謙遜家

昨日のブログで、行きつけ、かかりつけと書いたんですが、

病院もかかりつけというよりは、行きつけの病院、みたいな人も多そうですね。

患者というよりは、常連客が陣取る待合室、という感じで。

 

さて、今日は負けず嫌いと謙遜について。

負けず嫌いな人っていうのは、ガッツと意地のある人ですね。

ええ、ええ、ご想像に違わず、わたしは全然負けず嫌いではありません。

勝ちたいという人があるなら、どうぞどうぞ、といくらでも譲ります。

「負けたくない!」ということでモチベーションが上がるというのが、

イマイチよくわからない人間です。

いくらでも負けることを受け容れられる、というのも困ったもんでね。

はい、根性なしなんですー

 

友人知人、お客さまの中にも「わたしは負けず嫌いで」と自己申告される方、

たくさんおられます。

負けたくないんだから、そういう人はさぞかしプライドも高かろう、

と思われるでしょうけれど、一概にそうとは言えないんですね。

もちろん自尊心は高いのですが、コンプレックスも混じり合っているようで、

心身を守るために負けず嫌いでいる、という場合もありそうです。

しんどいですよねぇ。

ずっと負けられないということは、勝ち続けねばならないわけで。

 

そして、不思議なのは、なぜか負けず嫌いな方のいいところを話すと、

めちゃくちゃ謙遜されることなんです。

こちらは心から褒めたくて言っている言葉を

そんなそんな!滅相もないっ!!!!

という激しい勢いで否定されてしまい、面食らうこと度々です。

 

なぜ?

否定されたくないはずなのに、肯定されるのも良しとしないって、どういうこと?

 

負けず嫌いな人というのは、何かに、誰かに、自分に、負けたくない。

ということは、勝ちたい=優位性を保ちたいと思ってらっしゃる。

そのために努力を怠らない。

その粘りと精進を素晴らしいなと思います。

それなのに、心から「素敵ですね」と言うと、全身全力で否定されるんですよねぇ。

何もそこまで謙遜なさらなくても・・・・と思うほど。

そこで認めてしまったら、気持ちが脆くなり、崩れてしまうようなおそれを

感じてらっしゃるのでしょうか。

 

そうか。負けず嫌いは、弱さと背中合わせなのかもですね。

意地をつっぱり棒にして、ギリギリで堪えてらっしゃるのかもしれません。

 

そうしてみると、一番強いのは、しなう力のある人かなと思いますね。

身体が柔軟な人はケガをしにくいというのと同じように、

心が柔軟な人は、傷を受けにくいのでしょう。

柔軟がよいといっても、お豆腐のようにぐずぐずに柔らかいのではなく、

圧力に対して、しなって堪えるバネのある人ってことですね。

崩れないため、傷を受けないために、コンクリートのように固まってしまうと、

変化に対応できないだけではなく、自分自身の融通もきかなくなりそうです。

しなって持ち堪えることができる負けず嫌いの人がおられたら、

それは最強ですねぇ。

でも、強いってそんなにいいことなのかなあ。

まあ、弱いよりかはいいのかな。

 

それでも強くなることで、ご自分の中にある良さに対しても硬くなってしまっては、

もったいないですよね。

まず自分に対して柔らかくなれたら、他人に対しても、柔らかくなれるのかも。

ひいては、より強くなれるのかも。

傷を受けないように鎧を身に着けるよりかは、

案外、丸腰で、ただ相手を傷つけない言動をすることで、

自分を守っていけることもあると思います。

まともな相手であれば、という前提ではありますが。

 

宮城まり子さんがいつもおっしゃっています。

「やさしくね やさしくね やさしいことはつよいのよ」って。

ほんとにそうだなーって思うんです。

 こういう強さならば、たくさん持っていたいですね。