読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

ミナミへ遠足に

ここのところ晴天が続いていますね。

気温もぐんぐん上がっていて、夏っぽくなってきました。

 

昨日は、久し振りに友だちとミナミへ。

わたしは大阪府内に住んで11年になりますが、滅多にミナミへは行きません。

それは、住んでいるところからのアクセスがよくないからなんですが、

たまに行くとキタとは違った活気と、そこはかとない猥雑さがいいんですよねぇ。

 

昨日は、いままで、行く機会のなかった黒門市場や法善寺横丁も歩いてみました。

黒門市場錦市場は、大阪と京都を代表する人気の食べ歩きスポットでもあります。

錦はしょっちゅう通っているし、どんなお店があって、

どういうものを売っているのか、端から端までわかっているワタクシ。

どれどれ、黒門市場はどこが違うのかな?

と思って見ていると、まず道幅が広い。

広いと言っても、そんなに大きな違いがあるほどではないですけれどね。

そして、海鮮モノに、ウニやカニなどの単価の高いものがあるところも違うなあ。

錦でよく見る、ハモや鯉などは見かけませんでした。

お肉系は、和牛串や、ホルモン系などもあり、こちらも錦にはないものでした。

お店の人が、英語で客引きをしてはったのにはビックリ。

京都でそれはないですもんねぇ。

大阪は、なんだか威勢がいいですね。

やっぱり違いがあるもんだなあ、と思いながら見て歩きましたが、

外国人観光客がいっぱいで、たくさんの人があれこれ食べてらっしゃるし、

しばらく歩いたら、うん、見た見た、って気持ちになって、

気が済んでしまいました。

人がひしめいてるところは、どうも苦手なんですよ。

 

 

さて、わたしはとにかく「占い」が好きなので、いろいろ読むのですが、

特に、自分とは違う占術の占い師さんのお話は純粋に楽しい。

しいたけさんのしいたけ占いも毎週月曜日を楽しみにしてますし、

石井ゆかりさんの西洋占星術も愛読しています。

どちらの方も、文章を読んでいるだけでお人柄がしのばれるし、

そもそも文章自体がとっても魅力的。

 

で、石井さんの占いによるとですね、わたしは昨秋から変革の時期に入っていて、

いろんなことの新陳代謝が発生しているらしく、

人間関係の断捨離も、自然の流れで行われていくのだそうです。

 

ふうん。

自然にねぇ。

と思いながらも、読んでしまった以上、つい意識してしまいます。

自然の流れということは、自分が選択するのではなく、

意識下であったり、相手に断捨離されたりするということもあるのでしょう。

わたしの執着心だけで繋がっているような友だち関係などは、

淘汰されていくのかもしれないなあ、と気持ち的には受け入れ態勢に入っています。

 

そうか。

それが自然ならばしょうがないよね。

と、なんだか自分のこころを俯瞰で眺めている気分です。

そう思いながらも、大切にしたい人との関係は、どうしても守りたい、

という強い思いが俄かに湧いてきたりもします。

 

昨日、友だちと歩いて、ごはんを食べ、お茶を飲み、

すっごく、くだらない話をしてゲラゲラ笑いながら、

この人には離れていってほしくないなあ、って思いました。

 

あ! もしかしたら、

そうして自分でちゃんと確かめなさい、

ってことなのかもしれないですね。

こころに着いているホコリや汚れをぱんぱん、と払って、

素直な気持ちで、大事にするべきものをもう一度見きわめるという作業を

ひとつずつしていけばいいのかな。

なんてことを思った遠足の一日でありました。