読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

あられ屋さんの2階です

占庭のこと

占庭は「豆英ビル」の2階奥に、店舗があります。

この「豆英(まめひで)」さんというのは、1階のあられと豆菓子のお店の屋号。

そうです。大家さんのお店なんです。

 

昔ながらの陳列方式で、ドアも窓もなく、間口を明け放った店舗なので、

真冬や真夏は、お店番が大変そうです。

けれど、そういう造りのお店って、やっぱり入りやすいんですよね。

ガラスの中のおいしそうなあられというのも、懐かしい光景です。

 

で、こちらのあられが、実においしいんです!

お豆もおいしかったしなあ。

あ、くわいもおいしかった。

くわいのお菓子がおいしいって、想像できます?

 

とにかくね、なんと申しますか、

「ちゃんとしてる」あられであり、お豆なんです。

食べてみると、量産品とは違うもんなんだなあというのが、よくわかります。

 

わたしがあんまり、おいしい、おいしいと言うので、

占庭に寄ってくれた友人知人も買って帰るようになり、

今や、みんな豆英さんのファン。

 

お、いいサイトがありました。

こんな感じなんですよ。

豆英 | 京都の観光情報『musupon(むすぽん)』

 

ね、種類もいっぱいで、迷ってしまいそうでしょ。

わたしが一番好きなのは、え!?と思うほど山椒たっぷりの鬼あられ。

これ、クセになるんですよ~

大家さんのお店だからってことじゃなく、

ぜひに!とオススメしたくなるお味です。