読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

新春開運占い御礼

よしなしごと

2日、3日とあった、クレド岡山での新春開運占いにお越しくださったみなさま、

ありがとうございました。

おかげさまで両日満員御礼。

予想外の大盛況となり、観られない方も出てしまうという、

ありがたいやら、申し訳ないやらの二日間でありました。

 

友人、知人の顔もたくさん見ることができ、それもうれしいことでした。

友だちを誘って来てくれた同級生は、その後の福引で、見事お食事券を当て、

しゃぶしゃぶを食べて帰ったそうです。

なんちゅうラッキー。

遠いところをわざわざ駆けつけてくれた、彼女の人徳の成せる業ですかねー

 

新春初売りのお年玉企画のひとつとしての占いだったので、

おひとり10分500円。クレドカードをお持ちの方は無料という気軽さで、

「ちょっと占ってもらおうかしら」と思っていただけたのでしょう。

占いなんて初めてで、とおっしゃる方もたくさんいらっしゃいました。

「特に悩みもないし、これといって聞きたいこともないんだけど・・・」

という方から、ピンポイントで「これについて!」という方まで。

お話していて笑顔になっていかれる方、涙ぐんでしまわれる方、と、

ほんとうにさまざまでしてね。

たった10分間の大急ぎ占いなのですが、その短い時間の中にもその方の人生が

垣間見え、その場限りではありますが、きゅっと魂の距離が縮まります。

まさに一期一会のご縁なんですよねぇ。

 

以前は、その場限りで、言いっ放しになってしまうのが不誠実に思えて、

イベント占いはあまり好きではなかったんです。

けれど今回、久し振りにさせていただく機会に恵まれ、

イベント占いもいいものだなあ。お受けしてよかった、と心から思えました。

占いが終わってお帰りになるお客さまを見送る時、

この場限りの一瞬かもしれないけれど、今、ここに確かな信頼関係ができていた、

と思える、なんとも言えない充実感があったんです。

あんなに詰め詰めのバタバタだったのに、やりっ放し感がまったくなくて。

たぶん、それは、今のわたしには占庭というベースがあるからなのだろうな

と思います。

京都と遠方ではあるけれど店舗があり、連絡を取るのも容易なので、

わたし自身が言いっ放しの後ろめたさを感じることがない、

というのが大きいのでしょう。

 

占いには、アフターケアが必要だと思っています。

もちろん、それはお客さまの側が望まれた場合に限られますけれどね。

そのためにも、同じ場所に同じ占い師がいるということにこだわってきました。

が、占庭を開ける前にイベント占いをしていた頃の虚しい気持ちが、

今回、払拭されたので、俄然、やる気になってきました。

またご依頼いただきましたら、できる限り、出向いていきたいです。

 

そしてこの度、クレドの関係者のみなさまに大変お世話になりました。

新年初売りの大忙しの中、細やかにお気遣いくださって、

気持ちよく、楽しく仕事をさせていただきました。

 

ああ、ほんとうにいい二日間であり、素敵な新年の幕開けでした。

ありがとうございました!