読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
京都 四条高倉の占庭から

夫婦の不和

ちょっと空気が入れ替わった気がしますね。

いつまでこんなに暑いんや~っていうのからは、さすがにもう抜けましたかね。

 

 

占いのお客さまと話していて、最後に、他に聞いておきたいことはないですか?

と尋ねるのですが、その時、よく出てくる心配事が、両親が不仲であるということ。

これからどうなるのだろうという不安と、子どもとして何かできることはないのか、

と心を痛めてらっしゃいます。

犬も食わない夫婦喧嘩なら、その内元に戻るのでしょうけれど、

別居状態とか、会話もないとかいう状況になると、なかなか修復は難しい。

 

夫婦喧嘩っていうのはイヤなもので、どんなに幼い子どもさんでも、

親同士がケンカしているのを見るのはつらく、やめてほしいと思うものです。

悲しいんですね。

それが、段々と成長してくると、ケンカしている両親のどちらが間違っているのか、

どちらに原因があるのか、を考えるようになります。

そこさえわかれば、修正もできるのではないかと思うからですね。

子どもなりに、なんとかしたいと思うわけです。

で、大人になると、この人たちはこのままでいいのか?

別れた方が幸せなんじゃないか?と考えるようにもなってきます。

いずれにしても、イヤな気持ち、悲しい気持ちを持ちながらも、

子どもとしてどうすればよいのか、傷つきながら悩んではるんですよ。

親が思う以上に。

 

せつないなあと思います。

けれども、夫婦の問題は、夫婦でしか解決できるものではないと思います。

もちろん、子どもの言動で両親に変化がある場合もありますが、

根本的に夫婦間の状況を好転できるというのは、無理なんじゃないかと。

何でも子どもに相談する親であっても、夫婦のこと、全部さらけ出しはしないし、

自分の非については、敢えて話すこともないはずです。

子どもの知らない、夫婦の間に積み上がってきたものはたくさんあるでしょう。

うまくいかなくなった原因が明らかにわかることもあれば、

降り積もったものが耐えきれなくなる場合もあるし、

簡単に、どちらかの何が悪い。だからそれを改善すればなんとかなる。とは

いきませんよね。

 

これが家族全体の問題ならば、子どもも参加して話し合うことで、

状況を変えることは可能かもしれません。

けれども、夫婦のことは、やっぱり夫婦にしかわからないと思うんです。

それをいくら実の子どもというても、なんとかできはしないだろうと思います。

 

いつも心を痛めている子ども側の方のお話を聞くたびに、

「子どものあなたがどうにかできる問題ではないですよ。

 これは夫婦の問題なんだから、夫婦でしか決着はつけられないこと。

 それを見守ったり、支えたり、話を聞いたりはできるけれど、

 それは家族としてできることで、夫婦問題を子どもの立場で何とかしたいと

 考えない方がいいと思う」

とお話しします。

もしかしたら、わたしのこの考えは間違っているかもしれないけれど、

そんな風に考える子どもさんは、夫婦仲がこじれていることで、

自分を責めたりもなさるんですね。

それは、かわいそうすぎる。

 

親御さんが子どもさんに仲介を頼むとか、話し合いに立ち会ってほしいと

おしゃった時には、協力してあげてほしいと思いますが、

子どもの側から、あれこれ考え、対策するというのは、なかなかうまくいくとは

思えませんしね。

それに、やっぱり夫婦の問題は、当人同士で決着するべきだと思うので。

 

夫婦間の不和と言いましても、これまた千差万別で、いろんな問題があります。

他人には窺い知れない隠れた部分もあり、長い間の軋轢もありましょう。

一概に、どっちも悪い、という喧嘩両成敗みたいなわけにもいきません。

それも踏まえて、両親の不和について子どもさんが責任を感じたりすることはない、

ということだけは伝えたいと思うのです。