読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

取扱説明書を読んでみよう

長年愛用してきたヘンケルの包丁が、どうにもこうにも切れなくなり、

もはや「切れ味が悪すぎて危険」の域に達してしまいました。

もう30年以上使っていて、いつものように砥いでも、

切れ味が戻らなくなってしまったんですよねぇ。

で、折よくやってきたカタログでチョイスの中から包丁を選びました。

黒い木の柄の、いかにも包丁らしい佇まいのものです。

 

以前、妹が、息子の初月給で包丁をプレゼントしてもらい、

あまりの切れ味の良さに感動して、

「包丁って、あんなに切れるもんじゃったんじゃな!もうビックリ!

 今までわたしは人参を切ってたんじゃなかったんよ。

 あれは割ってたんよ!」

と興奮気味に電話してきました。

非常にわかりやすい説明で、なるほどと思いました。

我が家の包丁も、人参を割ってるに近いなあと思いながら。

それもあって、ウチもそろそろ包丁を新調すべきかと考えていたんですね。

 

先日、注文の包丁が届きました。

簡素な箱の中には、説明書が同封されていました。

実はわたくし、結構、説明書が好きなんです。

電化製品を買っても、まずはひと通り説明書を読みたい。

「ご使用になる前に」から「こんなことが起こったら」まで、全部読みたい。

分厚い車の説明書だって全部読みたいんですねぇ。

ええ、めっちゃ時間かかりますよー

 

で、この包丁の説明書。

包丁にどんな説明が要るんだろうかと思いますが、

昨今はなんでもかんでもクレーム問題にしてしまう人が増えているので、

その対応策でもあるんでしょう。

読んでみました。

そんなん当たり前やん~ということから、それわざわざ説明すること?やら、

うん、それはしたらあかんな、ということまで、いろいろ書いてありました。

一番、えっ!と思った文章はこれでした。

 

 この包丁は調理を目的とした物です。

 調理の目的以外には使用しないでください。

 

そらそうや!!

もちろんそのために求めたものですよ。

他に何がありますか?

大工道具にはしませんし、誰かを脅したりもしません。

ましてや凶器になんて・・・・

 

と、この一文だけでも、かなり心を刺激されます。

大体、包丁を調理以外の目的で使おうなんて輩は、

取扱説明書なんて読みませんってば!

と誰かに訴えたいキモチにすらなります。

 

もう一文気になったのがこちら。

 

 包丁の背に、指や手のひらを直接当てて力を入れないでください。

 背の部分の角部で指や手のひらを傷つける恐れがあります。

 カボチャなど硬いものを切る時は、

 背に布を当てるか手袋をはめて切ってください。

 

うーん。そこまではしないな。

布を当てるか手袋なんて、その方が、むしろ滑って危なそうでしょ。

けど、カボチャを切っていてケガをした女優さんが、

自殺未遂と騒がれたのは記憶に新しいところで、妙にリアルな感じがしました。

 

これはよくわからなかった一文。

 

 刀身を直接火であぶったり、近づけたりしないでください。

 焼なまりや破損の原因になります。

 

これは一体、どういう状況なのかしら。

えっと、何のために??

と、つらつら考えてみて思いついたのは、

トマトを直火であぶって皮をむくときに、串や割り箸に刺さずに、

包丁の先に刺して、あぶるとか?

くらいしかないんですよねぇ。

まあ、確かに包丁は焦げたり、燃えたりしないので、あるのかもしれませんが、

わざわざ注意書きに入れるほどメジャーな行為なんでしょうかねー

 

いやあ、ペラっとしたB6サイズの紙一枚で、だいぶ楽しませていただきました。

やっぱりおもしろいわ~ 説明書。