読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

「陶と貼り絵の手しごと展」ギャラリー空・鍵屋

たのしみ よしなしごと

ついに今朝の新聞に、京都の桜を見に行こう!特集が載っていました。

また、大勢の人が全国から、いや、海外からも、どっと繰り出して来られる

あのシーズンが迫っているということですね。

今日はまだ寒いですが、奈良のお水取りも終わり、もうすぐお彼岸。

みなさん、春が、春が来ますよーーー

 

いえ、わたしは別に春が好きってわけでもないんですよ。

ただもう、とにかく冬の服装に飽きてしまったんです。

毎年、同じ理由で春を待ち望んでる気がします。

日本に四季があってよかった。

 

さて、またまた個展のお知らせです。

祇園にありますギャラリー空という、京菓子の老舗・鍵善良房さんのスペースで、

「陶と貼り絵の手しごと展 土 + 和紙」という二人展が本日から始まりました。

お店 | 鍵善良房

 

紹介と詳細につきましては、頂戴したDMから転載いたしますね。

『陶』平野絵美

京都府立陶工高等専門学校卒業。

2010年から3年間石垣島で生活。

シーサーとやちむん工房「凛火」で働く。

現在は地元京都でシーサーを中心に招き猫、干支などの縁起物の置物、

豆皿を作陶。

今回は楽焼の雛人形も展示販売します。

 

『貼り絵』林原伸樹

1958年京都に生まれる。

2010年右上肢・右下肢・言語機能障害のため、1級身体障害者認定を受ける。

2015年「京都とっておきの芸術祭」で京都府知事賞を受賞。

2016年「脳卒中失語症の三人展」を開催。

同年「京都とっておきの芸術祭」で佳作受賞。

 

こちらの林原さんから、この二人展のDMを頂戴しました。

実はこの方、占庭移転前の店舗の大家さんだったのです。

6年前、京都で占いの店を始めようと店舗探しをしている時、

たまたま物件をネットで見つけまして、早速伺いました。

オシャレなデザインのビルの2階で、南側の大きな窓からサンサンと陽が降り注ぎ、

内装もとてもセンスのいいお部屋でした。

ひと目で気に入ったのですが、とにかく広くて。

ひとりで占いをするためだけにお借りするには、贅沢すぎる空間でした。

正直にそうお伝えすると、

「実はぼくがここでカフェをやってもいいなと思っているんです」

とおっしゃるので、お身体が不自由なのに、なんて意欲がおありなのだろう、

すごいなあ、と感心しながら、それではこのお話はなかったことに・・・

と帰ろうとすると、

「占いで使うスペースをお貸しするから、一緒にやりませんか?」

とおっしゃってくださったのです。

それはもう願ったり叶ったりのお話で、あまりにもわたしに都合がよすぎる話に、

ほんとにいいんですか!?

と不安になったほどでした。

 

スペース貸しというのは例がないから、と間に入った不動産会社の人は

難色を示されたので、結局は、不動産屋さんを介しない信用貸しを

してくださったんですよねぇ。見ず知らずのわたしに。

本当にありがたいことでした。

 

林原さんは、紹介文にもあるように、脳梗塞でお身体と言葉が不自由です。

けれども、左手に杖を持ち、おひとりでバスにも乗って、どこへでも行かれます。

言葉が出にくい時もありますが、ちゃんとお話ししてくださるし、

コミュニケーションを取ろうという意欲があるのです。

とにかく、好奇心旺盛で、やる気にあふれ、ものすごく前向きな方。

一級建築士さんでもあり、ハイセンスで機能的なビルは、ご自身の設計なのでした。

 

貼り絵を始められたのは、病後数年経ってから。

その細かい作業を効き手ではない左手でされていることにも驚嘆しますが、

配色の斬新さや、ハッとさせられるキレのよさ、ユニークな造形など、

本当に素晴らしい作品を生み出しておられます。

昨年の三人展も拝見しましたが、とても素敵で見入ってしまいました。

 

今日からの二人展は、ロケーションもいいところです。

期間中は気温も上がってきそうですので、ぜひどうぞ。

 

☆開廊時間☆

16(木) 12時~18時

17(金)~19(日) 11時~18時

20(月・祝) 11時~16時