読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

文章を「展示」する意味

以前にご紹介していました【「ここにあるもの」衣笠美春】が、

同時代ギャラリーにて、昨日から始まりました。

衣笠美春さんが、京都で仕事をしている人7名にインタビューし、

書き上げた文章が展示されています。

写真も少し。

 

初日の昨日、占庭を少し早めに閉め、お邪魔してきました。

四条通を藤井大丸まで東に進み、御幸町を三条まで上がります。

同時代ギャラリーが入っている1928ビル(旧毎日新聞社ビル)は、

京都市登録有形文化財なのだそうで、独特の雰囲気のあるレトロビル。

 

この1階の右手の窓がギャラリーの「コラージュ」というスペースで、

展示がされていました。

f:id:uraniwamiyuki:20170308182613j:plain

(どうにも毎度イマイチな写真ですみません・・・・)

 

中の様子はこんな感じ。

f:id:uraniwamiyuki:20170308182438j:plain

7人の写真と短い紹介文があり、立て掛けてあるハードカバーの冊子を手に取り、

インタビューをまとめた文章が読めるようになっています。

 

f:id:uraniwamiyuki:20170308182605j:plain

 

この右端がわたし。

写真はわざとボカしました・・・・なんてことはなく、

ちゃんと撮ったつもりなのに、どこにもピントが合っていないって、

どういうことなんでしょうか。

 

美容師さん、パン屋さん、古書店さん、着物屋さんなど、色々な職業の方が、

 なぜこの仕事を始めたのか?

 何を大切にしているか?

 これからどうしていきたいか?

などの質問に答えています。

 

そして、おひとりおひとりの冊子とは別に、同じ質問のアンケートに答えた

まとめの冊子があったのですが、それぞれの個性が出ていて楽しかったですね。

もちろん、わたしもそれに答えているのですが、

すごく間抜けな返事をしているので、ちょっと恥ずかしい。

けれども、それもわたし、ということですね。

 

座って読めるように椅子も置いてありまして、自分の分も含め、

7人分を全部読みました。

書き手の衣笠さんの誠実でまじめなお人柄そのままの文章でした。

インタビューの切り取り方も、尖らず、奇を衒わず、

それでいて、熟考してここを選ばれたんだな、というのが感じられました。

 

「お話を聴いて、それを文章にして発表したい」という思いを

フリーペーパでもなく、ネット配信でもなく、展示という形で実現されたところに、

つくづく感心してしまいます。

一番、手間も暇も費用もかかったでしょうにね。

だからこそ、その形になったものをたくさんの方に見ていただきたいなあって、

思ってしまいます。

わたし自身としましては、恥ずかしさもあるのですけれど、

応援したい気持ちの方が勝りますもの。

 

三条通御幸町通も、オシャレなところで、おもしろいお店がたくさんあり、

ぶらぶら歩きにも最適です。

同時代ギャラリーは無料ですので、足をお運びいただけましたらうれしいです。

期間は12日の日曜日までと短期間ですので、ぜひどうぞ。

www.dohjidai.com