読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

正論か ウソ泣きか

伸び始めると成長が早いアボカド。

もう20㎝以上に育ちまして、葉っぱも開いてきました。

そろそろ鉢に植えてもいいかしら。

どこまで育ってくれるかな、と楽しみです。

 

f:id:uraniwamiyuki:20170426134330j:plain

 

 

先日、お客さまと話していて、それはアプローチの仕方が逆ですよ!

ということがありました。

何のアプローチかといいますと、相手に自分の意見を認めてもらうための

プレゼン方法です。

効果のある方法にするためには、自分のやり方を磨くよりも、

相手はどう訴えられると心に響くのかを知ることの方が重要です。

 

わかりやすいところで、

新婚旅行をどこにするかを決める場合、意見が食い違ったときにどうするか?

を例にとってみましょう。

 

夫の意見

 旅行にはあまりお金をかけずに、先々のために残しておきたい。

 国内の温泉宿でゆっくりしたい。

 

妻の意見

 一生に一度くらいちょっと贅沢してみたい。

 子どもがない今、大手を振って休めるこの機会に、長めの海外旅行。

 

とします。

どちらの気持ちもわかりますよね。

これ、夫と妻の意見が逆なカップルもあると思います。

案外、男性の方が、ロマンチストだったりしますしね。

 

最初は、お互いの意見を出し合って、譲れるところは譲り合う。

これは基本です。

でも、ここはどーしても、どーしても譲りたくないの!

という時には、相手を説得しなければなりません。

そのアプローチの仕方で、効果が違う、ということなのです。

この場合、相手の星を観まして、どんな頼まれ方に弱いのか?を探ります。

 誰でも、自分がこう言われたら納得せざるを得ないな、と思える方法で、

相手を説得しようとするものですが、そもそも意見が違う人に納得してもらうのに、

自分の感覚で臨んでいても、なかなかうまくいきません。

で、相手の納得ポイントはどこなのか?を見つけるわけです。

 

パターンは、ざっくり2パターンあります。

 

① 筋道の通った意見で腑に落ちる。

こちらは、相手意見の合理性に納得でき、そちらの方が正しい、と認めた場合。

 

② そんなにもそうしたいのなら、そうさせてあげよう。

こちらは、情に訴えられ、それに流された場合。

 

①の人に対して、泣き落としは通じません。

むしろ、泣いたり、拗ねたりされると鬱陶しがり、

ますます、自分の意見の真っ当さを確信してしまいます。

このタイプを翻意させるのは、もっと合理的で、

もっと正当であると思わせる意見をぶつけなければなりません。

ガンコというわけではないので、一旦納得すれば、実にあっさりと譲ってくれます。

そう。冷静に話し合い、正論で勝負!です。

 

逆に②の人に対しては、どんな理屈も通じません。

いかな正論であっても、そこに絶対性を見出さないタイプなのです。

それよりは、

「これはわたしの子どもの頃からの夢だったの。

 だからお願い!夢を叶えさせて!」

とうるうるされたりすると、

そうだったのか、一生に一度だもんな。叶えさせてあげなくちゃ、

という気持ちに傾いていきます。

 

まあ、これは非常に単純化した表現ですので、もちろんこのまんま

というわけではありませんが、こういった傾向は星を観ればわかるので、

せめて間違ったアプローチはしないよう気をつけてね、というお話をします。

ウソ泣きにうんざりする人もあれば、

正論よりもウソ泣きに心が動く人もあるんですよねぇ。

 

他にも、反対の意見を述べられるだけで、自分を否定されたと感じ、

意地になってしまう人への対策とか、

一旦決めたことでも、すぐに気が変わって、ふりだしに戻ってしまう人への

対策などのオプションもあります。

相手だけではなく、ご自身の気性も再確認することで、

おふたりの関係がより円満になり、家庭生活がより円滑になるよう、

占いがお手伝いできることもある、というわけなのです。

まだ見ぬ将来を知るためというよりは、こうして実際に「活用」できる部分の方が

占いの効用としては大きいんじゃないかな、とわたしは思っています。