読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

コンプレックスは難儀

数日前から風邪をひいておりまして、マスク姿で営業しています。
ごめんなさい。
けれども、そろそろ平常に戻れそうです。


仕事柄、近距離でお客さまと対面するわけですが、お客さまは女性が多いので、

美容系の発見もいろいろあるのです。

お話しするときには、だいたい目を見て話しますから、主に目の周りに、

必然的に視線がいきます。

つけまつげをしている方、まつげのエクステをされている人、

ここ数年でものすごく増えました。

自然な感じのものから、

「それは、前を見るのに邪魔にはならないんですか?」

と本気で訊ねずにいられなかった方まで、いろいろなんですよね。

 

そうそう、カラーコンタクトの方も多いですねぇ。

ドキドキするような色合いの瞳だったり、縁取りされた黒目が黒々とされてたり。

おしゃれを愉しむってのはいいことですね。

 

でも、たまに、この方、自然のままのほうが、きっと魅力的やろになあ、

と、ちょっと残念に思ってしまうこともあるんですよ。

一重まぶたのシャープな涼やかさとか、小さな目の清潔感とか、

白目の部分が広いことによる色っぽさとかね。あるんですよ、そういうの。

アナタ! そこが超魅力的なんですけど!!

と言いたい。

でも、さすがにわたしでも言えないんですよねぇ。

わたしからはとても魅力に見えるところが、

ご自身にとってはコンプレックスの元、という場合もあります。

このコンプレックスというのが厄介です。

その方個人が、どれくらい感じるか、というのは誰にもわかりません。

重く感じてらっしゃるのか、なんとなくなのかもわからない。

そもそも、どこにどんなコンプレックスを抱いているのか、って

話してもらわないとわからないものなんですよね。

なので、うかつなことは言えません。

 

でもね、もし、気にしている部分について、

「そんなこと全然気にしなくていいのに~~~」

と無神経に言われるようなことがあったら、その時は、

できれば、怒ったり、傷ついたりしないでほしいなあって思うんですよ。

そうおっしゃった人は、ほんとにそう思ったからそう言い放ってはるわけです。

ですから、そんな時は、ムッとした後からでもいいので、

そうか、そんなに気にしなくていいのかな、って

ちょっとだけでもいいのでそう思って、上げた肩を下ろしてみてください。

そうしていることで、コンプレックスは少しずつやわらいでいきます。

ほんとうにわずかずつではありますけれど。

それでも少しずつでも軽くなれば、それはよい変化につながります。

あなたをもっと魅力的に輝かせる変化です。

そんなことでコンプレックスは解消なんてされない。

軽く言わないで!

って思われますか?

そう、コンプレックスはガンコで難儀なものです。

でもね、どうかひとつそこのところを怪しまず、

だまされたと思ってでもいいので、一旦、素直に信じてみてください。

素直になるということは、あらゆることを平易にしてくれる魔法でもあります。

一度試してみる価値はあると思いますよ。