読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

アンケートの答え

よしなしごと

ひょんなことから、いくつかのアンケートに答えることになりました。

質問は難しいものではないのですが、難しくない方が、案外答えにくい、

ということを実感しています。

 

ひとつ目の問いから、たちまち立ち往生。

Q1は「好きな一日の過ごし方は?」というもので。

 

これ難しいですよねぇ。

えっと、これは、一日を自由に使える日に、どう過ごしたいか、ってことですよね?

あ、一日仕事に追われて過ごすのが好き、っていう人もあるかもしれへんね。

ということは、休日とは限らないのかあ。

どういう一日を過ごせたらうれしいか?ってことかしら。

 

特別なコトがあって、うれしい日もあれば、ごくふつうの一日がありがたい、

というのもあって、意外と難しい問いです。

 

家事をザクザク片付けて、手のかかった料理を作って大満足!

という一日は、たいへん有意義でうれしい。

 

反対に、家事は最低限にして、ソファに寝転がって本読んで、

眠くなったらそのまま昼寝して、ああ、一日なーんにもしなかったなあ、

という一日も、たいへん贅沢でうれしい。

 

芝居やライブに行くのも好きだし、ヨーガのレッスンも気持ちいい。

友だちと、どうでもいいことについて、ダラダラ喋るのも楽しい。

知らない土地を旅するのはワクワクするし、

たまにカフェへモーニングに行くのも小さなしあわせ。

 

好きなことも、楽しいことも、いっぱいあって、選べないなあ。

わたしって、つくづくおめでたい性格だわねぇ、と再認識。

 

で、いろいろ考えてみて、究極はこれやな、と思ったのが、

「家族でおいしくごはんを食べる」

でした。

これがたぶん、一番好きなことでもあるのでしょう。

 

なんか、拍子抜けするほどフツウですよね。

おもしろくない答えだなあ、と我ながら芸の無さにげんなりなのですが、

しょうがない。

これがわたしの失いたくないものナンバー1なんですから。

 

質問はいくつもあって、あっさり答えられるものもあれば、

どうにも答えられそうにないものもあって、結構悩みます。

 

みなさんはどうですか?

「好きな一日の過ごし方」

いざ、ちゃんと答えようと思うと、考えてしまいますでしょ?