読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

おみくじ・パワースポット

今年の紅葉は一週間くらい早いらしくて、今週末あたりが見頃のようですよ。

数年前、この時期に大原三千院に行った時、とてもきれいだったんですけど、

「だんぜん嵐山の方がきれいやったね。スケールが違う。

 ものすごい人だったけど」

と話してらっしゃる人の声が聞こえて、

そうか、そんなに嵐山は美しいのかあ~ と思ったのですが、

ものすごい人出の中へ出かけて行くには、腰の重いワタクシ。

家の近所や、通勤路の木々でも、十分、紅葉を愉しめますものね。

でも、いつか嵐山の壮大な紅葉も見てみたいものです。

 

大原三千院が好きなのは、しっとりしていて安らぐということと、

参道にいろんなお店が連なっていて、歩くのも楽しいということ、

それと、おみくじがすごいから。

いえ、特別なおみくじというわけではないんです。

見た目はよくある風情で、お安いものです。

でもね、当たるんです。

よくまあこんなピンポイントで!と驚くほどに。

毎回、ああ、ほんとそう、ほんとそう、と思います。

 

三千院は「凶」が出ることが多いので有名らしいのですが、

わたしはまだ凶を引いたことはありません。

いつか凶が出たならば、わたしも説明を受けてから帰りたい。

そう、こちらでは、引いたおみくじの説明をしてもらえるのです。

これはこういう意味です、という解説だけではなく、

ですから、こういう風にしていくといいですよ、

という心の持ち方も、教えてもらえるのだそうで、

すばらしいサービスですよね。

凶を引いてしまった時には、格別沁みそうです。

 

わたしはおみくじを引くのが大好きで。

これは占いフリークと通ずるところがあるのでしょう。

いままであらゆるところで引いてきました。

で、信用できるおみくじと、そうでないところがあると感じています。

格の高い、有名な神社や立派なお寺が良いとは限らず、

小さな氏神さまでも、毎年、的確に心打たれるところもありました。

が、わたしが「ここはすごい!」と思ったところでも、他の人にはさっぱり、

ということもあったので、誰にとってもすごい、

というところはないのかもしれません。

きっと相性があるのだと思うんですね。

波長が合うというか、引き合うというか、双方の何かがピタリと嵌るところが。

ですので、わたしは三千院のおみくじをとても信用しているけれど、

まったく合わない、という方もきっとおられるのだろうなと思います。

 

これはパワースポットにも言えることだと思うんですよ。

不思議な力があるとされる場所はたくさんありますが、

そのパワーというのは、きっと種類や強弱、得意分野があるのだと思います。

よく効く薬に、強い副作用が現れることがあるように、

強い力なら強いほど、合う合わないもありそうです。

 

じゃあ、その合う合わないはどのように見分けたらよいのか、ということですが、

それは自分のカンを信じ、経験を頼るしかないと思います。

その場所を訪れた時に、こころが穏やかになるとか、ウキウキするとか、

スーッとするとか、心地よいと思えるところは概ね大丈夫。

そして、そこを訪れた後に良い方向へと変化を感じられたのならば、

ただの偶然と思わずにお礼参りに行きましょう。

どんなに人に勧められ、パワースポットとして有名なところであっても、

訪れた時に、心身が重くなるように感じたり、明るさを感じられず、

どうも歓迎されていないなあと思えるようなところは、違うのかもしれません。

気が進まなければ、敷地内のパワースポットと言われる場所へは行かず、

お参りだけしてお帰りになった方がよいかもしれないですね。

 

けれども、神様も仏様も人に悪いことをなさるはずがないので、

恐れることはありません。

合うか合わないか、がありそう、というだけで。

以前、そういう研究をなさっている大学の先生にお聞きしたのですが、

誰でも3か所くらいは、本当に自分に合っていると思えるところが

あるんだよ、というお話でした。

方々に足を運んでお参りしていると、自然にめぐり合えるのだそうです。

 

木枯らしが吹くまでは、もう少し。

寒さが厳しくなる前に、気になるところへお出掛けしてみてはいかがでしょう。