読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

学生さんとの接点

三連休初日はよいお天気。

通勤の電車もなかなかの混みっぷりでしたが、

車内にどことなく、ウキウキ感が漂っているように感じました。

連休中、遠くから京都旅行でいらっしゃる方が、占庭にも寄ってくださいます。

旅行の時間を割いてもらうて、なんてありがたいことなんでしょう。

寄ってよかったな、と思ってもらえるよう、がんばらないと!

 

そんな今朝の電車の中で、ふいに頭に浮かんできたのが、誤字について。

昔のラブレターでのオーソドックスな誤字といえば、

「変しい変しい〇〇さん」でした。

恋しい恋しいと書こうとしての、笑える間違いなわけですが、

これが一番有名なんじゃないかと思います。

いまや、手書きのラブレターは絶滅危惧種となりまして、

メールやLINEに取って代わられていますので、

「変しい変しい」なんて、ありえないわけですよ。

だいたい「こいしい」で誤変換する方が難しいですからねぇ。

たとえ、小石いとか、濃いしいとか、乞いしいとか、

間違ったとしても、さすがに気がつきますし。

こうして時代はテクノロジーと共に変わっていくんだなあ・・・・

なんて窓の外の風景を眺めながら、ぼんやり考えていたのでした。

ええ、平和ですよね。

 

そして、今日の朝イチのお客さまは、京都の大学から関東へ就職された女の子。

最後にお会いしてから、何年経ったのかしら。

3年以上経っているのは確実なのですが、久し振りにお顔が見られて

うれしかったです。

社会人になりはって、髪型も変わり、雰囲気もぐっと女らしくなってらしたけれど、

元々のキャラクタは大きく変わってはいなくて、お話していて楽しかったです。

 

数年前までの占庭は学生さんのお客さまが多くて、恋愛相談や、友だち関係の悩み、

就活についてのお話をたくさん聴いていました。

そしてその学生さんたちは、それぞれ、いろんな就職先で活躍されています。

就職後も関西へ来られた時に、立ち寄ってくださったりして、

近況やお仕事の話をお聴きするのって、すごく楽しいことなんです。

さまざまな業界の内側の話題というのは、外からは窺えないものも多くて、

とても興味深く、勉強になります。

こうして、わたしは若い人から、たくさん教わっているんですよねぇ。

ありがたいこと。

 

けれども、以前に比べると、学生さんのお客さまが少なくなってきているので、

このままでは、この楽しい連鎖も減っていってしまう、ってことだなあ、

と思うと淋しく感じます。

以前のように、学生さんが出してらっしゃるフリーペーパに広告を出すとか、

学生主催イベントなどに参加してみるとか、何らかの動きを考えてみようかなあ。

元々、学生さんが多い街だから、ということで京都でお店を開いたのだし、

そこは大事にすべきなのでは?と思うのですが、

いやいや、それは需要があってのことでしょ、とも思うわけで。

さてさて、どうしたものでしょうか、と思案中であります。