読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

ピンチはチャンスではなく チャンスにもなり得るということ

よしなしごと

我が家の近辺の木々の紅葉は見頃を過ぎ、落葉し始めています。

今朝は強めの北風で、色とりどりの落ち葉が路肩に吹き寄せられていました。

晩秋ですねぇ。

 

この晩秋にひと際目立つ花と言えば、皇帝ダリア。

見た目は真夏の花のようなのに、日照時間が短くならないと花芽がつかない

品種だそうで、冷たさを増してきた風にも負けず咲いています。

ぎょっとするほど背の高い花なので、皇帝ダリアという名前は知らなくても、

見れば、ああ、あのお花かあ~とわかっていただけると思います。

こちら ↓

www.shuminoengei.jp

 

いま、あちこちのお庭で見られますよ。 

 

 

さて、今日は人間関係のお話を少し。

人が寄ってくる人、っておられますよね。

というか、人というのは、集めようと思って集められるものではなくて、

魅力のある人のところへ自然と集まってくるものなのでしょう。

けれども、魅力のある人のところへ必ずしも人がたくさん集まっている

というわけでもなく、たくさんの人に囲まれている人が、必ずしも魅力的である

とは言えないこともありますね。

それは、どういう意図で集まっているのか?によるのです。

 

人間的な魅力があって、この人と関わっていたい、この人のことをもっと知りたい、

という、純粋な人間性に惹かれて、集まる人ばかりではないということです。

 

追い風を受けて、ぐんぐん伸びている人の周りには、

この人のそばにいれば、自分にもいいことがあるかもしれない、

この人の周りに集まる人と縁をつなげば、得するかも、

という、おこぼれ頂戴的な人も集まってきやすい。

いわゆるコバンザメですね。

人が絶好調の時には寄ってきて、ピンチになるや、スーーーっと消える。

それは危機管理と主張されれば、なるほどそれもそうだと思う側面もあるので、

そういう人がみんな、人でなしだとは申しません。

そうして生きていく人も、世の中には一定数存在するのも本当のことですしね。

 

ま、そういう人は、どうだっていいんです。

自分がピンチになり、人が離れていったときにこそ、

自らを冷静に省みることに大きな価値があるよ、ということが言いたいの。

好調なときにはいい顔をして、利用していたくせに、用済みと判断すると、

手のひらを返して知らんぷり。

そんな人を恨んだり、嘆いたりするのは愚の骨頂ですよ。

そんな人は、ホントどーだっていいんです。

大事なのはピンチに直面している自分について考えること。

 

そんな態度を取られてしまった自分が、その程度の人間であったかと、

まずそこを認めるところから出発です。

ここを認めず、相手を非難したところで時間の無駄にしかなりません。

 

ピンチに直面した時、人は真価を問われるのでしょう。

本当によい友人、知人を自分はどれだけ得ていたのか、が明るみに出ます。

励ましたり、手助けしてくれる人は天使のような存在ですが、

真にありがたいのは、目の前の難局を乗り越えるために知恵を絞り、

叱ったり、敢えて厳しい言葉を投げてくれる人です。

一文の得にもならないのに、嫌われるかもしれないことを言ったり、

してくれたりするなんて、それこそ神か仏か、って存在ですよね。

 

ピンチの時には、心は弱るし、誰かにすがりたくもなる。

見せかけの優しさにホロリときてしまうこともあるけれど、

そんな時こそ、ひとりで立たないとダメですよ。

ヨロヨロしながらでも、前を見て立っている人を

ホントの友が見捨てることはないはずです。

 

昔から、ピンチはチャンスと言いますけれど、そんなイージーなもんじゃない。

ピンチは明らかにピンチです。

けれども、ただのピンチで終わらせなければ、己を知り、周りも知る機会となり、

ひとつ格上の自分になるチャンスと捉えれば、大きなチャンスなのかもしれません。

 

そして、ピンチの時こそ力になれる友でありたいなあと思うのですよ。