読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

逆算はやめましょう

 

四条大橋から眺める鴨川の川床が、次々に建ち上ってきています。

f:id:uraniwamiyuki:20170420171038j:plain

 

近づくとこんな感じ。

f:id:uraniwamiyuki:20170420171043j:plain

 

季節は初夏へ向かっていますね。

ソメイヨシノはすっかり散ってしまいましたが、八重桜が満開。

八重桜は、ちり紙で作る造花を贅沢に、コンパクトにした感じですよね。

あの、ぎゅぎゅっと感と、ぽってり感は独特ですよねぇ。

こういう女のひとって、いるよなあ、と想像してしまいます。

 

占庭は、明後日22(土)、勝手ながら臨時休業させていただきます。

ごめんなさい。

日曜は通常営業になりますが、少々混み合っておりまして、

16時~18時半の時間帯のみ、ご予約いただけます。

ご希望の方がおられましたら、お早目にご連絡くださいませ。

 

先日も、お客さまと話していて話題に上がったのが「逆算」です。

 

 〇〇歳までに子どもを〇人産みたいので、

 〇〇歳までには結婚しておきたい。

 〇年くらいつき合ってから結婚するとなると、

 〇〇歳には出会っておかないと。

 

そう考えると、もう猶予がない。焦るんです!

とおっしゃるんですねぇ。

こういう「逆算すると・・・・」という話は、とてもよく聞きます。

その気持ちはわからないではないけれど、

人生、そんなに計画通りにはいかへんって。

と言いたくなってしまうんですよねぇ。

 

10年つき合ったとしても、結婚に至らない場合もあれば、

数か月でゴールインという場合もあります。

結婚て不思議で、決まる時はすごくすんなり決まるんですよね。

それまで、どんなに、この人だろうか、あの人にすればよかったんだろうか、

って迷ったり、悩んだりしてきた人であっても、決まる時は、

すいすいすいーーーっと、お話がまとまっていきます。

なんと申しますか、まとまるべくしてまとまってるんだな、みたいなね。

まあ、もちろん全部が全部そうだとは言えませんけれど、

仕事柄、いろんな方の結婚までを見聞きしてきて、

ああ、ほんとにご縁のある時って、こんな感じよねぇ、

って思うことが非常に多かったのは確かなのですよ。

 

このブログにも何度も書いていますが、結婚というのは、まず、ご縁。

あとはタイミングと、勢いとハズミです。

それらがパチリとうまく嵌った時には、自然な流れが生まれます。

ほんと不思議。

 

ですのでね、お相手はいるのだけれど、悩んで悩んで決められない。

どうしても迷いから抜けられない。

という場合は、タイミングがズレているのか、勢いに欠けるのか、

ハズミが発生していないのか、ってことなのでしょう。

それは「今じゃない」ということなのかもしれません。

悩み、迷いながらタイミングを待ち続けるよりは、

勇気をもって一旦、手放す、

ということを考えてみてはどうでしょうか?

もしかしたら、そこからハズミが生まれるかもしれません。

または、新しい良いご縁とバッタリ出会ったりね。

 

目論み通りに逆算を成立させるのは、なかなか難しい。

そして、逆算に沿って焦ると、うっかり見誤ることだってありますよ。

あなたには、あなたのタイミングがきっとある。

予定通りの時期に、うまく結婚にこぎつけるよりも、

そのタイミングを逃さないことの方が、大切なことなんです。

見逃さないためには、自分と相手をまっすぐに見通す力が必要。

打算や妥協に曇らないよう、目をキラキラさせておいてくださいね。