京都 四条高倉の占庭から

「数学の贈り物」森田真生著 感想文

久し振りのカテゴリ「読書」です。

いつもは、ずいぶん前に読んだ本の感想をUPしているのですが、

今回は今年3月に発行されたばかりの作品、そして読みたてほやほやです。

 

著者の森田真生さんについては、SNSで流れてくる情報の中で知っていて、

京都在住ということもあり、どういう方で、どんなことを書いてらっしゃるのか、

興味を持っていました。

数学の研究者の著作を読んだところで、果たしてわたしに理解できるのか、

そもそも読み切れるのか、、、、

というところで、ぐぐっとブレーキがかかっていたのですが、

随筆集ということで、読んでみようと思ったのでした。

 

158頁と、コンパクトな本なんですよ。

サラっと読めると思ったのが大間違い。

 

帯に、

「独立研究者として、
 子の親として、
 一人の人間として
 ひとつの生命体が
 渾身で放った、
 清冽なる19篇。
 著者初の随筆集。」

と書かれていたのですが、まさに「ひとつの生命体」であり、「渾身」であり、

「清冽」でありました。

 

34歳の若いパパでもある森田さんは、在野の研究者です。

数学の研究者が、在野で? いったいどういう形でお仕事をされ、

それでどのように生活をしてらっしゃるのだろう。

とそのあたりの下世話な興味が先走ってしまったワタクシ。

けれども、読み進める内に、そういうレベルの低いハナシちゃうねんな、

と汚れてしまった己を浄められるような気持ちになっていきました。

ええ、数学の話で。

 

なんかね、ヘンなやっかみも持たれそうでしょ。

そんなに若くして、家庭もあって、それで独自の研究をしていける、

ってなんだかとってもうらやましい。

きっと、ひたすらお勉強ばっかりしてきた、特別な頭脳の人なんでしょ。

むしろ特殊っていうか。

みたいなところで、庶民はバランスを取ろうとしちゃったりするし。

ところが、中高はバスケ漬けだったとか、帰国子女でバイリンガルだとか、

お写真を見ると、さわやかな美丈夫でらして、家事育児にも意欲的。

とくると、あまりにもスキなく完璧で、恐れ入ってしまいました。

しかも、オレってすごく頭がいいから、とか、キミたちとは違うから、

的なニオイがまったくない。

まっすぐに、真摯に生きてらっしゃる。

すごい34歳だなあ。ただもう尊敬するしかないです。

 

肝心の内容ですが、一般的な「数学」について語られているのではありません。

むしろ、哲学に近い。

数学で道徳や、規範を読み解こうとされています。

難しい。

その圧倒的な知力の格差に打ちひしがれながらも丁寧に読んでいけば、

おもしろく読んでいけます。(ほんとうに理解できているかは別として)

なるほど、と思うところ、子どもを持つ親として痛いくらい気持ちがわかるところ、

ああ、このように子どもの勉強に寄り添ってやればよかったな、と反省するところ、

いろいろありました。

日常を語りながら、数学を語りながら、ひとが生きていく意味や目的など、

精神の深淵を垣間見たような気持ちになります。

ええ、とても深い深い。

 

フランスの哲学者 フランソワ・ジュリアンさんとパリで公開対話をされたのですが、そのジュリアンさんの著作に触発された思いをこのように書いてらっしゃいました。
(以下抜粋)

 

 彼はこの本のなかで、「普遍」概念が形づくられてきたヨーロッパ固有の歴史を描き、「普遍」と似て非なる概念として、現代の世界に「画一的なもの」や「共通のもの」が蔓延している状況を浮き彫りにしていく。画一性の暴力に屈するのでもなく、狭隘な共通性に逃げ込むのでもない、第三の道を模索するために、彼は「普遍」の概念を再活性化していこうとする。そこで彼が提案する「普遍化可能であること」と「普遍化すること」の区別に刺激されて、僕は数学史における「普遍」について、再考をはじめることになった(この後の一連の思考は『新潮』2018年7月号に論考「『普遍』の研究」として寄稿した)。

 

難しいけれども、まったくわからないということはない。

考えていること、感じていることの表現方法や、

アプローチの手法がちがうということなんですね。

そして、それがふつうの思考の遥か高みにある、ということで。

そういう次元に触れられることも、読書の愉しみのひとつだなと思います。

それぞれのレベルで感じたり、考えたりすればいいのだし。

と、いまの世の中のあれこれにくたびれているこころと頭に染みわたりました。

こんな「癒し」もあるのだなあ、と新しい発見をした気分です。

反対する親

残暑厳しすぎるこのごろ、真夏のようなゲリラ雷雨が連日起きています。

少し気温が下がった今日は、その心配はいらないのかな、というところ。

先日の台風被害の大きかった千葉などは、まだ停電が続いていて、

この暑さで、水までも停まってしまっていては、参ってしまいますよね。

作業をされている方の体調も心配です。

去年、関西へやってきた台風が、生きた心地がしないほど怖かったので、

台風と聞くと、あの恐怖がよみがえります。

そして、同じような思いをされたであろう方々にお見舞い申し上げます。

一日も早く、日常が戻られますように。

 

 

さて、親子、夫婦、兄弟姉妹など、血縁関係が円満な人と、こじれている人が、

相互に理解し合うということは、とても難しいと思います。

特に、こじれてしまっている人が、円満な人から理解を得るのが難しい。

当人にしかわからない確執、当人しか知らない過去の事柄を明らかにして、

なぜこじれを解消できないのかを説明することが、そもそも難しいし、

その上で理解を得ることはもっと困難です。

ここは、あんまり訴えたりしないほうがいいのかなあ、と思うほど。

その困難を乗り越えて、円満な人からの理解を得たところで、

それが何になるのか、というと、大きな成果、ってことでもないような気がします。

それよりかは、こじれている者同士で、ほんと大変だよね、大変だったよね、

と励まし合ったり、慰め合ったりするほうが、むしろ建設的なのではないか、

と思うくらいでね。

 

困難な親のひとつのパターンとして、

とりあえず、リスクの高そうなことには何でも一旦、反対したい、

という人がおられます。

この場合の反対の理由は、大きくふたつ。

もし、うまくいかなかった際に、

「だから言ったじゃない。だから反対したのに。」と言いたい場合と、

「親に反対されたくらいで諦めてしまう程度なら続かないから」

という観点で、一度、出鼻をくじいてみるという場合。

 

これはどちらも「親あるある」であり、迷惑な話です。

親の責任として、「ちゃんと育てなければ」と思ってらっしゃるわけです。

けれどもそれは、親御さんが思うところの「間違っていない道」だったり、

「無謀ではない無難な生き方」への誘導になりやすい。

実のところは親側が不安材料を払拭し、安心したいためなのだけれど、

「あなたのためを思って」「わざわざわかっている苦労をさせたくないから」

というコーティングを施されて伝えられます。

 

ではそこに、愛はないのか、というと、あるからややこしい。

親は子どもに幸福になってほしいと願い、

子どもは親に喜んでもらいたいと、健気に考えていることが大半です。

それじゃあ、どうしたらいいのさ、となりますよね。

 

こうすればよい、これがあれば大丈夫! 

なんて正解はあるわけないのですが、わたしが思うのは、

『何があっても生き抜くしなやかさと度胸』を身に着けられたらかなり強い、

ということです。

成功へとまっすぐに伸びた一本道なんて、あるはずないんです。

枝分かれはいっぱいしてるし、迷路みたいに行き止まりの道もあります。

行きつ戻りつしながら、歩いたり走ったりしてきた道が、

振り返ると自分の一本道になっていた、というのが人の一生なのでしょう。

それならば、折れず、倦まず、あきらめず、なんとかして生きながら、

自分らしい道を探していく柔軟さと、現実を受け止めるハートの強さがあれば、

大きく逸れた道へ踏み込んでしまうことはないんじゃないかと思うのです。

 

親御さんには、そういうお子さんに育てようと思っていただきたいし、

子どもさんは、そういう大人を目指してもらえたらいいなと思うんですよ。

それは親子ともに、本当の意味でタフになれる道でもあるのではないかなあ、

と思うので。

 

「タフでなければ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない。」

と言ったのは誰でしたっけ。

そうあれたら、ほんとにカッコイイし、できれば目指してほしいです。

目指すことは誰にでもできるので。

経験を積む・慣れるということ

ラジオからウルフルズの「大阪ストラット」が流れてきて、

おおー 久し振り~ と頬がゆるみました。

この曲をよく聴いていたころは、まだ倉敷に住んでいたんですけど、

いまは大阪に住んでいるので、地名や店名が、ああ、あそこね、

って、リアルなんですよ。

そうすると、曲との距離感みたいなのが、全然違うなあ、と感じます。

それは田辺聖子さんの小説を読んでいてもそうなんです。

最近、読み返してるんですけど、大阪を舞台にしている小説が多くて、

土地の持つ熱とか、勢いとか、肌で感じる気配のようなものが、

グッと迫ってきます。

ああ、わたしも大阪っていう土地に親しんできてるんだなあ、と実感します。

 

そして、それは京都でも同様で。

占庭は京都にあるので、週4で通っている内に、道もお店も覚え、

タテヨコの通りの名前でだいたいの場所が把握できるようになりました。

その場所で時間を過ごす、というのは、えらいもんですね。

なんとなく身に着いてくるもので。

 

そうして、その場に身を置くとか、回数を重ねるとか、

時間をかけ、経験を積んでいくことで自然に体得するものもあれば、

そうすることでしか得られないナニモノか、っていうのもありますよね。

仕事でいうならば、技術や技能はまさにそれなわけで。

 

占い師という仕事も、どれだけたくさんのゲストを観て、お話ししたか、

その経験の積み重ねが一番の勉強です。

見料というお金を頂戴しながら、データを収集しているようなものです。

ありがたいことですよね。

それをその後に活かしていくことで、お客さまに還元することができ、

かつ、占いの技量も上がっていくのだと思います。

 

けれども、経験を積むことは、慣れていくことでもあります。

慣れることは悪いことではないのですが、

それが安易な予測につながらないよう、注意も必要です。

また、長くやっていく内に、知らず知らずに妙な垢のようなものが

ついていってしまうこともあるかもしれません。

そうなっても、たぶん自分では気がつかないだろうと思うのです。

それはとってもとってもイヤなことなので、そうならないよう、

時々、立っている場所を自分で確かめ、心の鏡に自分を映してみてですね、

ありたい自分らしくいられているかな、とチェックしなければ、

と思っています。

 

ですので、

最近のみゆきさん、ちょっと変わってきた気がする、、、、

と感じられた場合は、ぜひ指摘してくださいね。

猛烈に反省しますので。

占いのリピーターさん=占い依存ではないです

お盆休みが明け、日常へ戻った方も多いのではないでしょうか。

お子さんがおられる人は、夏休みもあと少しという方と、

もう新学期が始まってやれやれという方があるようですね。

占庭はお盆休みはないのですが、先週末は、同級生の小さな集まりがあり、

それに参加方々、弾丸帰省してきました。

お盆休み後半だったので、高速道路もスイスイ快適だったのですが、

暑さにやられてしまって、なんだかクタクタになってしまいました。

体力が衰えているのでしょう。やっぱり年齢には抗えませんねぇ。

暑さを甘く見たらあかんなと身に染みました。

 

今週末も車で、もっと遠方へ出掛ける予定なので、

保冷剤なども持参しようと思っています。

ということで、24(土)25(日)は、連休いたします。すみません!

 

さて、

占いに来られる方というは、

迷いや悩みがあり、苦しくてたまらない、という方が多いです。

そんなん当たり前やん、と思われるかもしれませんが、

そういう方ばかりでもないんですよ。

特に切羽詰まった悩みはないけれど、占庭に行って、

「自分の考えや思いを話してみるのが目的」という方も、

実は少なからずおられます。

 

他人に話すっていうことは、自分の考えをわかってもらえるよう言語化する、

ということであり、要点や、強調したい点はどこか?

などを整理する必要があります。

そこで、話す相手は誰がよいか? となるわけですが、

自分をよく知る友だちとか、上司とか、家族がよい場合もありますが、

利害関係のない、まったくの他人のほうがよいことも多いのです。

なおかつ、そこそこ自分を客観的に理解してくれている人であれば、

自身を冷静に見つめ直すことができ、自分も含めて客観視することができる、

というメリットもあります。

そこで馴染みの占い師の登場です(笑)

 

占い師は、話を聴いた上で、その時々の運気の流れを重ねたり、

カードを引いたりして、まったく違う角度からのアプローチもプラスするので、

占い師と話してみる、というのは、それなりの意味があるのかなと思っています。

というか、リピーターさんは、ほぼみなさん、そんな感じなので、

たぶんそうなのでしょう。

たまに、占いはほとんどしなくて、話すだけ話して、見料支払ってお帰りになる、

なんて方もおられるくらいです。

 

占いのリピーターさんとか、ヘビーユーザとかいうと、

依存してるんじゃないかとか、自分で決められなくなっているんじゃないの、とか、

思われるかもしれませんが、逆なんですよね。

自分で決めるために、占いも利用し、占い師とも話してみるんです。

その過程で、ご自身の意思が確認できたり、違う視点を得られたりするわけで。

 

その間、わたしはというと、的確なアドバイスをしなければ、

なんて全然思ってないし、むしろなるべくそれをしないよう心掛けています。

占い師がアドバイスをするなんて、おこがましいし、

そういうのって結局は占い師のアドバイスではなく、

わたし個人の考えのアドバイスをしてしまう、という危険を伴っています。

それはちょっと出しゃばりすぎ。

 

じゃあ、何を話すのかというと、質問です。

「それって、こうしたいと思っているということ?」

「どこが一番耐えられないポイント?」

「そのなかで優先したいことは何?」

ということを尋ねていくのですが、それも答えを見つけるためというよりは、

わたし自身がお話を聴いていて疑問に思ったことや、

曖昧でよくわからない部分をそのまま尋ねているだけのことなんです。

そうすると、ゲストの方は、そこで自分にもう一度問いかけ、

返答を提供しようとされる。

 

こんな作業をまさか占いのお店でやっているとは、知らない人も多いだろうな、

と思います。

未来を予言するのでもなく、心理カウンセリングでもなく、

自分で答えや方向性を見出すための、ひとつのツールとしての占いもある、

ということを知っていただけるとうれしいです。

 

霊視力や霊感のないわたしが占い師をやっていくためには、

占いの知識とそれを生かすための知恵を積み上げること、そして、

よい質問をする力を養うための努力を怠ってはいけない、っていうことなんですね。

そう書くと、なんか修行みたいでつらそうですけれど、そんなことはないですよ。

いろんなお話が聴ける占い師という仕事はほんとうにたのしいですし、

こんないい職業はほかにないだろうと思っているくらいです。

(あくまでも、わたしにとっては、ということですけれどね)

 

あ、それと占い師になりたいという方、結構おられるんですけれど、

生活が成り立つほどの収入を得ようとすると、それは並大抵ではありません。

だいたい、儲かる職業ではないんですよ。

どんな仕事でもそうですが、ラクして稼げるってことはないですね。

たのしいなあ、だけで、お金がジャンジャン入ってくるなんて話、

あったら、怪しまねばなりませんものね。そこは占い師も同様です。

台風にご用心

猛烈な暑さのなか、超大型の台風が西日本へ向けて迫ってきています。

進路がなかなか定まらず、動きも遅いため、予測ができにくいようですね。

昨年、近畿地方を直撃した台風があまりにも怖かったので、

大きな被害が出ないといいのだけれど、、、、と不安です。

 

明後日の木曜あたりが一番、影響が出そうなのですが、

占庭もお店を開けられるかどうか気になるところです。

ご予約もいただいていますが、お客さまもわたしもまだ判断しかねる状況ですし、

いましばらく行方を見守るしかないですね。

今週末は、土曜日の午後から日曜にかけて、休ませていただきますので、

木曜を台風でお休みにしたくないところなのですけれどねー

 

昨年末に出した本をお読みくださった方が、たくさんおいでくださり、

夏になっても、まだぽつぽつそういうお客さまが続き、

このお盆にも遠方から数名、いらしてくださいました。

ありがたいです。

本は毎月、新刊が発売され、売れそうにない本は版元へ返される運命。

書店の書架スペースには限りがあるので当然です。

わたしのような無名の占い師の本をまだ置いてくださっているところがある、

というのは、オドロキでしかありません。

フシギなご縁でつながった方を大切にしなければ、と思います。

 

ところで、全然、話は変わるんですけど、先日、以前から一度行ってみたい、

と思っていたお店にやっと行くことができたので、紹介いたしますね。

京阪・三条駅近くにある「篠田屋」という小さな食堂です。

レトロを狙ったのではなく、古いものを大事にして長年営業されてきた結果、

古びるのではなく、味のあるお店になっていた、というお店。

実にええ感じなんですよ。

ここの看板メニューは、昔懐かしい味わいの中華そばと、皿盛です。

  こちらが、その皿盛 ¥650(税込) ↓

f:id:uraniwamiyuki:20190813150737j:plain

 (どうしてもピンボケになるのは、もしかして才能?)

 

一見、カツカレーなのですが、カレールゥがかかっているのではなく、

カレーをお出汁で伸ばしたカレーあんがかかっています。

ですので、見た目よりもあっさりしています。

そして、辛いって感じではないけれど、意外にスパイシー。

おいしいです。

 

11時半オープンで、45分くらいに行ったのですが、もう満席で、少し待ちました。

薄いカツはカリカリで、ビフカツにもしてもらえます。

長い間、誠実なお商売をしてこられたのだなあ、と感じられる店内です。

そういえば、わたしが子どものころには、こういう食堂、たくさんあったなあ、

と懐かしく思い出しました。

 

こちらのブログに詳しく紹介されていましたので、ご興味のある方はどうぞ。


www.hotpepper.jp

 

おすすめです~

自由と平和

本日の京都の予想最高気温、39℃ですって。

なんかもう甚だしい暑さですよ。

そんな中、知恩院さんにお参りに行ってきました。

朝から歩いて顔がドロドロになっても困るので、この季節はちょっと贅沢。

京阪三条駅からタクシーを奮発します。(というてもワンメーター)

今年も蓮がきれいに咲いていて、 写真を撮ったものの、

蓮の美しさよりも、陽射しの強さと暑さがより伝わるかと・・・・

f:id:uraniwamiyuki:20190811133110j:plain

うーーーむ。相変わらずの写真下手。

 

お盆の帰省シーズンで、昨日から高速道路はえげつなく混んでるようですね。

毎年、この時期、ジャティックの道路交通情報を見ずにいられません。

来週は西日本に大型台風がやってくるようだ、ということもあってか、

前半に交通量が集中したのかもしれませんね。

今朝も渋滞の赤いラインがぐんぐん伸びていました。

午後になってからのほうがまだマシなようです。

けれどもそうなると、暑さがねぇ、、、、

いずれにしても、車で帰省される方は、どうぞお気をつけてくださいね。

 

8月、子どものころは、戦争関連の番組が増えるのがイヤでした。

暗くて、つらそうで、怖くて。

 もういいじゃないの、そんな昔のこと。

 戦争なんてもう起きないだろう。見たくないよ。

と思っていたんですね。

けれども、最近はもっと伝えていかないと、と真剣に感じるようになりました。

 

わたしの両親は、終戦時、小学4,5年生でした。

戦時中は子ども時代だったわけです。

それでも、周りの大人たちがどうだったか、生活がどうだったか、

そういう時代の空気感は、しっかり記憶している年齢です。

そんな年代の親たちは、戦争についてどう考えていたかというと、

「あんな悲惨なことは二度とあってはならない」であり、

「戦争がいかにむごくて、愚かなことか、誰もが身に染みたはず」だから、

さすがにもう二度と日本が戦争をするなんてことはないだろう、

というものだったように感じます。

なので、わたしも、また戦争へとつながるような時世には、

少なくともわたしや子ども世代の間には、至ることはないだろう、

と思い込んでいました。

 

けれどもここのとろ、それはすごく甘い希望的観測だったかもしれない、

と不安になるようなことが、続いています。

ほんとうに怖い。

怖いけれども、ただ恐れて、目と耳をふさぐのではなく、

NO!という意思表示と、戦争を選ばないためには、いまどうすればよいのかを

ちゃんと考えないとだめですよね。

 

以前読んだ、近未来小説のなかで、AIが支配する世の中になれば戦争はなくなる、

という話がありました。

AIが発達すれば、敵対するどちらものコンピュータが計算するわけですよ。

戦争になれば、どれくらいの損害があり、どちらに勝機があるのか。

その答えが出た段階で、合理的な落としどころをまた計算で出していくので、

戦争には至らないと。

AIにはメンツや、プライドや、意地はありません。

それらに流された間違った判断や暴走がないのは、悪くないな、とも思えます。

それならいっそAIがつくる社会のほうがいいのではないか、

なんて思ってしまったのですが、人間が思い描く理想の社会と、

AIの目指すところはおそらく同じではないでしょうしね。

というか、AIが地球を支配するようになったら、

AIは何を守ろうとし、何をつくろうとするんでしょうか。

なんてことを考えるのも、この世にSF小説があるからで、

それを読み、こうして文章にできる自由があるからですよね。

自由も平和も、当たり前にそこにあるわけじゃない。

先人のたいへんな努力や苦労の末にもたらされ、

幸運にもたまたまそういう時代に、わたしたちは生きている、

ということを忘れないようにしなければ、と思うのです。

8月の臨時休業と子ども電話相談

遅い梅雨明けとともに、強烈な真夏がやってきまして、

いつの間にか8月に入っていたんですねぇ。

なんか今年は実際の月日と体感がマッチしてないというか、

フィットしてないというか、なんかそのズレが解消されないまま、

飛ぶように日々が過ぎているように感じます。

いや、それは季節に心身が追いついてないだけなのかもしれませんけどね。

えっと、これは老化、ってやつですか?

 

ということで、ブログの更新もますます滞りがちになっておりましてすみません。

しかし、この暑さの中、占庭は忙しくさせていただいておりまして、

まことにありがとうございます。

ここ数年、夏休みは取っていなかったのですが、

今年は久し振りにちょっとだけ涼しいところへ旅して来ようと思っています。

8月は、18(日)・24(土)・25(日)を臨時休業させていただきます。

ただでさえ週4日しか営業していないので、休んでばっかりやん、

と思われるかもしれませんが、どうかお許しください。

 

先日、運転中にラジオから「夏休み子ども科学電話相談」が流れてきました。

昔やっていた「全国こども電話相談室」ファンだったワタクシ、

前のめりに聴き入ってしまいました。

 

あの質問に答える先生というのは、大変ですね。

子どもの予想外な角度から繰り出される質問に向き合うのは、

まあ、専門家としては望むところかもしれませんが、

子どもってのは予定調和なんて概念はないですから、

一生懸命に語り掛け、コミュニケーションを取ろうと図る先生に対し、

とても自由なスタンスで対応するんですよねぇ。

しばらく無言、なんていう、

 これラジオだから!!

と聴いている方がハラハラする、関係者の方々は冷や汗が流れてるんちゃう?

なんて局面も多々あります。

質問に的確に答えるよりも、音声だけの初対面の子どもとやり取りをする、

そして、大人も子どもも納得できるまとめまで達する、っていうのが、

大変難しいだろうなあ、と思いました。

まあ、その苦労なさっているさまを見守るというか、聴き守る(?)のも、

この手の番組のおもしろさのひとつなのかもしれませんけれどね。

専門の先生方が、子どもの質問に嬉々としてお答えになってるのも、

なんだか聴いていて微笑ましいような、楽しい気持ちにもなります。

 

で、聴いていましたらね、質問された先生は、科学的な根拠のある内容と、

ご自身の考えを併せて、質問者に誠意を尽くして答えてらっしゃいました。

子どもにもよくわかるように、正しい説を納得してもらえるように。

それはもう丁寧にアプローチして、正解へと導こうとされていたんですよ。

しかしながらですね、空気を読むなんてことは、子どもにとっちゃ邪道です。

先生が持てる球はすべて投げたあたりで、もういいだろうと、

「〇〇くんはどう思ったかな?」

と問いかけたその答えが、

 ねぇ、いまの話、聞いてた? 

って言いたくなるような返事、という場合もあるわけです。

たまたまわたしが聞いてた時が、まさにそれで、

ありゃりゃ~~~ それはないやろ~ あんなに説明してくれてはったやん~ 

と思った瞬間、その先生が、発した言葉が、

「えっ、マジですか、、、」

だったので、運転しながら笑ってしまいました。

お気持ち、お察しいたしますとも、と。

 

けれども、どのお子さんたちも、みなさん回答を得た後は、元気よく、

「ありがとうございました!」とさわやかに電話を切られます。

先生のほうは、スッキリした気持ちになれない場合もあるやろなあ。

これは大変なお仕事だなあ、と思った次第です。

ぜひ来年も続けていただきたいです。