京都 四条高倉の占庭から

ナース率高いです

熊本の知人が育てた太秋柿(たいしゅうがき)が届きました。

太秋柿って、初めて聞きました。

大ぶりで、色味は緑がかっていて「これで熟れてるの?」と思うのですが、

食べてみると、とても甘い。

けれども後味がさっぱりしている、という、とてもおいしい柿です。

定年退職後、故郷へ帰られ、そこから始めた柿づくりが、

文字通り実を結ばれたのだなあと思うと、なんだか感動してしまいました。

読書好きのご主人は、リタイア後は晴耕雨読の生活をしたいと、

在職中から話しておられましたしね。

今年はあの大地震もあり、大変な中で手入れをして来られた柿だと思うと、

なおさら大事にいただこうと思います。

 

さて、実は、占庭のお客さまは、ナース率がとても高いのです。

次が保育士さんでしょうか。

どちらも女性が活躍する職場なので、そのクチコミの力が非常に強い、

ということでしょうか。

ありがたく、とても感謝しています。

 

看護師さんのお客さまとお話していると、どういう経緯でナースを目指したか、

というのが、実にさまざまなんですね。

お母さまも看護師、という方も多いのですが、

自分の娘が看護師を目指したいということに、賛成するお母さまばかりではなく、

反対されたけれど、どうしてもなりたくて、というお嬢さんもおられました。

それだけ過酷な仕事でもあるのでしょう。

 

いろんな看護師さんとお話するわけですが、ハードワークであるということは、

間違いありません。

けれども、仕事に誇りをお持ちなのは伝わってきます。

自分の仕事に誇りを持てるというのは、素晴らしいこと。

その一部分だけでも、よいお仕事だなあと思いますが、

さて、自分にナースが務まるかというと、とてもムリ!と思いますね。

家族が入院したりすると、看護師さんの働きぶりを目の当たりにし、

その忙しさ、気配り、明るさに、頭が下がる思いです。

 

看護師さんの働き方もいろいろです。

夜勤があるかないか。

外来か、オペ室か、病棟か。

パートか、派遣か、正職員か。

それぞれ好みもあり、同じ看護師さんでも向き不向きがあるのだなあ、

ということが、わたしにも、だんだんわかるようになってきました。

それだけ、たくさんの看護師さんとお話ししてきたということですねぇ。

 

奉仕精神たっぷりで、誰かの助けになりたい!と思う星をお持ちの方や、

とにかく体を動かして忙しく働くのが向いている星の方、

度胸があり、どんな修羅場でも動じない星の方など、

どの方も、ナース向きであるといえるでしょう。

そうではなく、淡々と事務的に間違いなくルーティンをこなせる、

という星も、ナースに活かせる個性でもありますね。

これらの星をお持ちの方ならば、いいナースになれそうだなあ、

と思うわけです。

 

とは言いましても超多忙で、体力勝負の職場には違いないので、

心身の堅牢さも重要です。

以前、ナースになりたてで、毎日叱られてばかりだった方が、

「このまま家に帰ったら、家族に心配をかけてしまいそうだから、

 ここで話を聞いてもらって、泣いてから帰ろうと思って来ました」

と占庭へお寄りになったことがありました。

やさしいですよね。

つらい自分のことよりも、家族に心配かけたくない、ということの方を

気にしてらして。

それから4年くらいになるでしょうか。おつき合いも長くなりました。

今でもよく叱られてばかり、と言いながらも、がんばって続けてらっしゃいます。

この方、いつも明るくて、邪心がなくて、えらいなあと感心するばかりです。

ぜひとも幸せになってもらいたい!と応援したい気持ちになります。

 

看護師さんだけでなく、医療関係のお客さまは結構多いですね。

精神科医、歯科医、助産師、鍼灸師理学療法士作業療法士、レントゲン技師、

薬剤師、などなど。

それらのお仕事の話をお聞きできるのも、知らない世界をのぞき見るようで、

とても楽しいことなのです。