読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

彼氏をレンタル

今朝は風もなく、寒さも若干やわらいで、四条大橋から見下ろす川辺は、

とても穏やかな冬の風景。

青空の下、なんてさわやかな朝だろうか、と気分よく四条通を歩いていましたら、

後ろを歩く女子ふたり連れの会話が耳に入ってきました。

 

その会話っていうのが、

「今年は彼氏をレンタルしよかと思ってんねん」

から始まる非日常の話で。

 

「レンタル?男を借りて金払うってこと?」

「払うんちゃう。むしろもらう。アンタを彼氏ってことにしたるから、

 わたしに1時間千円払えっていうこと」

「へぇ~」

てな流れ。

 

つ、つ、強気ぃ~~~~!

んもう、なんかいろいろビックリです。

今年の何に向けてのレンタルなのかもわからないわけですが、

時節柄クリスマスとか、年末年始の何等かでしょうかねぇ。

しかし、それは彼氏をレンタルというよりかは、彼女レンタルでは?

という大きな違和感を抱えつつ、もう振り向きたくてしょうがないんですよ。

若い女性っぽい声のこの子たちは、いったいどういう顔でそんな話をしているのか、

気になって気になってしゃーないわけです。

けれども、なにしろそういう話が耳に入るくらいの近さなので、

くるっと振り向いて顔をまじまじ見ることは、さすがに憚られます。

でも気になる。気になるーーー

 

で、一旦、道向いの何かが気になるかのように立ち止まりましてですね、

彼女らをやり過ごすようにして、すーーーっと顔を確かめる作戦に出ました。

わざとらし~~~

 

ええ、見ました。

まじまじではなく、サラッと、ですが。

 

中学生か高校生かどっちかなー、というあたりの、メイクもしていない、

服装にも派手さのない「これから塾です」みたいな女の子たちでした。

かなりの予想外。

とても高飛車にレンタルさせたる、みたいなことを言うどころか、

そんな思考を持っているとはとても思えない、女子生徒さんでした。

これはこれでショーゲキ。

 

世の中、わたしの想像が及びもつかない世界は、なんぼでもあるんやろなあ、、、、

という白々とした気持ち&遠い目にさせられましたねぇ。

 

いやー、街はいろんなオドロキに満ちていますなあ。