読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

anan「あなたの幸せ、占います」

また真冬のような寒さが戻ってきましたね。

3月に入ると、重いウールのコートに袖を通すのはもうイヤになるんですが、

背に腹は代えられません。

伊達の薄着ができる年齢ではないので、長いウールコートを着て来ました。

正解。

気温が低いだけではなく、風も強いので、寒いこと寒いこと。

明日はもう一段寒いのだとか。

みなさまも体調を崩されませんように。

 

明日は、3月8日。

これ、何の日かご存知ですか?

町屋の日なんですって。

なぜ?

March 8 = まーちや~~~~

ってことらしいです。

うん。苦しいですね。

もっと無理したら抹茶の日にもなりそうです。

と思って、もしかして、ホントに抹茶の日だったりして~

とググってみましたら、抹茶の日は、2月6日でした。

(茶道で釜をかけて湯をわかす道具「風炉」から「ふ(2)(6)」の語呂合わせから)

やっぱり、無理すぎるわねぇ。

 

そして、本日3月7日発売のこれ ↓

f:id:uraniwamiyuki:20170307154811j:plain

 

毎回、楽しみにしているananの占いムック本。

なんと申しますか、フォントや色合い、バランスなどのデザインが、

どうもイマイチ垢抜けない印象ではありますが、中身は充実。

今回も、じっくり読み込めるお話がぎっしりで、

占い好きにはたまらない内容でした。

おもしろかったわー

 

石井ゆかりさんと鏡リュウジさんの「幸せ」についての対談が実に奥深くて、

占いを通した哲学みたいな感じでね。

ああ、わかるわかる。ほんとほんと。

と思いながら読みました。

対談の中で石井さんは、こうおっしゃっています。

 

今が「幸せではない」と思っていないと、何か悪いことが起こりそうで不安、と思えるのかもしれません。今幸せだと認めてしまったら、これ以上は何ももらえなくなるのでは?とか。

 

これ、まさに日頃、お話を聴いていてよく感じること。

よくぞうまく表現してくださいました! と膝を打つ思いでした。

本当にこういう方、多いんですよ。

 

 現在、切羽詰った悩みはなく、生活には困っておらず、

 不幸か?と訊かれたら、決して不幸とは言えない。

 さりとて幸せか?と訊かれたら、これが本当の幸せとも思えない。

 いったい自分にとっての幸せって何なの?

 

ってところに戻ってくるような方。

不幸ではないと思うけれど、幸せだとは認められない。

そこまでは満ち足りていないわ。

ということなのでしょう。

それをサクっと的確に表現される石井ゆかりさん。

さっすが~~~~! と思わずにいられませんでした。

 

で、占いについての内容は、わたしは〇〇座だから、今年の運勢は?っと・・・・

みたいに、ただ読むだけではなくて、簡易ホロスコープも作れたりして、

一歩踏み込んだ占いに触れられます。わくわくします。

 

が、一歩踏み込んだら踏み込んだで、

 ああ、奥はもっともっと広がっているんだろうなあ。おもしろそうだなあ!

と占いフリークの血が騒ぐわけですけれどね。

これ以上、あれこれ手を広げると収拾がつかなくなりそうで、

楽しむところで留めています。

 

他にも、マヤ暦やカバラ数秘術、輝翔運命暦など詳しく載っていて、

いろいろ読み比べて、自分に合った占いを見つけてみるのも楽しいと思います。

合う、合わない、なんてよくわからない、と思われるかもしれませんが、

読み比べてみると、しっくりくる、こないが感じられると思います。

 

やっぱり占いはおもしろいなあ。

とわたしはここへ戻ってくるのでした。