読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

右手と左手

今日はうちの近所の中学校の入学式だったようで。

ちょうど桜が咲いているのはいいんですけど、えらい雨風でねぇ。

これじゃあ、桜は散っていてもいいから雨じゃない方がマシ、

というくらいの荒天で、お気の毒でありました。

で、京都へ着いてみれば、高瀬川沿いの桜は、あらかた散ってしまい、

青葉も出てきていまして、なんだか急に樹が老いたように感じます。

花の命は、ほんと短いですねぇ。

 

で、今日は手相のお話を。

手相を観るときは、両手を見せていただきます。

右手で社会生活を、左手で個人の生活を観るイメージです。

主に、お仕事や学校生活は右手、恋愛や結婚は左手で観ます。

左右の手相が、ほぼ相似形という方もあれば、

別人のように違う方もおられます。

左右がソックリという方は、裏表のないオープンハートの方が多いですね。

では、別人のように違う人は二重人格なのか?というと、

そういうわけではないんですね。

簡単に言えば、公私を分けている、という感じでしょうか。

仕事上では、ドライに割り切った判断もし、非常に合理的な優先順位で、

バリバリこなしていくシッカリ者という方が、

恋愛ではグダグダ、、、、ということはよくあります。

周りにおられるんじゃないでしょうか。そういう方。

外向けと内向きで個性が違うというのは、ごくふつうのことで、

二重人格というのとは、ニュアンスがかなり違うとわかっていただけると思います。

 

価値観が、物質寄りか、精神寄りか、というのは頭脳線で観るのですが、

この部分の左右差が大きい方が多いんですね。

 生活していくには、お金は最低限これくらいは必要。

 子育てにかかる費用を考えれば、〇人までしか無理。

とか考えながら、どこかで白馬に乗った王子様を待っている乙女心を捨てきれない。

なんていう女子は、案外多いわけです。

いまどき、白馬に乗ってるのは、暴れん坊将軍ぐらいなもんなんですけど。

 

人間関係の風通しがよいかどうか、は感情線で観るのですが、

頭脳線ほどではないけれど、こちらも左右差が結構見られます。

仕事上のつき合いと思えば、たいがいのことはスルーできる人が、

プライベートになるとそうはいかない、ということもあるようで。

逆に、友人となら気楽につき合っていけるけれど、

職場の人には本音を話すこともない、という左右差もあります。

 

けれどまあ、大なり小なり、外向けと内向きは違って当然。

一面だけの人間なんて、いませんものね。

でもそこがおもしろいんですよね。