読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

お見合いのススメ

もう彼岸花が咲いているんですよね。

来週はお彼岸ですものねぇ。

 

子どもの頃は、彼岸花には毒があって、食べたら死ぬ、って聞いてたけれど、

こんな草を食べる人おらんやろ、と思いながら、ままごとに使っていました。

友だちのお母さんに、

死人花は、汁がついたら指が腐ってちぎれる」と脅されたけれど、

このおばちゃんはウソつきやな、と思う冷めた子どもでした。

 

以前住んでいた団地の花壇には、白い彼岸花が咲いていました。

誰かが球根をこそっと植えたんでしょうね。

一斉草取りの時も、誰も抜かないので、年々少しずつ増えていっていました。

 

昨日、結婚について書いたので、今日はお見合いのススメ。

「早く結婚したいんです!」とおっしゃるお客さまも多いわけですが、

命式を観まして、お見合いに向きそうな方にはお見合いをお勧めしています。

お見合いに向く、向かないがあるの?

と思われるかもしれませんが、あるんですねぇ。

 

結婚相手を考える時に「どれだけ好きになれるか」と考える方は、

あまりお見合いには向きません。

どんなに条件的にはマッチしていても、ピンとくるものがない、

「なんか違う」と思うと、どうにもそこから前へ進めません。

感性重視の星の人は、そこをゆるがせられないので、

よほどグッとくる相手にたまたまぶつからなければ、お見合いで成婚、

というのは難しいです。

 

向く人というのは、条件的な部分をゆるがせられない人ですね。

結婚は共同生活者を選ぶもの。

そのためには、この条件は譲れない。

という方は、お見合いが向きます。

なぜなら、最初にある程度の条件提示があるので、

第一段階のハードルを易々と越えられるわけです。

時短を求める人にも向きますね。

 

他にもお見合いには利点があって、仲人さんがおられるということと、

最初に相手の親御さんとも会えるということですね。

仲人さんがおられるといいのは、直接聞きにくいことも聞けるということ。

相手の気持ちも、堂々と確認できますしね。

これはかなり合理的。

 

最近のお見合いは、本人同士だけで、みたいなのもあるようですが、

せっかくのお見合いならば、親御さんに同席してもらいましょう。

結婚するとなれば、義理の両親になる人たちです。

ひと目で、これはムリ、と思うほどならば、

どんなによいお相手でも考え直した方がいいかもしれません。

好きになってしまってからでは、なかなかそれは難しいけれど、

初対面ならば、まわれ右も容易にできそう。

普通におつき合いして、親に紹介、というところまでいくのは、

かなりお話が進んでからですよね。

お見合いの場合は、それが前倒しでできるわけで、

こちらもかなり合理的、というわけです。

結婚は本人同士のことですけれど、親問題というのは、

必ずセットで付いてきますもの。

 

お見合いは夢がない。

恋をして結婚したい。

という方も多いです。

けれど、お見合いしてから恋をすることだってありそうですしね。

 

わたしの同級生で、お見合い結婚した友だちがいますが、

お見合いの時は、ピンとこなくて、お断りしようかなあと思っていたんですって。

けれど、仲人さんに、

「お相手は、すごく気に入ってらして、ぜひもう一度会いたい、

と言っておられるので、もう一度だけ会ってみては?」

と言われて、それならもう一度会ってみようか、ということになり、

結局、そのままお話が進み、結婚となったそうです。

実は、この時、お相手の方も同じ気持ちだったんだけど、

やっぱり仲人さんにそう言われて、それならもう一度、って思った、

ということが、結婚してからわかったそう。

これはもう、仲人さんの技あり、ってとこですね。

それでも、そろそろ銀婚式ですからね。

うまくいくときは、そんなものなのでしょう。

 

わたしはお見合いって、経験がないんです。

一度くらいしてみたかったなあ、なんて思ったりもします。