読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

恋は素敵

よしなしごと

昨日、やっと初詣に行きまして、今日は録画していた紅白歌合戦

いまさらながら見ていた一日でした。

どうも世の中の流れについていけてない2017年です。

とは言うものの、占い師というのは1月、2月が繁忙期でして、

占庭もありがたいことに忙しくさせていただいています。

「今年はどんな年?」と久し振りに訪ねてくださるお客さまが多く、

近況などもお聞きして、楽しい時間を過ごしています。

 

 

twitterで「ムーミン谷の言葉」をフォローしているんですが、

これがなかなか沁みる箴言が多いんですよ。

”恋”についてのツイートをふたつ紹介しますね。

 

恋に落ちると眠れなくなるでしょう?

だって、ようやく現実が夢より素敵になったんだから。

 

これ、シビれますよねぇ。

胸がきゅうっと締めつけられて、じわ~んとあったかくなる。

こんなハッピーな「眠れない」はないですよ。

 

仕事柄、いろんな恋愛のお話をお聴きするわけですが、

ま、仕事でお聴きするからですけれど、悩んでらしたり、

苦しんでらしたりということが多いんですね。

なかなかうまくいかないのが恋でもありますが、できるなら

こんな気持ちになる恋をしていただきたいなー

本来、恋っていうのは、こういう無条件な幸福感みたいものが

最大の魅力なんじゃないかと思ったりもするのでね。

せめて出発点は、こういうところから始まっていてほしいなと

思ってしまうのです。

 

 

初恋と最後の恋のちがいをご存じ?

初恋は、これが最後の恋だと思うし

最後の恋は、これこそ初恋だと思うもの。

 

こちらは、若い人にはピンとこないとは思いますが、

ある程度、年齢を重ねた人間には、大いに頷けるハナシなんです。

 

実は、最近も、同級生の恋の話を聴いたばかりで。

ええ、同級生ですからね、50も半ばですよ。

それでも、ほんとうにピュアな恋をしてしまったようで、

かわいらしいったらないんです。

もちろん、妻子もある真っ当な社会人なのですけれど、

どうしようもなく誰かを好きになってしまうこともあるんですよねぇ。

大人だからこそ、本気の超プラトニックな恋に落ちてしまう、

ってこともあるんだな、と知りました。

で、ああ、まさにこれだ! と膝を打った次第です。

 

わたしが占った方で恋愛相談の最年長の方は70代の男性で、お二人おられました。

意外じゃないですか?

男性というのも、70代というのも。

案外、男性の方が、いつまでも純な気持ちを喪わないのかもしれないですね。

で、ある日突然、初恋みたいな気持ちに気づいて、動揺してしまったり。

なんだかとっても微笑ましい。

昔から「老いらくの恋」なんて言葉があるくらいなので、

きっと珍しいことではなかったんでしょう。

これはもう浮気とか、不倫とかとは別モノだと思うんですよねぇ。

誰かを裏切ったり、傷つけたりということにはつながらない気がして。

「いいトシをして・・・」と眉をひそめることでもないんじゃないかなあ。

そういう柔らかい心を応援したい派ですね。わたしは。