読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

マルシェが好き

さて、昨日のつづきです。

 

祇園四条駅から、次に目指すは出町柳

京阪電車をここで降り(というか終点だしね)、川端通沿いを北上します。

風もあまりなく、やわらかな陽射しの絶好のお散歩日和だった春分の日

歩いていると汗ばんでくるほどでした。

 

目的地はリバーサイドカフェが入っているアパート。

「春待ちフェスタ」というイベントが開催されていたのです。

春待ちフェスタ〜リバーサイドカフェ1周年 | イベント | Kyoto-shi

 

以前から気になりながらも、リバーサイドカフェには行ったことがなく、

ちょうどいい機会だし!と思って、足を延ばすことに。

さっきまで歩いていた祇園界隈の恐ろしいほどの人出を思うと、

なんとのんびりした風景でしょうか。

 

いつものように、リュックを背にひとりでずんずん歩いていると、

春から大学生?と思しき男の子と、お母さんらしき人が歩いてらして。

下宿を探しているのか、決まったのか、そんな感じだったんですね。

わたしと息子も11年前のまさに今ごろ、土地勘のないこのあたりを

さんざんウロウロしたなあ、と思い出しました。

大学在学中に出町柳界隈は、すっかりテリトリーと化しましたけれど、

入学前は倉敷に住んでいたので、まったくの別天地。

はああああ、あれはもう11年も前のことなのかい、

と驚きつつも、なんだかほっこりと思い出にひたってしまいました。

 

そして、たどりついたリバーサイドハイツ。

まさしくリバーのサイドで、ハイツな建物。

様子がよくわからないままに、2階へと階段を上がり、

古本、お花、写真、野菜などを見て回ります。

お花は生花店さん、野菜は八百屋さんの出張販売です。

ここで、泥の中ではなく、砂地で育ったというレンコンを買いました。

見た目は同じ姿をしていますが、育ちが違うってことですね。

それで夕飯にこれを作りました。

cookpad.com

 おいしかったですよ~

 

そして、おもしろかったのが、カラーセラピー体験。

「色で自分を知ろう」というもので、オーラソーマに似ています。

f:id:uraniwamiyuki:20170321162536j:plain

3本のカラーボトルを選ぶわけですが、わたしが選んだのはこのみっつ。

それぞれの解説文を読みながら、

 ほ~~~

 なるほど~~~~

 へ~~~~

と。

占いではないのですが、やっぱり占いチック。

こういうの、好きなんですよねぇ。どうしたって。

 

他にも写真をもらったり、お花の話を聞いたり、とささやかながら交流を楽しみ、

ハイツを後にしたのでした。

 

出町柳駅までの帰り道、陽気につられて川原へ降りてみました。

走っている人、自転車で通り過ぎていく人たちをやり過ごしながら、

石段に腰を下ろして水面を見やれば水鳥が。

 

 もう水も温んでいるものなあ。

 ああ、水辺って、こういう匂いがしてたんやった。忘れてたな。

 

なんて考えながら、しばらく、ぼーーーーっとしていました。

こういう時間を過ごせるって、ほんとに贅沢なこと。

自分自身も家族も健康でなければ、こんな風にノホホンとはしていられません。

なんてありがたいこと、と感謝しつつ、また出町柳まで元気よく歩きました。

ああ、よい休日でした。ほんとうに。