読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

桜と スナックめいと 奈良さんと

陽射しがすっかり春らしくなってきました。

週末には京都のソメイヨシノも開花でしょうか。

 

祇園四条駅から四条大橋を渡って最初の信号(マツキヨがあるところ)の南北の筋、

木屋町通高瀬川河畔に桜並木があります。

ここが咲き始めると、たいそう華やかになります。

散り際がまた美しくてね。

川面が花びらで埋まる様は、浮世をしばし忘れてしまいそうな風景です。

けれども、夢のように美しいのは数日の間だけ。

桜の美しい季節は残酷なほどの期間限定だな、

と盛りを過ぎた頃に思い知るのですよ。毎年。

 

一昨日の日曜の夜、しかも生憎のお天気にもかかわらず、

”魔法にかかったロバ”さんでの「スナックめい」においでくださったみなさま、

ほんとうにありがとうございました。

 

卒業生、卒業が延びた人、現役生、いつも来てくださるお客さま、初めましての方、

と、バラエティに富んだみなさまで、年齢層は幅広く、男女比はほぼ同率でした。

占いをするだけでなく、久し振りにお会いした方々の近況をお聞きしたり、

世間話をしたりもできて、楽しい時間を過ごさせていただきました。

 

たまたま当日、わたしが着けていたピンバッジをご覧になって、

奈良美智ですね!」とわかってくださったお客さまは、

奈良さんと同郷の弘前出身の方でした。さすが!

2006年に弘前で開催された「Ato Z展」も観に行かれたということで、

わたしも伊丹から飛行機に乗って行ったんですよーと、しばし盛り上がりました。

 

着けていたピンバッジは2002年の広島での展覧会で買い求めたもの。

大事に飾っていたのですが、色が褪せてきてることに気づき、

飾ってる場合じゃない! 色がハゲちゃう前に早く使わないと!

と思って、最近着け始めたものでした。

ええ、長年おっかけておりますの。

 

占庭の店内も、わたしのシュミでこんな感じでして。

f:id:uraniwamiyuki:20170328130830j:plain

 

なんかね、奈良さんの作品を見てると、

わたしもがんばろう。がんばらなくちゃ。

って思えてくるんですよねー

別に知り合いじゃないし、同業者でもない、遠い存在なのに、なぜか励まされる。

不思議です。

それは、奈良さんの人間的な魅力によるのか、作品の力なのか。

たぶんどちらもなのでしょうけれど、ハッキリとした理由はわかりません。

理屈じゃないんですよねぇ。惹かれる想いっていうのは。

 

今年の夏は、過去の作品をコレクターや海外の美術館から借り受けての

大きな展覧会が、愛知県で開催されるので、今からめちゃくちゃ楽しみです。

長年、奈良さんの作品を見つづけてきていて、一番好きだった時代の作品が、

この展覧会にはたくさん集められるらしく、うれしくてしょうがありません。

この機会を逃すと、二度と見られないものもたくさんあるようなので、

ファンは必見!ですよ。