京都 四条高倉の占庭から

タロットを学ぶ目的

梅雨明けとともに、とんでもない猛暑がやってきています。

被災地の方々のことを思うと、ほんとにまずは体調を崩されませんように、

と祈らずにいられません。

 

明日からの三連休は、京都は祇園祭のハイライトみたいな期間で、

ものすごい人出となります。

こんなこと大きな声では言えませんが、小さいお子さんとかね、

歩行者天国に連れておいでにならないほうがいいです。

大人でもしんどいですし。

まだ、昼間に山や鉾を見て回られて、上にあげてもらったりするほうが、

暑いのは暑いですけれど、楽しいのではないかと思いますよ。

 

占庭ではタロット占いのマンツーマンレッスンを開講しています。

マンツーマンなので、おひとりおひとりのペースでレッスンを進め、

予定のカリキュラム(なんていうほどのもんじゃないですけど)が終了すると、

レッスンも修了となります。

その後、リーディングの練習に通われる方もおられますし、

あとは自分で練習します、という方もいらっしゃいます。

不思議なのは、修了される生徒さんが続くと、

ちょうどまたそのころから、新しい生徒さんが来てくださるようになるんですよね。

なので、レッスンが毎日ぎちぎちに詰まっているということにもならず、

生徒さんが途切れることもなくて、とてもありがたいです。

 

新しくレッスンを始められる方には、

「どうしてタロットを勉強したいと思いはったんですか?」

といつも訊ねます。

「いつか占い師になりたくて」というお答えが多いのですが、

なぜ占い師になりたいのか、の理由はさまざまなんですね。

「歳をとってもできそうな仕事だから」

「副業にしたいから」

という、収入目的の方も多数おられるのですが、

占い師って一部の非常に有名な方を除いては「儲かる」商売ではないので、

おそらくは、ふつうにどこかへお勤めに出られたほうが、

収入としては有効に得られるんじゃないかなあと思います。

とお話しすると、ちょっとガッカリされてしまうのですけれどね。

 

ほかには、

「占いを通して、経験を織り交ぜたアドバイスができれば」

「自分も苦労が多かったので、つらい人を助けてあげたい」

という方もおられます。

他者のために、という動機は素敵なのですが、ちょっと危うさもあります。

 

経験を織り交ぜたアドバイスは両刃です。

タロットカードを引き、たまたま出たそのカードを読んで、

ゲストの方へとお伝えしていくのがタロット占いなのですが、

そこに経験からの視点が入ってしまうと、ズレます。

自分で感じたことをゲストのことを思ってアドバイスしようとすると、

リーディングを無意識にそちらへと誘導してしまいがちになるんですね。

カードのリーディング結果を伝え、その後に、ご自分の考えをゲストに話してみる

というのならばいいかな、と思います。

 

「助けてあげたい」はもっと怖い。

占いで誰かを精神的に助けてあげることはできないと思うんですよ。

もっといえば、誰かを助けてあげることは誰にもできないと思っています。

弱ったメンタルを立て直すことができるのは、

やっぱり最終的には自分自身、ということなのだろうと思います。

だから、そこを目的にすると、占う側の人までもつらくなってしまう。

だって、助けてあげられない場合はともに苦悩するしかなくなりますしね。

 

いろんなお話を聴いて、占って、お話しして、その間に、

ゲストの方が、ちょっとラクになりはったり、スッキリされたり、

ということは結構あります。

お店に入って来られた時よりも、お帰りになる時のお顔のほうが晴れていたら、

占い師にとって、こんなにうれしいことはありません。

けれども、それは、結果的にそうなることがある、ということで、

それを目標にして占うのは、ちょっと違うかなと思うのです。

わたしはゲストの方を救ってあげられる力が自分にあるなんて、思っていません。

ちょっとほっとされたり、気を楽にしてもらえたらいいなあ、

とは思っています。

そして、占いっておもしろい、使えるね、と知っていただけるとうれしいです。

 

占いは占う側とゲスト間の相性もあります。

どなたにも満足していただける占いを提供するのは、難しい。

そこの満足確率の高い占い師が、よい占い師という場合もあれば、

確率は低いけれど、一部の人にとっては最良の占い師という場合もあるのでしょう。

けどまあ、それらも結果的にそうなる、というわけで、

詰まるところ、誠心誠意占って、お客さまに託す、に尽きるんじゃないでしょうか。

自然の脅威

先日、関東が梅雨明けしたらしい、とブログに書いた後に、

東海から九州に至る広範囲で、信じられない豪雨が続き、

各所に甚大な被害が出ています。

被害に遭われたみなさまのお気持ちを考えると、胸が痛いです。

梅雨前線の雨で、こんなひどいことになるとは、想像もできませんでした。

 

占庭のあります京都も、桂川や鴨川が氾濫の危険が差し迫り、

近畿の交通網も大きな影響が出ました。

けれども、堤防が決壊するような大きな災害には至らず、ありがたいことでした。

 

わたしは以前、40年倉敷市に住んでいましたので、

ニュースやツイッターで流れてくる真備の惨状に唖然とするばかりで。

わたしが住んでいたのは、倉敷でも南端の海に近い地域だったのですが、

十数年前に倉敷市編入合併された真備町は、反対の北端の地域です。

水島臨海工業地帯で働く方も多く、南北へ延びる高梁川の土手の道を

朝夕、たくさんの車が行き交っていました。

それは気持ちのいい道なんですよ。

わたしも何度となく車で走ったとこのある、あののどかな風景が・・・・

近くに住む友人の無事は確認できたのですが、

いまはもう疎遠になってしまった、かつて職場で一緒だった人たちの顔が、

浮かびはすれど、連絡の取りようもなくて。

広島も、愛媛も、島根も、土砂崩れや洪水で大変な被害が出ています。

元の生活に戻れるのは、先になってしまうと思いますが、

全国からの支援も受けながら、少しずつ元気を取り戻していただければ、と

思います。

暑さが厳しくもなってきているので、どうか体調を崩されませんように。

 

地震や洪水など、天変地異が多すぎますね。

備えをしておくことと、いざという時の早めの避難は、

心しておかないとと思います。

 

そして、災害時の情報の取り扱いについて、今回もいろいろと考えさせられました。

拡散してよい情報、自重すべき情報、の判断って難しいですね。

よかれと思って拡散して、それが逆効果になる場合だってあるので、

善意であっても、結果的にはよいことにつながっていないことも多いみたいで。

情報を受け取る側も、発信する側も、そのあたりについては慎重な判断が必要、

ということも痛感しました。

 

豪雨の後、梅雨明けし、真夏の陽射しが厳しい京都ですが、

今日から祇園祭の鉾建てが始まっています。

朝、四条大橋を渡るときに、注連縄を渡した笹が設えてあり、

ああ、神輿洗の水の汲み上げなんやな、とわかるくらいには、

わたしも祇園祭に慣れてきました。

四条大橋から汲み上げられた鴨川の水は祓いを受け、

今日の夕刻に行われる、神輿洗に用いる神用水となるのです。

今週末からは宵々々山、宵々山、宵山と、三連休、すごい人出になるでしょう。

一週間後は、山鉾巡行です。

京都だけでなく、日本中を鎮めていただきたいと祈る思いです。

耳ちくわ

関東はもう梅雨明けしたかも、ということらしいですね。

入梅が早かったので、明けるのも早かったんでしょうか。

長い夏になりそうですね。

京都は7月1日から一か月間、祇園祭で、八坂神社の神事・行事が続きます。

毎年、山鉾巡航のころに梅雨が明けてるかどうか、ってところなのですが、

今年はもうすっかり明けて、夏の陽射しが強烈なのではないかと思います。

その分、蒸し暑さはマシかもしれませんけれど。

 

前々回のブログで、聞きたくない話を聞かねばならない時は、

心に空っぽのバケツを下げて行くというのもひとつの手です、

ということを書きました。

同じように「耳ちくわ」も使っていただけたらな、と思うのです。

ちくわの穴は素通しなので、話しを素通りさせよ、という意味ですが、

もしかしたら「耳ちくわ」は関西特有の言い回しかもしれません。

「耳ちくわやで」と言われたら、

いちいち気にせんと、聞き流しておくんやで、

ということです。

 

八つ当たりのお説教や、愚痴、繰り言などをそこに居て、聞かざるを得ない時、

しかも、聞き流すことが一番よい対処法である場合、耳ちくわは有効です。

コツがあります。

耳を覆いたいけれど、それはできないので、

「耳ちくわ、耳ちくわ」と唱えながらやり過ごす、というのではないんです。

それだと全然肩の力が抜けないし、なんだか苦行に近い。

想像するんですよ。

文字通り、自分の耳がちくわになっているところを。

右の耳の穴、左の耳の穴、どちらからも焼き目のついたちくわが

ちょこっと飛び出している図を想像しましょう。

両の耳は、頭の中でつながって1本になっている、長~いちくわ。

右から入ってきた話は、白くてつるつるしたちくわの穴を通過していき、

左からするんと抜けて散り散りばらばらになっていく、と。

 

耳の穴からちくわが飛び出していると考えるだけで、なんかおかしい。

ちょっとちぎって食べてみたいな、とか考えてしまいます。

せっかく、ちくわの穴を滑っていくのですから、話の内容を吟味してはいけません。

それよりか、ちくわです、ちくわ。

わたしの耳からちくわが飛び出てるのよ、ゲラゲラゲラ。

という気持ちになりましょう。

 

それが「耳ちくわ」を発動する際のコツです。

それくらいのくだらなさがいいんですね。

切羽詰まった耳ちくわよりも、ずっといい仕事をしてくれます。

一度、お試しになってみてください。

ぜひ、おもしろがって。

どうぞこのまま

月曜の朝の地震から5日経ちました。

被害に遭われたみなさま、お見舞い申し上げます。

今日の雨もまたつらいことですね。

 

余震が小さく少なくなってきているのはありがたいのですが、

「まだ安心はできない」をずっと胸においておかないといけないって、

消耗するものですね。

自宅は震度6弱のエリアにあるのですが、震源地からはだいぶ離れていたので、

ものすごく揺れはしましたが、倒れたり割れたりしたものは大したことなく、

我が家の周辺は電気・ガス・水道にも問題がなかったので、

被災というほどのものではありませんでした。

いまもまだガスが不通の世帯も数万戸おありですし、

雨漏りで困ってらっしゃるところも多いと思います。

どうかこのまま鎮まってほしいです。

 

身近で大きな地震があったの初めてのことですが、長く関西在住の方には、

あの阪神淡路の震災の記憶が刻まれてらっしゃいます。

今日もお客さまとお話ししていたのですが、

「揺れがあのときのことを思い出させるので、ほんとうにつらい」

と涙ぐんでおられました。

心の傷は癒えたようでも、簡単によみがえってしまうんですよね。

完全に消えてしまうことはないのだと思います。

 

その後、東北の震災があり、熊本もあり、毎日どこかで小さな地震は起きています。

火山活動も活発になっていますし、日本中のどこに住んでいても、

いつどんなことが起こっても不思議ではないのだろうと思います。

 

今回の地震で、いろんなことを考えさせられました。

自分の防災意識を反省もしましたし、災害時の報道のあり方にうんざりもしました。

近所の人と声を掛け合えることのありがたみも。

 

鏡リュウジさんが、災害があった時に「予知していた」とか、

これからの不確かな予言めいたことを発信する占い師を戒めてらっしゃいましたが、

正にそうです。

非常時にそんな情報は、ほんとに一番要らないものです。

ただ不安を広げるだけでしかない。

災害に乗じて占い師がそんな自己顕示をするなんて、やめてほしいです。

 

地震の直後から、家族、親戚、友人、知人、その上にお客さまからも、

安否確認の電話やメールなど、たくさん届きました。

こんなに心配してくださる方があるのかとありがたかったです。

SNSで「無事です」を確認できたり、発信できたりするのはほんとうに便利だな、

と実感しました。

自分の身に降りかからないないとわからないことは、ほんとにいっぱいありますね。

せめて、感じたり、思ったことを忘れないようにしなければ、と思います。

「心に空っぽのバケツをひとつ」again

昨日、遠方からいらしていただいたお客さまと、ちょうどこの話をしたので、

そうだそうだ、再掲しておこう、と思い立ちましてagain しますね。

 

否応なく愚痴や不満を聞かねばならない場合の奥の手です。

不誠実、不謹慎であるというご意見もあるかと思いますが、

こういうやり方もOKだと、ご自身を責めず、追い詰めずにいられるなら、

結構、これは有効なのではないかと思うのです。

 

kyoto-uraniwa.hatenablog.com

 

読み返してみますと、オリーブの実がつきそうだと喜んでいました。

でも昨年は、途中で干からびてしまったんですよねぇ。

後から友人に聞いたところでは、結実のころは、水をたっぷりとやらないとダメ、

なのだそうで。

オリーブは「乾燥に強い」というイメージがあって、

あまり水をやり過ぎると根腐れするのでは? と思っていたんですよねー

で、今年は、ダバダバ水を与えています。

すると黒サビ病みたいなのが発生してしまって、スプレーを買いに走ったり、

と、相変わらず今年もオリーブの実に翻弄されているのでした。

 

でも、昨年のよりかは大きく育ってきています。

このまま実になってくれるといいなあ~

400円は贅沢か?

京阪電車の特急に1両(6号車)だけ、プレミアムカーという、

グリーン車みたいな座席指定車両が生まれたのが昨年の8月でした。

以来、いつか乗ってみようと思いながら、なかなか機会を得ず。

で、やっと昨日、初めて乗ってみました。

www.keihan.co.jp

 

なにしろ運賃よりもプレミアムカー料金の方が高いので、

いつもの倍以上の出費になるのですから、かなりの贅沢です。

しかーし、その贅沢料400円の価値はありました。

 

運賃よりも高い、というのは、もったいない、と感じてしまうんですけど、

たった400円、と考えると、ささやかな贅沢じゃないか、

とも思えます。

しかも、たまのことですしね。

 

荷物が多かったり、体調などで、どうしても座りたい時は、

空いている各駅停車の準急にするのですが、

時間に余裕のない時は、この特急プレミアムカーはありがたいかも。

あまり贅沢に縁のないわたくしなので、

アテンダントの女性に丁寧にあいさつされたり、

ホームに並んでいる人から見られたり、

というのは、居心地が悪いところもありますが、

お尻の両脇が余るゆったりしたシートに座って、

ほー こんなところにコンセントが、なんてチェックしながら、

用もないのにテーブルも出してみたりして、

400円分のセレブ感を味わってきたのでした。

 

さて、占庭へおいでになった方はご周知のことですが、

うちの占いの見料は30分2500円です。

立地がとてもいいので、心配してくれている友人知人から、

「あの場所でその値段は安すぎるでしょ。値上げしたほうがいいよ」

と、よく言われます。

この値段設定は、大宮中立売の店舗でオープンしたときから変わっていません。

有名占い師でもないんだし、相場よりも安めの設定で、と考えたのと、

ちょっとしたことでも気軽に来ていただけるように、という思いもありました。

学割を設定しているのも同様の考えで。

3年後、四条高倉に移転し、維持費はハネ上がったのですが、

ありがたいことにお客さまも増えてきたので、

いまのところ値上げせずに、なんとか続けることができています。

 

占いのお店で、どれくらいのリピート率が標準なのかはわからないのですが、

占庭のリピーターさんの比率は他所よりかは高いのではないかと思います。

「こんなに頻繁に来るお客なんて、わたしぐらいじゃないですか?」とか、

「しょっちゅう伺って、すみません」とか、

ご予約のお電話で「いつもお世話になっています」とおっしゃる方とか、

もう、なんか恥ずかしいわ~ こんなに度々・・・・

って感じで来られる方がたくさんいらっしゃいます。

すみませんだなんて、とんでもない! ですし、

お世話になってるのはこちらですよ! という話です。

 

なかには占いというよりは、お喋りにいらしてるのかも、

という方も多いのですが、近況をお聞きし、カードを引いたりしながら

いろんな会話をするのがわたしも楽しい。

そうこうしている内に、お客さまの気持ちがスッキリされたり、

ほっとなさることもあるようなのですが、それはわたしの占いの力というよりは、

お客さま自身の気持ちが落ち着かれて、自然に整理できただけなんですよねぇ。

 

それはプロの占い師としてはどうなのか? 

って話なんですけど、そこに見料の価値を感じていただけているのであれば、

それもいいのかな、と思うことにしています。

 

ですのでやっぱり、そういう意味でも、いまの見料のままで、

できるところまで続けていきたいな、と思うわけなのです。

高い見料を頂戴できるほどの立派な占い師ではないし、

という自信のなさもあるけれども(あかんがな)、

このやり方がわたしらしいと思うし、占庭らしくもあるのかな、ということで。

京都芸術花火

6月に入りました。

今月末は、夏越しの祓(なごしのはらえ)です。

京都では、この6月晦日に「水無月」という和菓子をいただいて、

厄落としをします。

わたしはこの水無月が好物でして。(もともと、ういろうが大好き)

6月になれば、あちこちの和菓子屋さんに並ぶので、とてもうれしい。

ああ、京都でお店を開いてよかった! と思えるほどです。

倉敷に住んでいた頃は、まず売っていないので、

甘納豆を使うなどして、自分で蒸して作っていたんですよ。

どんだけ好きなん? ってことですけどね。

しかし、和菓子は季節感があっていいですね。

京都は特に、手づくりの和菓子屋さんがたくさんあってしあわせです。

 

5月30日に、淀にあります京都競馬場へ行ってきました。

お馬ではなく、花火を見に。

その名も「芸術花火」。格調高いでしょ。

f:id:uraniwamiyuki:20180603154643j:plain

 

いろんなジャンルの音楽にのせて、それはそれは見事な花火が打ち上げられます。

1時間弱の間に、なんと1万3000発!

しかも、超高級花火が目白押し。

色彩、大きさ、きらびやかさ、形状など、どれをとっても、

ああ、こんなん見たことないわ~~~ 

と、その美しさ、豪華絢爛さに圧倒され、ポカーンと見惚れるばかりでした。

その贅沢さたるやもう、いや~~~ すごかった!!

 

当日は朝から雨の一日で、午後からは上がるかと思っていたら、

夕方まで降り続きました。

わたしはあまり雨に遭わない晴れ女なので、きっと上るだろうと

高をくくっていたので、ええーーー と思っていたのですが、

開演前には、キッチリ雨雲は去りました。さすが、わたし。

 

まずは QUEEN の「I was Born to Love You」で始まりました。

幕開けにぴったりの曲で、ノリノリです。

が、ですね、次々に打ち上げられる華々しい花火を見上げながら、

強烈な違和感も同時に感じていました。

自分のなかの「打ち上げ花火を見る」デフォルトと違いすぎたんですねぇ。

だいたい花火っていうのは、夏祭りに見るものでしょ。

 

日中の暑さにぐったりした夜。

何これ、夜になってもなんでこんなに蒸し暑いん? 勘弁してほしいわー

とか思いながら、汗でベタベタする首筋にうちわで風を送りつつ、

むぅっとした空気の中で、夜空を見上げる。

間近で見られるなんてことはまずなくて、だいたい遠目。

見える花火と、聞こえてくる音に時差があるようなね。

しばらく続けてあがったなー と思っていたら、パタっと止まって、

あれ? もう終わりかな? と思うと、またあがる、みたいな。

そんなちょっとチープで、どことなくもの悲しいような、淋しいような、

夏の終わりが見えてしまった、という気持ちになるのが打ち上げ花火ってもん。

と体は認識していたんだ、ってことがよくわかりました。

 

けれども、今回の花火は、夏祭りの花火ではないし、

チケットを買って入場し、指定席で観る花火ですからねー

それも「芸術」と冠のついたショーです。

そりゃもう違って当然なわけで。

 

1曲目のQUEEN 以降のセットリストはこちら。

 

2 ハナミズキ 一青窈

3 前前前世 RADWIMPS

4 Hello Beyonce

5 HEY JUDE  The Beatles

6 Habanera(aria) Maria Callas

7 ベートーベン交響曲第9番二短調 第4楽章 →Pia-no-jaC←

8 おひさま 平原綾香

9 Survival Muse

10 My Way Frank Sinatra

11 誕生 中島みゆき

 

というバラエティに富んだ(というか見事にバラバラな)選曲でありました。

老若男女、いろんな音楽嗜好に合わせようとすると、こんな感じになるのかな。

クラシック、オペラ、ビートルズフランク・シナトラビヨンセ

中島みゆきって・・・・

もうちょっと一貫性があってもよかったんじゃないかなあ、

と思ってしまいましたけれどね。

花火に合わせるならば、

ビヨンセよりかは、マドンナ。ミューズよりかは、コールドプレイやろ。

と一緒に行っていた夫と意見が一致したのですが、

まあ、このへんは、好みの分かれるところでしょう。

 

このショーの醍醐味は、音楽と花火の饗宴。

音楽と合わせることで、花火がよりドラマチックに感じられます。

秒単位でタイミングを計り打ち上げる技術はすばらしい。

リハーサルはできない一発勝負。

関係者の方々は胃が痛いんちゃうかしらと、いらん心配をしてしまいます。

ただ、ちょっと残念だったのが、音楽で消されてしまう音もあること。

花火の消え際の、チリチリというような、かそけきあの音が、

情緒があって好きなもので。

 

視界の端から端まで、クッキリ、ハッキリ、キラキラとした花火を鑑賞し、

というか、その豪華さと美しさ、花火技術の進化にも圧倒され、

1時間ほどのショーは、まさにあっと言う間に終わりました。

 

なんとも、めちゃくちゃ贅沢なモノを見てしまった・・・・

という後ろめたいようなキモチとともに、帰路につくワタクシたち。

また観てみたいけど、莫大な費用がかかるであろうあのショーを

また観たーい♪ と能天気に言えないところもあって。 

けれども、一見の価値のあるものでした。実に実に。

すごかった、の一言に尽きます。

 

後日、KBS京都でテレビ放送があるってことだったのですが、

いつになるのかが、調べてみてもわかりませんでした。

テレビでも見てみたいです。

きっとまた、違った感じ方をするのだろうなと思います。

あの場でしか味わえないもの、テレビには映らないもの、

聞こえないものって、必ずありますしね。

音楽でもお芝居でもそうですけど、LIVEならではの価値は尊いです。

 

あまりにも間近で打ち上げられ、頭の上で開き、降るように落ちてくるので、

翌日は首が痛くなってしまいました。

ま、首の痛みも思い出になるかな。

 

こちらに動画も上がっています。

www.asahi.com