読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

美容整形に向かない人

エコ除草も、ヤギ担当の区域とヒツジ担当の区域があるのですが、

先日から、ヤギ担当区域が移動し、フェンスのないところになったので、

より牧歌的になっています。

 

本日のヤギの様子。

f:id:uraniwamiyuki:20160902183446j:plain

f:id:uraniwamiyuki:20160902183451j:plain

f:id:uraniwamiyuki:20160902183433j:plain

 

いかにもヤギな佇まいです。

ああ、ヤギだな。

まさにヤギだな。

という感じ。

 

見た目は放牧状態ですが、もちろん繋がれています。

繋がれてはいるのですが、逃亡の意思もなさそうです。

 

 

今日、ネットニュースで、

「88歳のファッションモデルの女性が来日」という記事を読みました。

そこに、整形をしすぎると表情が出なくなって、うまく笑えなくなる、

って書いてあったんです。

そんな話は、以前にも聞いたことがあって。

まあ、普通に考えたら、表情ジワを目立たなくさせる整形を繰り返したなら、

その表情が自然でなくなっていく、というのは、そりゃ当然だなあ、と

思うわけですけれどね。

 

実は、占いで、美容整形はやめといた方がいい人、というのもあるんです。

それは「傷が残りやすい」という因果のある命式の方があるということで。

ケガや火傷、手術痕などが、どうもきれいに治り難い、

という特徴があるのです。

病気やケガからのことであれば、それはどうしようもないですけれど、

美容整形は、する、しないを自分の意志で決められることですしね。

失敗の可能性も高いですし、傷口が悪化したり、変形してしまったり、

ということもあるようです。

ですので、そういう命式をお持ちの方には、

プチ整形しちゃおうかなーとチラっと考えることがあっても、

思いとどまるようにしてね、と伝えています。

これ、容貌の美しい人ほど言っておかないといけないんですね。

プチ整形なんていうのは、そこそこ美形な方がやってみたくなるもんでしょ。

ここをちょこっとこうしたら、もっと美しくなれる!

と思ってやってみたくなる、その気持ちはわかる気がします。

が、わたしみたいに、やるとなったら、大ナタを振るわねばならない人間は、

時間もお金もかかるし、勇気も出ません。

プチで済まないのなら、却って手出しもできない、ということです。

まあ、せっかく年も取ってきたことだし、いまさら美容整形はないですねぇ。

 

で、逆に、手術を勧められたら、ぜひ!という命式の方もおられるんです。

それは、ケガをしたり、手術で身体にメスを入れたりすることで、

なぜか元気になる、という因果がある方なんですね。

普通は、それは身体を傷つけ、弱らせるはずなのですが、

その命式をお持ちの方は、そこから活性化していかれるのです。

 

ですので、そういう方には、将来、良性のポリープなんかができて、

手術してもいいし、そのまま経過観察でもどっちでもいいですよ、

なんて状況になったなら、迷わず取ってくださいね、とお話しします。

この命式で、子宮筋腫の手術後、めちゃくちゃ健康になった、という方だけでも、

幾人もお顔が思い出せるくらい。

みなさん、術後、ぐっとお元気になっておられます。

不思議です。

 

不思議だけど、元気になるならいいやん、と思われるかもしれませんが、

この命式には困った側面もあって。

身体に傷がつくことで元気になるということと、

メンタルの不安定さがミックスされてしまうと、良くない傾向が出やすくなります。

例えば、自傷行為とか、摂食障害という表れ方にもなりかねず、

特に思春期の女の子には注意が必要です。

けれども、誰もがそうなりやすいというわけではなく、

元々デリケートな要素が強いとか、周囲の環境とか、人間関係とか、

何らかの他の要素と絡まって表れることがある、ということなので、

あまり心配なさいませんように。

 

占いで、そんなことがわかるの?っていうことはたくさんあるのですが、

このようなことも、そのひとつですね。

ええ、全然科学的じゃないので、信用されない向きもあるとは思います。

けれど、明らかにそういう傾向はあるんですよねぇ。

占い師でも不思議だなあと思ってしまうのですけれど。