京都 四条高倉の占庭から

友だちは多いですか? 少ないですか?

今朝、四条大橋で撮影が行われていました。

どうもテレビのロケらしかったのですが、通りすがりにチラリと見ただけなので、

どういうものかはわからなかったんですけれどね。

テレビ番組で京都が出ると、だいたい、橋からの鴨川風景とか、五条坂とか、

東寺五重塔とかが映りますよね。

観光客の方も、よく橋の上で写真を撮ってらっしゃいます。

一時ほど、自撮り棒を見かけなくなりましたが、あれ、交通量の多いところでは、

すごく迷惑なんですよねぇ。

そこで撮りたい気持ちはよくわかるんですけど。

 

 

さて、たまには占いのことも書かないと。

今日は、友だちについて。

 

たくさんの友だちに囲まれ、広く交際するのがマッチしている星の方もあれば、

ほんとうに親しい数少ない友だちと、深く交際したい方もあります。

仲の良い友だちがくるくる回転し、循環していく型のつき合いがあれば、

ずっと同じ友だちと長くつき合っていきたい星の方もおられます。

 

一般的には、広く浅く型か、狭く深く型かと分類されると思いますが、

これは、どっちが上等ということはないし、どっちの方がいいとも言えません。

ただ、自分に合ったつき合い方をなさるのがいいのだろうと思うのです。

自分でコントロールできる、自分向きなつき合い方はどっちだろう?

と考えてみましょうか。

 

人間関係は順調な時ばかりではありません。

モメたり、こじれたりもします。

逆に、広がったり、発展したりする時期もある。

それらをなんとか収束させたり、うまく開放することができると、

人間関係を通じて、自分も周りも成長することができますよね。

 

身の丈に余る広がりを望むと、八方美人と思われたり、

必要以上に小さく生きていると、オタクっぽいねと言われたり、

他人の評価に一喜一憂していると、人間関係はどんどんしんどくなってしまいます。

 

まずは、自分はどういう友だちを望んでいるのか。

どういうつき合い方を理想としているのか。

そして、自分が大事だと思う人のために、どんなことができるとよいと思うのか。

というあたりを実現するしないは別にして、考えてみてください。

 

それから、現在の友だちつき合いや人間関係で悩んでいることがあれば、

その問題点をあげてみる。

相手にどうしようもない問題がある場合は別ですが、自分ベースで、

改善しようと思えばできることなのか、手に余るのかを判断してみましょう。

 

そうすると、どういうつき合い方や、距離感が向いているのかが、

見えてくるのではないかと思います。

もちろん、その時々の運気の流れもあるので、どうしたってこじれやすい時、

気楽に楽しめる時、という影響が出てくることだってあります。

元々の、ご自身が持ってらっしゃる人との適度な距離感と、運気を知ると、

うまくいっている時も、いない時も、ひとまず納得でき、

無用なさざなみを心に立てることをしなくて済むかもしれません。

 

人との関係というのは、自分と相手の思惑がズレた時、こじれます。

と、非常に簡単なことなのですが、だいたい両者の思惑が一致することの方が

稀なのですから、とても難しいものです。

そこをあまり自分の個性を殺さずに、かつ、誰かをひどく傷つけることなく、

できれば穏便に良い関係を築いていきたいですよね。

大事に思う人との関係を大事に育てるためには、自分を知る努力と、

相手を理解しようとする努力が大切です。

その上に運気を知ることができれば、かなり有効であり、有利。

 

今年、恋愛はこういうスタンスでいきましょう。

職場の人間関係は、こんな雰囲気にもっていきましょう。

友だちとのつき合いは、今年はこういう感じで。

ということなどは、星の廻りでお答えできます。

自分がよくわからない、相手がよくわからない、どうしたらよいのかわからない、

と迷ったり、悩んだりした時、結構占いは使えます。

問題を一発解決します!というのではなく、悩んで混乱しているところを整理し、

いくつかあるであろう問題点を浮かび上がらせれば、対処法も出てきます。

じゃあ、まずはここから、という気持ちになれたら、混乱状態は脱したということ。

知ること、考えること、を占いはサポートできると思うのです。