読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

泣いても恥ずかしくないから

よしなしごと

長年、使いかけの生姜を冷蔵庫で、カビさせたり、萎びさせたりしてきましたが、

最近、適切な保存方法を知りまして、それ以来、使い切れるようになりました。

ああ、なんでもっと早く、この方法を知らなかったのかしらっ!

と悔やまれます。

ご存知の方も多いのかもしれませんが、書いておきますね。

 

① キッチンペーパーで包む。

② その上からアルミホイルで包む。

③ ジップロックに入れて冷蔵庫の野菜室へ。

 

これだけ。

こうしておけば、カビないし、シワシワにもならず、

よい状態で保存できるんですよねぇ。

どうってことない手間ですし、おすすめです。

 

さて、今日は、こんな話を。

占庭に来られるお客さまで、話している内に泣いてしまわれる方が、

たくさんおられます。

わたしがキビシク叱るから、じゃないですよ。

見料を支払って、占い師に叱られて、なんて、そんな話、あんまりでしょ。

大丈夫。泣かせたりしません。

 

じゃあ、どうして泣いちゃうのか。

今、つらくて、悲しくて、悔しくて、腹が立って、話しながら感情が昂ぶって、

という方もおられます。

うーん、どうも混乱してらっしゃる・・・・という場合です。

どうすればよいのか、どう考えればよいのかわからず、

心がざわついてしんどい状態なのですね。

こういう時は、とにかく全部吐き出していただきます。

そうしている内に、涙は止まってくるし、気持ちも落ち着いてこられます。

わたしからお話するのは、それからなんですが、占いの話をする頃には、

ご自分の気持ちがだいぶ見えてらして、もう占いはどっちでもいいかも・・・・

てな感じになってらっしゃることも結構あります。

自分なりの道筋が見えてきたら、占いの役割は半分終わったようなもので、

後は、今の運気を上手に活かしてもらえるようお話しするだけです。

 

でも、感情的になって涙をこぼしてしまう、っていう方は、

実はそんなに多くありません。

どうして泣いたりしてしまったのか、よくわからない、

って半ば戸惑いながら、涙を止められない、という方のほうが多いんですよ。

たぶんね「ふっと気づいて」しまって、胸が詰まってしまうんじゃないかと。

何に気づくのかというと、ご自分の気持ちに。

 

ああ、あの時のわたしは、

そこまで ガマンしてたのか

     傷つけられていたのか

     ムリしていたのか

     必死だったのか

っていう風に。

見て見ぬふりをしてきたこと、

自分の気持ちに素直になれなかったこと、

誰かのせいにしてはいけない、自分が悪かったのだから、と言い聞かせてきたこと、

自分がひどいダメージを被っていたことに気づいて、もしくは認めて、

そのことに対する、正当な労いの気持ちが、やっと湧いてきはったのかな、

と思うことが多々あります。

がんばり屋さんほどそうですね。

ちゃんと泣くべき時に、泣かずに、ただ心に蓋をしてこられたんでしょう。

 

 そうか。わたし、泣いてもいいくらいかわいそうやったんや。

 

て気持ちが、胸にふっと灯った瞬間に、涙があふれてくるんやろね。

遅ればせながら泣いてらっしゃる、ってことです。

気持ちが鎮まるまで泣いてオッケー。

恥ずかしいとか、みっともないなんて、全然思わなくていいです。 

もう、思いっきり泣いちゃってください。

 

そうすると、なんだかスッキリしたお顔になりはります。

泣いてスッキリしたから、っていうんじゃないんですよね。

無意識に棚上げしたまんまだった感情に、ひとまずカタをつけた、

ってことなんだと思います。

ですので、その後、占いの話をしていると、どんどん表情が明るくなって、

ふつふつと意欲が湧いてきてる、っていうのが伝わってきます。

もうね、わたしまで、前を向こう!っていう気持ちになってきたり。

 

これは、まったく占いの力でも、わたしの力でもなくて、

たまたまそういうタイミングで、そういうキッカケになった、ってだけのことです。

たまたま、そこに占いがあって、たまたま占い師がわたしだった、ってだけ。

 

これもご縁なんやなあ~