京都 四条高倉の占庭から

くふうしよう

今朝は久し振りに ”京都でモーニング” の日曜日。

先日、デヴィッド・ボウイの写真展が開かれていたホテルアンテルーム京都さん。

モーニングがとてもいいらしいよ、という話を聞いていたので、

一度行ってみたいねと話していたのでした。

 

こちら 

f:id:uraniwamiyuki:20170723130536j:plain

(左下部が謎に切れてる・・・・どうしたらこんなことに??

 やろうと思っても二度とできないんですけどーーー)

 

そう、オシャレな雰囲気があふれていますでしょ?

アヴァンギャルドでございましょ?

 

まず、入ってすぐのロビーでひとり千円のモーニングチケットを買い求めまして、

レストランへと。

モーニングはこんな感じ。 

 

hotel-anteroom.com

 

ピタサンドやクロワッサンサンド、スムージー、シリアルなどのメニューから、

ひとつ「主食」にあたるものを選びまして、

ドリンク、サラダ、スープ、ヨーグルトはセルフバイキング。

このバイキングがシンプルながらも充実していて、

そのフレッシュさと清潔感がすばらしい。

もちろん、お味も言うことなし。

 

ホテルらしいゆったり落ち着いた雰囲気、過不足ないホスピタリティと、

実に居心地のいい空間でした。

いや~、よかったわー

リピ決定。

お近くの方、おすすめですよ。

 

では、占いの話をしましょうか。

ここのところ、似た星回りのお客さまが重なっていたので、その星について。

 

生年月日から命式という、星の配置表というか、運勢表を作成するのですが、

ココにこの星が入っている人は、ムリせずなんとかなる人生を歩めるだろう、

という、うらやましいような安全パイな星の配置があるのです。

この「ムリせずなんとか」の意味は、本人が、ってことなので、

本人がムリせずにいることで、伴侶や家族など周囲の方が必死でなんとかしている、

という場合も含まれます。

なので、周囲の人にしてみれば、

もうちょっとムリしようよ、頼むから。

と思わされる人という可能性もあるわけですね。

これは、まずいパターン。

 

で、ですね。

この「ムリせずなんとかなる」星を周囲に迷惑をかけずに活かすポイント、

というものがあるのです。

そこをこの星の持ち主の方には、ぜひ知っておいてもらいたい、

と占い師は、周りの方々のためにも願わずにいられません。

 

そのポイントはですね「日々、工夫する」ということなのです。

うん。よくわかりませんよね。

ご説明します。

 

日々の生活や、お仕事をするなかで、ちょっとしたアイデアやアレンジで、

ぐっとラクになったり、楽しいものに変わっていくことがあります。

その場の空気が張りつめていたり、ギスギスしていたりするときに、

視点を変えたり、アプローチの仕方を少し工夫をしてみる、

ということで、すうっと風が通ることって、ありますよね。

そんな感じです。

雰囲気にのまれてしまうのではなく、そこでちょっとした「工夫」を凝らしてみる。

工夫を楽しむ心の余裕をもつ、ということ。

そうすると、その余裕が潤滑油となり、人間関係をスムーズにしてくれます。

それによって、自然にムリせずなんとかなる人生へとつながる流れが作られていく、

ということらしいのです。

 

ですので、まずは「工夫」を凝らす。「工夫」を楽しむ。

というのがポイントになってくる、というわけなのです。

工夫なんていう、どうってことないことで、

ムリせずなんとかなる人生を手に入れられるって、

なんともラッキーな星回りですよねぇ。

うらやましいです。

わたしも工夫するのは大好きなので、こんな星がついていたなら、

今ごろ、つるんつるんにスムーズな人生を歩んでいたんじゃないかと思います。

残念。

 

けれども、そういう星がついていない人も、日々の生活を楽しむ工夫ってのは、

したほうがいいですよね。

大半の人が、毎日ごはんを食べ、排泄もし、勉強したり、働いたりして、

お風呂に入って、寝る。

みたいな、大きなルーティンの毎日です。

そのなかで、工夫する余裕、たのしみを見つけようとする心がけが

ある人とない人とでは、やっぱり潤いっちゅうもんが違う気もします。

つまんないー つまんないー と思って生きてたら、

おもしろいものもUターンしていってしまうんじゃないですかねぇ。

ちょっとした工夫をして自己満足にひたる、というのは実はイイことなんですよね。

ですので、よくいるダジャレ好きな人とかね、ゆるしてあげましょう。

あれはあれで意味があることなんですよ。

しつこいようですが何度でもいいますよ

最近はそれほど見かけなくなった、トイレットペーパーの三角折り。

「掃除しました」印でもあるらしいのですが、

ひと昔前は、そうしておくのが次の人への心遣いである、

みたいなマナー的圧力がありました。

わたしはめんどくさがりだし、劇場などのトイレなどでは、

「こんなん折ってるヒマがあるなら、さっと出てきてー!」と思うタイプ。

先日、

「三角折りは不衛生なのでやめて!!」というネット記事を読んで、

ほーーー、なるほどーーー、と思いました。

用を足した後、洗っていない手でトイレットペーパーを触るということで、

もしかしたら何らかの「菌」が付着する可能性がある、ということらしいです。

たしかに、ノロとか、まったくないとは言えないですよね。

なので、気にする人は、折ってある部分をちぎり捨てて使うのだそうで、

二度手間になるし、ムダだからやめて欲しい、書いてはりました。

な、なるほどね、、、、と思うものの、そこまで気にしてたら、

不特定多数の人が使用するトイレで用を足すのは、大変だなあ、

と思ってしまうのは、わたしがテキトーな性格だからですかね。そうですね。

 

さて、このブログにも何度も書いてきたことを再度書きます。

と申しますのも、多過ぎるからです。

自分への点数が辛すぎる人が。

 

恋人がほしい、結婚相手と出会いたい、と思ってらっしゃる人に、

「いま、自分で自分に点数をつけたら百点満点で何点ですか?」

とよく訊ねます。

「誰にも発表しないんだから、いい点つけてね」と言うてもなお、

「50点くらいかな・・・・」とおっしゃる方がとても多いです。

そういう方は「自信がもてない」と思ってらっしゃるのと同時に、

控えめで謙虚な人、ということに間違いありません。

感じのいい方なのに、なんで50点?と不思議でしょうがない人ばかり。

ちょっとキビシイことを言わせていただきますとね、

「50点」と評価することで、安心しようとなさっているところも

あるんじゃないかと思うんです。

「どうせわたしは50点くらいの人間だから、こんな毎日なんだ」って。

 

 がんばってない自分が悪い。

 もっと欲をもてない自分が悪い。

 

とうまくいかない原因をすべて「自分」にすることで、

気が済んでしまってはるんです。

全部悪いのは「自分」って。

 

それはね、ほんとーに、ご自身に対して失礼だなと思うんですよ。

ちゃんと働いて毎日を生きていく、それだけでも大仕事です。

そこをまずはちゃんと評価すべきなんじゃないかと思いますよ。

 

「自分は50点と思っていたら、50点くらいの人と出会って、

 50点くらいの恋愛をして、50点くらいの結婚をして、

 50点くらいの人生になる、って言われてるのよ。それでもいい?」

とお訊きすると、みなさん、それはイヤとおっしゃいます。

イヤ、というお顔をされると、ホッとします。

「それでもしょうがないですね」とか言われると困ってしまいますから。

 

それに、自分は50点と思ってらっしゃる方でも、

「それじゃあ、あなたは50点の男の人を好きになる? 結婚したいと思う?」

とお訊ねすると、それもイヤ、とおっしゃいます。

ここでも、よかった、と思いますね。

50点の人ではイヤだ! という気持ちは正しいし、よいことです。

そのためには、自分も50点くらいだし、という評価ではいられない、

ということにつながるので。

 

自己評価というのは、誰かにしてもらうものではないので、

自分対自分の個別懇談のようなものです。

外向きの自分、内向きの自分双方が向き合うような。

そこに他人の目線を入れる必要はないんです。

誰だって、自分好きなところもあるし、ここはほんまにイヤな奴、

って思うところだってあるはずなんですよ。

そこを一旦、全部ぶちまけてみて、好きなところは好き、と思ってみる。

客観的にイヤと思えるところは、少しずつ克服する努力をしようと

ちゃんと決意する。

その上で、がんばってる部分をよりクローズアップして褒めてあげてください。

 

 よくやってるよ、ワタシ。

 

って。

スタートはそこからです。

80点、90点のパートナーとめぐりあうためにも、

自分自身にちゃんとよい点をつけてあげてください。

これはもう、お願いですから、と言いたい。

しあわせをつかむのに、遠慮なんかいらないんです。

ガツガツしてほしいというのじゃないんですよ。

自分に遠慮をするのは、無意味であるし、

自分自身をないがしろにしていることにも通じてしまうのよ、

ってお伝えしたいだけなのです。

みんな、しあわせになってほしいの!

bearhoff さんで おでかけ鑑定でしたー

音楽活動をされている知人が、はてなブログを始められたので、

初めて「読者」になってみました。

「読者になる」とそのブログが更新されたら「購読中のブログが更新されました」

ってお知らせがきます。

「購読」というからには、なんらかの支払いが生じるのかと思ってたのですが、

そうではないんですね。

タダなら「購読」はヘンじゃない?と思うんですけれどねぇ。

ええ、無料なのはありがたいですけれども。

 

昨日は神戸・元町のbearhoff さんでの「おでかけ鑑定」でした。

またたく間に埋まってしまった15枠のご予約のお客さま、みなさまが、

時間通りにおいでくださったので、時間がズレていくこともなく、

非常にスムーズに観せていただくことができました。

日頃、京都の蒸し暑さはどうしたもんか・・・・とうんざりしていたのですが、

なんのなんの。神戸も相当に暑かったです。

そんな暑さのなか、足をお運びくださり、ほんとうにありがとうございました!

 

bearhoff さんの店内はこんな感じ。

すごーく素敵なんですよ~

 

f:id:uraniwamiyuki:20170718171154j:plain

このコーナーは手づくり作家さんのアクセサリーがいっぱい!

どれもめちゃくちゃかわいいんですよ。

 

 

f:id:uraniwamiyuki:20170718171148j:plain

こちらはムーミンなどの北欧雑貨。

奥に見えるのは、くつ下。

このくつ下がとてもいいらしいと聞いていたので、買ってみました。

サイズ豊富なのがうれしい。

わたしは体型を裏切るコンパクトサイズの足なので、

最近の女性の平均的なくつ下のサイズ・23~25㎝では大きすぎるんですよ。

こちらには21~23㎝というサイズもあって、ありがたい~

色と長さもいろいろあるので、迷って迷って2つを選びました。

 

そして、お店の真ん中になぜか小屋があるんです!

f:id:uraniwamiyuki:20170718171122j:plain

 

昨日はこの小屋の中で占いをさせていただきました。

密室ではないけれど、この個室感!

落ち着いて観ることができました。

なによりも、こんなかわいいスペースで占う非日常感!

たのしかったです。

 

お店のインスタグラムを見て予約してくださった方が多くて、

インスタってたくさんの方が利用してらっしゃるのだなあと驚きました。

わたしはほら、写真がアレなもので、やってないんですけれどね・・・・

 

bearhoff さんのお店のイメージもあると思うのですが、

お客さまもみなさんオシャレさんが多くて。

わたしも行ってみて初めて知ったのですが、周囲のお店もみんなオシャレ。

かわいらしい雑貨屋さんや、お洋服屋さん、パン屋さん、バッグ屋さんなどなど、

入ってみたいお店が目白押しなんですよ。

古~いビルの中に、小さなお店がたくさん入っていたりして。

お仕事ではなく、ゆっくりお店めぐりに来たいなあと思いました。

神戸はちょっとした遠足気分を味わえる距離でもありますし。

 

店主の美栄さんと、よく似てらっしゃる妹さんに、大変お世話になりました。

どうもありがとうございました!

同じ生年月日だと同じ運命になるの?

今日は三連休初日というよりかは、京都は祇園祭の宵々山ということで、

朝から大変な人出です。

予想最高気温は36℃だそうで、雨でないのはよいことですが、

熱中症に注意が必要です。

まだ体が暑さに慣れてないところですし。

 

さて、明後日、月曜日の海の日は、神戸のbearhoff さんでの、おでかけ鑑定の日。

こちらの予想最高気温は31℃と、ちょっとは控えめな感じですが、

暑い中おいでくださるみなさま、どうぞお気をつけていらしてください。

 

4月の終わりごろに、クラウドファンディングのリターンについて書いていたのを

覚えてくださっている方もおられますでしょうか。

先日、タロットリーディング会を開きましたイベントスペース「緑と星」さんの

立ち上げ時のクラウドファンディングのリターンに、

占庭の占いも加えてもらっていたのでした。

こちらは、3,000円の支援に対して、占庭での占い30分をリターンしますよ、

というもの。

折角の機会なので、普段はしていないサービスもしてみましょうということで、

15分ずつお二人分で30分でもOKという枠も設けました。

その占いのリターンの期日は、今年中に、とゆったり設定しています。

 

で、5月から少しずつ、いらしてくださっています。

たくさんあったリターンの中から占いを選ばれたのだから、

きっと占い好きな方なのだろうと思いきや、その逆で。

「占いは初めてなんです」という方のほうが多いんですよ。

おもしろいですね。

 

先日は、支援された「パトロン」さんから占いをプレゼントされた方が

おふたりでお見えになりました。

このおふたり、お友だち同士なのですが、生年月日がまったく同じ。

そう。同じ日にお生まれになった方なのでした。

 

生年月日を元にした占いは、同じ生年月日であれば結果はまったく同じ、

ということになり、

それじゃあ、運命もまったく同じってこと?

と思われがちですが、そんなことはありません。

世の中にたくさんおられる、双子さんは、同じ日に同じ場所で同じ両親から

生まれてらっしゃるけれども、同じ運命を生きるということはありませんものね。

それはもうみなさん、ご存知のことで。

 

生まれた日の星の影響はほぼ3割と言われています。

生年月日をもとに、命式と呼ばれる運勢表のようなものを作成するのですが、

そこから読み取れるものの3割程度が、その方の運命に表れるということ。

ですので、Aさんに表れる3割の部分と、Bさんに表れる3割の部分は、

それぞれ違います。

もちろん、重なる部分もありつつ、そうでない部分もたくさんある、

ということですね。

では、残りの7割ほどは何に影響されるのか、といいますと、

遺伝・環境・教育・しつけ・どんな人と出会ったか・努力したか怠けたかの他、

占い的には、家相・墓相・人相・手相なども加わるとされています。

同じ生年月日であっても、運命が全然違うのは当然だと、

おわかりいただけると思います。

 

このように生年月日がまったく同じおふたりを同時に観る、

という機会はあまりないので、占い師として、とても興味深く楽しい時間でした。

おふたりの命式で特徴的だったのは、実家・婚家、どちらの親御さんの面倒見も

かかってきやすいということ。

たとえ旦那さんが次男、三男であっても、その役割を担うことになるだろう、

という星がついていました。

お墓のお世話もあるけれど、その分、ご先祖さんからの加護も受けてらっしゃる。

こういう方は、事故や大病に遭ったとしても、奇跡的に救われることも多いのです。

今回のお二方も、まさにそんな運命をたどっておられました。

不思議なことに、手相も少し似てらして。

 

それ以外にも、特殊な意味のある星があって、

40~47歳の間に、ガラっと生活や生き方が変化するかも、

というのをお持ちだったんですね。

これは、本当に出方が人それぞれなので、どういう出方をされたのか、

もしくは、影響がなかったのか、をお聴きしたかったのです。

そうしましたら、どちらの方も、その時期旦那さんが単身赴任されていた、

ということが判明しまして、一同、えええ~~~~~! でした。

それで、一時、生活がガラリと変化していたということで。

そんな偶然があるんだなあ、とわたしもびっくりな事例でありました。

 

というわけで、リターンのお二人同時占いで、

とても興味深いお話を聴くことができ、わたしにとってはよい勉強になり、

また、おふたりがとても素敵な方で、楽しい時間を過ごさせていただき、

一石何鳥にもなったのです。

このプレゼント占いがなければ、お会いすることはなかったかもしれません。

ご縁というのは、ホントに不思議なものだなあ、

とまたしても思ってしまうのでした。

「ムリしないでネ」 again

祇園祭に照準を合わせたかのように、恐ろしく蒸し暑い京都になっています。

今日は鉾の試し曳きも行われたようで、

昼間の観光客もぐっと増えていくタイミング。

今年は宵山から山鉾巡行までが三連休と被っているので、

それはそれはすごいごった返し様なのではないかと予想されます。

明日も予想最高気温は36℃だとか。

か、、、、過酷なお祭りですね。

 

3年前に大宮中立売の店舗から移転し、グーグルマップの訂正を申請していました。

何度申請しても、直らずに、HPのアクセスではなく、

検索で上がってくるグーグルマップを信用して前の店舗へ向かわれたお客さまが、

何人もいらしたんですね。

もうほんまに、これは一体いつになったら直してくれるんや!

と腹立たしく思っていたのですが、先日、スルっと直りました。

なんというかもう、呆気ないほどにサクサクと、他の訂正事項も。

それは訂正を申請したのが、店主本人であるということが認識されたかららしく、

こんなに簡単にー? あんなにしつこく申請してもそのままだったのにー?

と却って不審なくらいでした。

 

けどまあ、直ったのはありがたく、うれしいので、よかったのですけれどね。

 

今日はまたしてもagainシリーズで。

ちょうど一年前の今日書いたものです。

 

「ムリしないで」とイージーについ言ってしまうけれど、

「ムリしない」のはとても難しいことなんですよね。

 

kyoto-uraniwa.hatenablog.com

 

最近は、ちょっとムリをするとてきめんに体調に響いてくるので、

それがために用心し、あれこれセーブできるようになってきました。

これも年の功というものでしょうか。

第1回タロットリーディング会 ご報告

昨日のイベントスペース『緑と星』さんでのタロットリーディング会に

ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

特に、占い師の卵ちゃんとひよこちゃんのリーディング練習会でありながら、

ゲストになってくださったおふたりの方に、心より感謝申し上げます。

 

占庭の生徒さんではなく、他のお教室で勉強中の方もご参加くださいました。

誰ひとり知り合いもなく、きっと心細かったことでしょう。

よくおいでくださいました。

 

晴れ女のわたしが主催者なのに、リーディングが始まるや土砂降りに。

なんで~~~~!という、我ながら信じがたい空模様になってしまいましたが、

お開きの頃には小降りになっていたのがせめてもの救いで・・・・

そんな足元の悪い中、リーディング参加の方6名、ゲスト参加の方2名に

おいでいただき、『緑と星』の山川くんとすずちゃんにもお手伝いいただきました。

 

とにかく参加してくださった方全員が、初対面同士なので、

最初はちょっとギクシャクしたり、遠慮があったりするかしら、

と思っていたのですが、そういう心配はまったく不要でありました。

みなさんすぐに打ち解け、お互いの悩み事や心配事を素直に占ってもらってらして、

そこここで、人生相談会が繰り広げられていました。

 

実はちょっと心配もしていたんです。

同じようにタロットを勉強して、どっちが上手に読めるか、とか、

負けたくないとか、そういう気持ちが出てくるとしんどくないかなあ、って。

でもそんな雰囲気は微塵もなくて、虚勢を張ったりすることなく、

お互いに読める範囲で、誠実にリーディングに挑戦されていて、

いや~、みなさん、すごいやん! すごく素敵やん!

と、とてもうれしく思いました。

 

占庭でのマンツーマンレッスン中は自信なさそうで、

リーディング会への参加もドキドキ!

ホントに行ってもいいんでしょうか? 緊張する~!

とおっしゃっていた生徒さんも、意外や意外、堂々としてらして。

なんやー、大丈夫やん! ちゃんと伝えてはるやん!

 

と、わたしのこころの中は「やん!」「やん!」の嵐でありました。

やっぱり実際に「やってみる」ってのが大事なんですよね。

 

お互いに読み合う、というのは、

 こういう質問で問いかけるのか

という学びがあり、

 こんな読み方をするんだなあ

という発見もし、

 自分ならばどう伝えるだろうか?

と考えてみたりと、刺激がいっぱいです。

 

お互い勉強中だからこそ、優劣も勝ち負けもなく、

「タロットってホントおもしろいですよねー」

「でもリーディングにはなかなか自信がもてなくて・・・」

という同じ思いで、ふれあえる機会はいいものだなあと改めて感じました。

こういう場を作りたいとほんとにずっとずっと長い間考えてきて、

やっとそれを提供することができ、とてもうれしかったです。

 

昨日は初回ということもあって、

とにかくやってみよう!

だけでの開催だったのですが、今後はご参加いただいたみなさんの意見も

お聴きしながら、またこうした機会を作っていきたいと思っています。

 

『緑と星』のおふたりが、写真を撮ってくださいました。

和やかでたのしそうな雰囲気が伝わりますでしょう?

撮ってくださった方の愛情も感じます。

ほんとにありがとう。

f:id:uraniwamiyuki:20170710154036j:plain

窓の外の緑は御所の木々です。

雨で暗いのが残念・・・・

 

お互いを占いっこしながら、メモを取ったり、アドバイスし合ったり。

占いから人生相談へと推移していったり。

f:id:uraniwamiyuki:20170710154217j:plain

 

2時間のリーディング会を終え、きっとすごくくたびれてはったと思うんですよ。

けれども、みなさん、とてもいい表情をなさっていてね。

「たのしかったー」

「またやってください」

「ああ、もっと勉強しなくちゃ、と思いました」

という感想をお聴きして、とてもうれしかったし、めちゃくちゃホッとしました。

タロットを学ぶみなさんが、もっとたのしく、もっと深く、

これからもタロットに親しんでいきたい、と感じてくださったならば、

主催者としましては大きな成果を得た気持ちです。

いえ、ここで大満足していてはいけませんでした。

これからも、ともに勉強し、よいタロティストを目指していきましょう!

 

けれども実は、一番うれしかったことは、みなさんがお帰りになる時、

「あの話(その日占った心配事)がその後どうなったか、今度教えてねー」

っておっしゃってるのを聴いたことなのでした。

 また会って、話を聴きたい。

 今日引いたカードの答えを共有したい。

ってことですものね。

これはまたぜひ2回目を計画しないと!

と思えるひと言でありました。

  

そして、なんとですね、第一回開催を祝して、こんなステキな花束を

頂戴していたのですよ。

いまの季節にピッタリで、シックでありながらとても個性的。

ありがとうございました!

f:id:uraniwamiyuki:20170710160605j:plain

タロットリーディング会のゲストに

今夜は七夕。

九州では記録的な大雨で、七夕どころではないですよね。

早く雨が上がり、安全な場所で落ち着いて眠ることができますように。

そして、元の生活が一日も早く再開されますようにとお祈りします。

 

今日はたまたま交野市(かたのし)にある機物神社(はたものじんじゃ)の前を

通りかかりました。

交野市には天の川という名の川も流れていまして、

織姫さまにまつわる機物神社もあるということで、七夕伝説の地なのですねぇ。

当然ながら、今日は七夕まつりが開催されていて、

たくさんのカップルや親子連れが、歩いてはりました。

思っていたよりも盛大なお祭りみたいで。

短冊を下げた笹を持って、向かってらっしゃる人も見かけました。

 

6年前の今日、占庭は大宮中立売でオープンしたのでした。

いまの四条高倉に移転して3年と少しですが、

前の店舗から通算で、丸6年が過ぎたことになります。

いつも励まし、支えてくださるみなさまのおかげです。

ありがとうございます。

今日から7年目。

7月7日より7年目、とスリーセブンでありますよ。

縁起がいいですね。

どうぞこれらかも、占庭をよろしくお願いいたします。

 

さて、明後日と迫ってまいりました、占庭☆タロットリーディング会ですが、

占庭のタロット教室の生徒さん以外の方のご参加もあり、

そこそこ賑やかに、そして和やかに開くことができそうです。

まだ、ご希望がありましたらお受けできますので、

他のお教室や、独学でお勉強なさった方も、お気軽にご連絡ください。

(kyotouraniwa@gmail.comまで)

参加費は2,000円です。

 

また、「タロットカードで占ってほしい!」というゲストの方も大歓迎です。

まだ占い師の卵ちゃんがほとんどなので、無料でもいいように思うのですが、

ちゃんと「見料を頂戴して占う」ということに意味があると考え、

2見・500円でカードを引かせていただきます。

(参加費2,000円は不要で、見料だけ頂戴します)

 

こちらは、ご予約は要りませんので、お気楽においでください。

そして、ドキドキの卵ちゃんの最初のお客さまになっていただけると

とてもうれしいです。

 

詳しくはこちらのイベントページをご参照ください。

www.facebook.com

 

こころよりお待ちしています。